写真 Feed

2020年10月31日 (土)

伊賀上野吟行の俳句と写真 (特集)

  

Dsc_2842

「GoToトラベル」を利用して10月20~21日に伊賀上野の観光スポットを9年ぶりに再訪し、吟行した俳句と写真を特集しました。

お楽しみ頂ければ幸いです。  

青色文字のタイトル句をクリックするとその記事の俳句や写真、解説などの詳細がご覧になれます。

 

高浜虚子は

秋風や眼中のもの皆俳句

と詠んでいます。

  

薫風士の俳句(40句)とその風景の写真(37枚)をお楽しみ頂ければ幸いですが、俳句は好き好きです。

あなたも貴方の作句をお楽しみ下さい。ご投稿を歓迎します。

    

子の描く俳聖殿や天高し (上野公園・俳句と写真)

(俳聖殿見物の俳句5句と写真6枚)

  

俳聖の偉蹟を尋ね秋の伊賀(俳句と写真)

(芭蕉翁記念館見学の俳句5句と写真3枚)

  

木漏れ日の蓑虫庵や小鳥来る (俳句と写真)

 (蓑虫庵観光の俳句9句と写真7枚)

  

芭蕉句碑めぐる水辺や秋高し(俳句と写真)

(くれは水辺公園芭蕉句碑巡りの俳句9句と写真10枚)

  

ゆるキャラもマスクで迎ふ秋の城(俳句と写真)

(伊賀上野城見物の俳句12句と写真10枚)

  

ゆるキャラもマスクで迎ふ秋の城(俳句と写真)

     

Dsc_2898

コロナ禍の「GoToトラベル」(1泊)を利用して、10月20~21日に「伊賀上野城」や「俳聖殿」、「芭蕉翁記念館」、「蓑虫庵」など、吟行しながら伊賀市の観光スポットを巡りました。 

伊賀上野城に入ると、マスク姿の「た伊賀ーくん」(城を冠にしたゆるキャラ縫い包み・タイガー君)が迎えてくれました。

 

タイトルは即興のタイトル俳句ですが、「『マスク』は冬の季語だからダメ」などと、野暮な難しいことは言わないでご笑覧下さいね。

マスクは新型コロナウイルス拡散予防のために冬に限らず年中使うようになりました。

  

・一葉散る桜紅葉や「母の像」

 「母の像」建立の趣旨は写真をタップ・拡大してご参照下さい。

   

赤とんぼ母子の像に纏ひつき

 赤蜻蛉はスマホカメラを構えるとサッと飛び去って写真を撮らせてくれませんでした。

  

天守映ゆ雲無き空の澄み渡り

 空澄む」は秋の季語としてあまり見かけませんが、この俳句で「水澄む」というわけにはいきません。

  

・色変へぬ高石垣の松仰ぐ

  伊賀上野城の高石垣は日本で2番目に高いそうです。「色変へぬ松」は秋の季語です。

     

・窓の写す天守の色紙かな

  天井いっぱいに掲げてある日本画や書の色紙の中に高浜虚子の俳句もありました。

   

・水澄むや雲無き空の天守映え

 この俳句の情景は何処かにあるに違いありません。

   

・城を下り一息吐くやの茶屋

 茶屋は女忍者を意味する「くノ一」を屋号にしていました。

  

・鯉跳ねて廂に揺らぐ秋日影

  茶屋の廂に池の水面の反射が揺らいでいました。

 

の昼廂の日影食卓に

   秋の日差しの廂への反射の揺らぎが食卓に映っていました。

  

・弁当を二人で分かつの茶屋

 遅い時間でしたが、最後の弁当にありつけました。

   

秋風や芭蕉生家は閉ざされて

  芭蕉の生家は老朽化の為、改修されるまで閉鎖されています。

  

 Dsc_2844

Dsc_2845

20201020

Dsc_2860

Dsc_2901

Dsc_2890

Dsc_2893

Dsc_2896

Dsc_2915

木漏れ日の蓑虫庵や小鳥来る (俳句と写真)

    

Click here to see "Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee".

   

Dsc_2930

芭蕉の俳句300など、俳句の英訳にチャレンジしているので、1020~21日に「GoToトラベル」(1)を利用して、参考資料などを求め伊賀上野の芭蕉翁記念館や蓑虫庵など、伊賀市の観光スポットを巡りました。

(青色文字をクリックすると関連の記事がご覧になれます。写真はタップ・拡大してご覧下さい。)

   

・コロナ禍の蓑虫庵や小鳥鳴く

    

・蓑虫庵庭の小鳥の声絶えず

     

・俳聖を偲ぶ庵や秋の風

  

・秋風や俳聖見えぬ芭蕉堂

(この芭蕉堂は暗くて芭蕉像が見えませんでしたが、京都にある芭蕉堂はここをクリックしてご覧になれます。京都史蹟散策参照)

    

・落葉掃く手を止め案内受付嬢

     

・爽やかや蓑虫庵を守りし人

   

・懇切な案内嬢や秋日和

    

・蓑虫庵玄関隅の鉢に綿 

  

Dsc_2942

Dsc_2916

20201021_2

20201021

Dsc_2940

Dsc_2941

2020年10月25日 (日)

芭蕉句碑めぐる水辺や秋高し(俳句と写真)

      

Dsc_2946

10月20~21日に「GoToトラベル」(1泊)を利用して、伊賀上野の「芭蕉翁記念館」や「蓑虫庵」、「伊賀上野城」、「くれは水辺公園」など、吟行しながら伊賀市の観光スポットを巡りました。

「くれは水辺公園」は淀川水系の木津川支流の「服部川」に通ずる「矢谷川」沿いにあります。

カーナビで探すことが出来ず困っていましたが、「蓑虫庵」の親切な管理人さんに教えてもらって、JAの「とれたて市ひぞっこ」を目的地にして、たやすく行くことが出来ました。   

「ひぞっこ」で買った草餅と焼き鯖寿司は美味しくて満足しました。

  

秋晴や草餅食みて句碑巡り

駄句ですが、句作を楽しんでいます。

「『草餅』は春の季語だからダメ」などと、野暮な難しいことは言わないで下さいね。

  

・矢谷川桜紅葉や句碑巡る

「矢谷川」は、名称がカーナビに表示されず、橋の銘板の文字は読めないので地元の方に教えてもらいました。この俳句は「三段切れ」ですが、「矢谷川桜紅葉の句碑巡る」など、滑らかなリズムにするより薫風士の実感を表現していると愚行しています。

    

露けしや法華経塔枯れし供花

安政の大地震」の犠牲者の供養塔の上を蜻蛉が飛んでいましたが、供花(くげ)が枯れていたので季語は「露けし」を使いました。東南海地震の発生が懸念されますが、備えは大丈夫でしょうか?

   

・鷺覗くアワダチソウの水辺かな

「セイタカアワダチソウ」は、アメリカ伝来の花であり、まだ「季語」として認められていない上に語数が多いので「麒麟草」を使いたいところですが、「麒麟草」(夏の季語)は異なる花なので、敢えて「アワダチソウ」と略称しました。

  

秋の空「くれは水辺」を鷺飛翔

飛翔したのは「アオサギ」ですが、「白鷺」が伊賀市の「市の鳥」です。「青鷺」は夏の「季語」ですが、「白鷺」は季語ではありません。その理由を知りたいものです。

    

・飛ぶ鷺をカメラで追ふや秋の雲

水辺に首を伸ばしていた青鷺が、写真を撮れとばかりに悠然と旋回して、飛び去りました。 

   

・標柱の像は佐助か秋の雲

「くれは水辺公園」には「夏の広場」や「秋の広場」など、四季に合ったゾーンがあります。「くれは」の名称の由縁は何でしょうか? 忍者の像は猿飛佐助か霧隠才蔵でしょうか?

   

・芭蕉句碑巡り惜しむや伊賀の

晴れ男」を自認していますが、幸い吟行日和に恵まれました。

     

Dsc_2972

Dsc_2976

Dsc_2952

Dsc_2947

Dsc_2953

Dsc_2979

Dsc_2961

Dsc_2969

Dsc_2971

2020年10月23日 (金)

子の描く俳聖殿や天高し (上野公園・俳句と写真)

  

20201020

10月20~21日に「GoToトラベル」(1泊)を利用して、伊賀上野城や芭蕉翁記念館、俳聖殿、蓑虫庵、くれは水辺公園など、伊賀市観光スポットを巡り吟行しました。

   

薫風士の写真と俳句をご笑覧下さい。

(写真はクリックすると拡大します。)

  

・俳聖殿覗き遊ぶ子秋麗

  

・覗き見し蕉翁像や秋の声

  

金風や令和の献句数十人

   

・俳聖殿鴉一声秋高し

  

Dsc_2868

Dsc_2863

Dsc_2867

Dsc_2866_3

Dsc_2864

2020年10月19日 (月)

破れ蓮や二千年経し大賀ハス(吟行の俳句と写真)

    

20201013

10月13日に句友と綾部市の岩王寺や若宮神社、長福寺、極楽寺の蓮池など、吟行向きの観光スポットを巡りました。

(青色文字をクリックすると綾部市観光ガイドの解説など、関連の記事や例句をご覧になれます。)

(神宮山)岩王寺は「茅葺の寺」とも呼ばれるように山門も御堂も茅葺のユニークな屋根ですが、「しゃくおうじ」という呼称は、「寺の奥から産出した石で作った硯を嵯峨天皇が愛用されたこと」に由来しているそうです。  

参道の石段は苔むして、山門の素朴な仁王像は片手が折れたり朱色が剥げたりし、御堂の屋根に小さな雑木が生え薄黄葉になっているなど、寺の歴史を感じました。

   

・朱の剥げし阿吽の仁王秋の声

  

秋深む苔むす磴の硯石

  

薄紅葉御堂の屋根に小木生え

  

若宮神社は龍の彫刻がユニークですが、それを小さな狛犬が恰も見上げているように感じました。

 

・狛犬の見上げる龍や宮の

     

長福寺の観音堂は観音菩薩像が33体も安置されており、屋根の構造などもユニークです。

  

・絵馬堂の旧りし扁額秋の風

  

・観音のもたらす奇遇秋麗

  

・句心を繋ぐ観音秋深む

 

敗荷に耽る感慨極楽寺

    

  タイトル俳句の「大賀ハス」については冒頭の写真を拡大して解説をご覧になれます。

「破れ蓮」も「敗荷」も同じ秋の季語で、「やれはす」とか「やぶれはす」と読みます。

蓮は実も枯葉も蓮根と同じ空洞があり、泥に生まれて美しい花を咲かせることで釈迦の説法に用いられていますが、釈迦如来像の台座の形状にも蓮の花が取り入れられたことに、今更ながら認識を新たにしました。 

   

・由良川の流れざるごと秋の雲

  

秋水の行方見違ひ一議論

  

金風「ゆらり弁当」食み句会

  

丹波路の流れも愛でて秋の句座

   

吟行に丹波の秋を惜しみけり

     

地元の句友の丁寧な案内で秋の吟行をエンジョイすることが出来ました。

  

Dsc_2718

Dsc_2721

Dsc_2722

Dsc_2734

Dsc_2744

Dsc_2765

Dsc_2778

Dsc_2760

Dsc_2804

Dsc_2796

Dsc_2798

Dsc_2810

Dsc_2826

Dsc_2813

2020年9月26日 (土)

買物へ虫の音続く遊歩道 (子規忌の「まんぽ俳句」と写真)

  

Dsc_2394

俳句は好き好きですが、「コロナ禍にベッドタウンの良さや俳句の面白さ・奥の深さを知ってほしい」との思いでこの俳句ブログを書いています。 

9月19日は正岡子規の忌日(「子規忌」・「糸瓜忌」・「獺祭忌」)で、土・日「敬老の日」「秋分の日」と、4連休です。

  

芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」をお楽しみ下さい。

(青色の文字をクリックするとその記事がご覧になれます。)

     

秋冷の朝の漫歩や老いも駈け

  

爽やかに老いを追ひ越しジョガー行く

  

橡の実の歩道ジョガーの駆け抜けり

  

秋晴や行き交ふ男女小犬連れ

  

秋冷の朝日の影と遊びけり

     

乙女等のコーラス清し秋高し

    

五歳児も高き遊具に天高し

   

虫集く園の探検五歳児も

  

・幼子の空切るばかり捕虫網

    

・「ひとはく」の園の虫取り賑はへり

    

・愛犬の取り持つ会話秋うらら

      

秋の暮園の呻きは牛蛙

   

句に遊び園の一日や獺祭忌

   

掲句は薫風士の「まんぽ俳句」です。写真を参考に貴方も作句をお楽しみ下さい

青色文字の季語をクリックすると、「歳時記」や「575筆まか勢」をご覧になれます。

        

20200917

Dsc_2391

   

写真はタップ・拡大してご覧下さい。

  

ワンちゃんがもっと鮮明に見えますよ。

  

20200901

Dsc_2387

Dsc_0353

Dsc_2385

Dsc_2383

Dsc_2390

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真(Dsc 2390)をタップ・拡大すると草の露をご覧になれます。

20200918_2

20200917

Dsc_2564

20200224

20200920

Dsc_2578

20200921

2020年9月 6日 (日)

「百日紅」の俳句と写真(特集)

     

Dsc_2222

Dsc_2234

 ・いつの世も祈りは切や百日紅 

   (中村汀女)

    

 掲句は「575筆まか勢」の「百日紅」の冒頭句です。

 台風10号は経験したことのない強い暴風雨になりそうです。

  

新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の収束や台風・洪水が大災害にならないことを祈るばかりです。

  

今朝の「まん歩」から共感する俳句を歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。  

(詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。)

  

・人住むか住まぬか咲くは百日紅 (小黒カツ)

   

・一つ家に表札二つ百日紅 (高橋瑛子)

  

・お隣の百日紅の咲くわが家 (稲畑汀子)  

(この俳句の「百日紅」は「さるすべり」と読むと「字足らず」になります。「ひゃくじつこう」と、「5・7・5」のリズムにして読みます。)

     

百日紅もう父母をらぬ家となり (北崎展江)

   

・古びたる団地にぎはし百日紅 (西本花音)

     

・表札に子の姓並ぶ百日紅 (田原陽子)

 (この俳句は語順を変えて、「表札に並ぶ子の姓百日紅」とする方が良いと思います。「俳句雑感(3)俳句のリズムを考える」参照。)

   

(最後に、薫風士の「まんぽ俳句」と写真を掲載します。)

   

・をちこちの街角さゆる百日紅

  

・コロナ禍や漫歩に愛づる百日紅

  

・コロナ禍や白く逞し百日紅

  

・大房の重きに垂るる百日紅

  

・仰ぎ見る百日紅に朝の月

  

・清貧の自粛の日々や百日紅

  

・ニュータウン旧りし石垣百日紅

    

Dsc_2211

Dsc_2214

Dsc_2215

Dsc_2216

Dsc_2220

Dsc_2225

Dsc_2237

Dsc_2226

2020年8月30日 (日)

新涼の深田公園まん歩する (「まんぽ写真」特集)

   

新涼に歩す友好の並木道

  (1987年国際居住年記念植樹の並木道は散歩に最適です。)   

   

・虫の声止めば日の出の蝉時雨

 (虫の声が止み暫くすると、朝日が昇り始め蝉があちこちで鳴き始めました。)

   

・朝涼しコロナマスクの散歩人

  (早朝の散歩でも几帳面にマスクをしている方がいました。)

   

・朝日差す深田公園薄紅葉

  (猛暑が続いているせいか、早くも紅葉が始まっていました。)

    

・足早しカメラ逃れし水黽

  (アメンボはカメラを構えるとサッと逃げ、接写が出来ませんでした。) 

   

・早朝の太極拳や涼新た

 ホロンピア館壁面のマジックミラーを鏡に体操や太極拳をしている方を見かけました。)

      

・朝日差し白きを誇る百日紅

 (白いサルスベリは珍しいですね。)  

  

コロナ禍の連日の猛暑で運動不足になったので、早朝に深田公園を散歩し、「ひとはく」ホロンピア館などの写真を特集しました。(2020.8.25~29)

散歩気分をシェアして頂ければ幸いです。

    

 写真はクリック・拡大してお楽しみ下さい。アメンボやワンちゃんもいますよ!

(ワンちゃんの散歩特集写真はここをクリックしてご覧下さい。

     

20200829

Dsc_1919

Dsc_1920

Dsc_1921

Dsc_1925

Dsc_1926

Dsc_1932

Dsc_1937

Dsc_1933_2_2

Dsc_1939_2

Dsc_1940

Dsc_1945

Dsc_1993

Dsc_1997

  

Haiku about rings made by water-striders (See pictures.)

    

・水黽の水輪をちこち映ゆる空

 (amembo-no mizuwa-ochikochi hayuru-sora)

     

 rings made by water striders

 here and there

 on the reflected sky

   

・水黽の水輪をちこち空映ゆる

  (amembo-no mizuwa-ochikochi sora-hayuru)

  

  the clear sky reflected,

  here and there

  rings made by water-striders

      

Appreciate the diferrences in the meaning according to the difference in the word order of the Japanese haiku. 

   

Click and enlarge the pictures to find the rings made by water-striders. 

20200828

Dsc_1933

Dsc_2057

  

    

      

  

  

   

   

Click the following URL to see "Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee":

http://www.haiku-hia.com/about_haiku/basho300_en/archives/300-01_en.html#preface_en

  

京都・貴船吟行 (俳句と写真)

   

Click here to see Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee”

       

昨年の7月8日、朝の天気予報によると梅雨晴れが一日は期待できそうだったので、急に思い立って京都の貴船に吟行に行きました。

7月8日は貴船神社の「水まつり」や「星祭」があり、和服姿の若い女性をよく見かけました。       

「川床」は貴船では「かわどこ」と呼ぶそうですが、俳句では「ゆか」と読み、「夏の季語」です。

  

月並ですが、薫風士の吟行俳句を掲載します。

     

・梅雨晴間ホームに立ちし旅心

    

・降り立てば貴船の瀬音風涼し 

   

貴船川草履の並ぶ川床座敷

   

・貴船てふ地酒も美味し川床料理

   

冷やし酒鴉は岩で清水飲み

      

河鹿なく高き瀬音や箸を置く

  

・本殿へ登り詰めたる老の汗

  

星祭る貴船の馬像白と黒

   

・向ひ合ふ馬像の由来梅雨の晴

  

みずうらや浮かぶ大吉青葉風

   

梅雨晴の貴船の一日惜しみけり

    

俳画や写真俳句において、俳句と画像の付き過ぎは良くないとされていますが、

吟行俳句を作る参考になればとの思いから、拙句を詠んだ情景の写真を掲載します  

青色文字をクリックすると、関連の解説記事をご覧になれます。

  

Img_4422

Img_4424

Img_4444_2

Img_4432_2

Img_4430

Img_4425

Img_4452

Img_4473

Img_4504_2

Img_4501

Img_4491

Img_4490_2

Img_4492_2

Img_4493_2

Img_4516_2

Img_4517_2

「奥の細道むすびの地記念館」(大垣市)を見学 (俳句と写真)

  

芭蕉の俳句300句の英訳にチャレンジしているので、

「奥の細道むすびの地記念館」を昨年9月に訪ねました。

芭蕉が奥の細道で詠んだ俳句の句碑や銘板などを読みながら、記念館まで「四季の路」の漫歩をエンジョイしました。

途次23か所にあるトイレは、「貴船橋手洗場」など風流な名前が付けられ、壁に芭蕉の俳句の銘板が貼ってあるのが印象的でした。

大垣・芭蕉館の一端を紹介する薫風士の俳句と写真をご笑覧下さい。

青色文字の季語をクリックすると歳時記(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」の俳句をご覧になれます。

  

金風を芭蕉の句碑の「四季の路」

爽やかなトイレの壁に芭蕉の句

・閉店の駅前デパート秋の風

秋風や芭蕉俳句の町興し

風白し八幡宮のさざれ石

・絶えざるや「被爆地の跡菊の花

の潜る水門川に街映ゆる

秋水に映ゆ新庁舎工事中

爽やかな自噴の水やをちこちに

さはやかや掃除ガイドのボランティア

・売店の地酒新酒か芭蕉館

の旅しめの地酒を飲み干せり

      

Img_5569

Img_5513

Img_5521

Img_5528

Img_5532

Img_5537

Img_5545

Img_5543

Img_5544

Img_5577

Img_5554

Img_5551

Img_5557

Img_5558

Img_5561

Img_5563

Img_5576

2020年8月 6日 (木)

コロナ禍や庭の初物冷酒愛で

     

Click here to see "Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee".

   

20200727

ささやかでもコロナ禍の地産地消を実践・推進しようと、4月に、狭庭の菜園作りを詠んだ俳句「春耕やコロナウイルス遣り過ごし」のブログを書きました。

 

春耕の美女はマスクにコロナ避け」の女性のように、本格的な野菜作りなどを楽しんでいる方々も少なくないでしょう。

 

いずれにせよ、コロナ対策を詠んだ拙句に、定年後の「withコロナ」の新しいライフスタイルとして、共感してくれる方は沢山おられるだろうと思います。

  

・地酒愛づ句友のくれし苦瓜

  

句友は野菜作りもベテランのようですが、コロナ禍の外出自粛中の暇を活用して手作りの写真入りの句集も出版しています。

  

薫風士の菜園は畑とは言えない小さな花壇のようなものですが、お陰様でそれなりに春耕の効果があり、トマトやキュウリ、茄子、シシトウなど、毎日新鮮な野菜を食べ、食べきれないと野菜ジュースにして飲んでいます。

スイカも三つ四つなっていますのでいずれ食べれるように大きくなるだろうと、日々の成長を楽しみにしています。

  

冷酒にはシェリーグラスか江戸切子

    

・冷酒とてシェリーグラスの似合ふ瓶

  

・江戸切子美味さ一入冷し酒

  

・冷し酒枡のグラスを溢れをり

  

  

「冷酒」や「冷し酒」は夏の季語ですが、年中冷酒をコップで飲んでいる人も居るようです。

  

広辞苑によると、「切子」は「切籠灯籠」の略なら「秋の季語」で、「切子ガラス」の略なら「夏の季語」です。

  

結社の俳誌などに投稿する場合は、季語に拘るなど、選者の好みを知って季語の使い方を研究しておくと良いでしょう。

選者によっては「寺」を詠んだ俳句は採らないとか、「コロナ」を詠んだ俳句は採らないというような事もあるようです。

  

一般に句作を楽しむには、「歳時記」などの季語にあまり捉われず、感じたことや見たことなど、「自分の思い」を「5・7・5」で表現することにより「俳句のリズム」を身につけることが、俳句上達の早道ではないでしょうか?

俳句のリズムが身につけば、多作多捨・推敲が容易になり、そのうちに選者好みの俳句や、個性的な良い俳句が作れるようになるでしょう。

  

余談ですが、写真の酒は薫風士が日頃紙パックの安酒を飲んでいるのを見て、お中元に俳句に所縁のある西山酒造の枝豆入り冷酒セットを京都の親戚から贈ってくれたものです。

   

(青色の文字をクリックして、「歳時記」や「575筆まか勢」の俳句、関連のリンク記事などをご覧下さい。)

     

20200804

20200727_2

Dsc_1769

Dsc_1621

Dsc_1625

2020年7月25日 (土)

コロナ禍の「GoTo」迷走鵯巣立つ

Dsc_1734

7月22日は「大暑」です。

新型コロナウイルスの感染者が累計で東京は1万人を超え、全国では3万人を超え、感染拡大の第2波が懸念される状態です

 

GoToトラベル」のキャンペーンが開始されましたが、やり方が拙速過ぎるのではないでしょうか?  

「GoToトラベル」よりも「GoToコロナテスト」「GoToCheckCOVID-19」促進の体制を充実することが先決でしょう。その方が経済効果が大きいのではないでしょうか?

安心できれば、奨励されなくても人々は旅行するようになるでしょう。

ちなみに、「COVID-19」は「新型コロナウイルス感染症」のことです。「check」には「検査する」とか「阻止する」という意味があります。

   

"Go to check COVID-19" を世界的な協力体制で推進してほしいものです。

  

世界の新型コロナウイルス感染者数は1,500万人を超え、死者は63万人を超え、更に感染拡大が続いています。このような状態では医療体制が整備されない限りオリンピックが来年開催出来るとは到底信じられません。

関係者は対策に苦慮されているでしょうが、思い切って2024年開催の可能性を検討して、IOCに再延期を働きかけるべきではないでしょうか?

  

23日から「海の日」・「スポーツの日」・土・日と4連休ですが、

新型コロナウイルスの拡散を防止するためには外出を自粛して庭の手入れをする方が、不安な旅行やジム通いなどよりはるかに健康的だと思っています。

しかし、残念ながら連休は雨勝ちで、予報はまだ出ていませんが梅雨明けは月末頃になりそうで、儘になりません。

    

今朝、裏庭の巣箱から鵯の雛が出て、紅葉の鉢の木や柿木に用心深くうずくまっていましたが、無事に飛び立ちました。

うずくまっている雛を驚かせてはいけないと思うと写真はうまく取れませんでしたが、クリック・拡大してご覧下さい。 

タイトルの俳句や次の句は薫風士の「日記俳句」・「備忘録俳句」です。

ちなみに、入梅(6月10日)頃に巣立った四十雀の写真も最後に掲載します。

  

の子や葉陰に潜み飛翔待つ

  

・我が狭庭コロナを知らず巣立つ

   

・「海の日」やコロナテストの促進を

  

・コロナ禍の「スポーツの日」や庭手入れ

        

梅雨晴間老躯いたわり庭手入れ

  

・若者に耳かせ貸せと蝉時雨

  

夜の秋俳句ブログに刻忘れ

  

・ブレーキとアクセル違ふ梅雨嵐

       

     

(コロナ関係のNHK-TVニュース画面の一部の写真を掲載させて頂きます。)

Dsc_1755

Nhktv_20200722

Dsc_1759

Dsc_1722

Dsc_1263

2020年7月22日 (水)

コロナ禍の梅雨の吟行谷性寺 (写真と俳句)

   

Click here to see "Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee".

   

20200714

梅雨の最中に亀岡市の観光スポット愛車を駆って吟行しました。

最初に訪れたのはNHK大河ドラマ麒麟がくる」に所縁のある「ききょうの里」です。

新型コロナウイルス拡散防止の影響と梅雨の大雨のために閉園かと思いましたが、オープンしていました。

梅雨の雨の中を「谷性寺」と「元出雲大神宮」にお参りしました。

オニバス」の名所「平の沢池」は風雨が強かったので車から眺めました。

  

・出陣の光秀像や梅雨荒ぶ

 

・参道の青田波打つ雨柱

 

・首塚や五月雨しとど谷性寺

  

・光秀を弔ふ鐘や梅雨嵐

  

・青楓枝間に映ゆる朱の社殿

  

・神官の傘の白さや梅雨最中

   

・五月雨や真名井の水を汲む老女

  

・小雨降る小滝の音や静心

 

・梅雨の闇二十一尊摩崖仏

  

・蓮池や愛車の窓に雨嵐

   

・光秀を偲びて酌むや冷し酒

  

・夏料理地産のレシピ地酒愛で

  

(写真はクリックすると、拡大してご覧になれます。青色文字をクリックすると関連の記事をご覧になれます。)

 

20200714_2

Dsc_1646

Dsc_1652

Dsc_1655

Dsc_1706

Dsc_1686

Horizon_0001_burst20200714110204868

Dsc_1703_2

Horizon_0001_burst20200714101845737

Horizon_0001_burst20200714104118612

20200714_2

2020年7月17日 (金)

コロナ禍や梅雨の車窓の富士惜しむ (写真俳句)

   

・コロナ禍や客足疎ら梅雨の駅

  (通勤時間帯ではありません。)

 

黒南風やコロナ禍に乗る「ひかり号

  (新型コロナウイルス感染を警戒して座席を選びました。)

 

・テロップにコロナの注意梅雨光

 (テロップと車掌の巡回でコロナ感染予防の注意を促していました。)

  

・微睡みて目覚めし車窓梅雨の富士

  (タイミングよく目が覚めました。)

   

・富士川やの茂る河川敷

 (「葎」も「茂る」も夏の季語ですが、重ねて強調しています。)

  

・E席に覚めて憂ふや大出水

 温暖化のせいか、異常気象が常態化しています。)  

   

夏燕飛び交ふ富士や雨催ひ

  (「燕」は春の季語とされています。)

  

・E席やスマホカメラに夏燕

 (スマホでタイミングよく燕の飛翔を撮りました。)

   

梅雨靄を透かし車窓に富士の峰

 (雲の上に富士山が薄っすら見えました。)

  

梅雨曇マスク姿の黙々と

 (駅でも街でも皆マスクをしていました。)

  

・片隅に消毒液梅雨の駅

 (新横浜駅では置いてある消毒液で手を消毒し、ホットしました。)

  

・コーラスの稽古もマスク梅雨晴間

 (通りすがりのコーラス練習風景です。)

  

コロナ禍の店に行列梅雨晴間

  (人気店には若者が順番待ちしていました。)

   

  

写真をクリック・拡大してご覧下さい。

橋の上空を夏燕が5羽も飛んでいます。

この橋は富士川のJR東海道本線富士川橋でしょうね?

掲句は薫風士の「まんぽ俳句」・「備忘録俳句」ですが、

季語(青色文字)をクリックすると、

歳時記」や「575筆まか勢」の俳句をご覧になれます。

  

Dsc_1446

Dsc_1421

Dsc_1436

Dsc_1433

Dsc_1438

Dsc_1530

2020年6月30日 (火)

梅雨空に有馬温泉吟行す (俳句と写真)

         

・泉源の湯煙絶えず梅雨空

 

コロナとて封鎖の足湯かんこ鳥

   

万緑や炭酸泉の波光る

  

緑蔭の流れ錆色炭酸泉

  

梅雨空を映す飲み場の炭酸水

   

炭酸水試飲をすれば驟雨かな

   

驟雨とて飛込み愛づや有馬籠

   

・花淡き娑羅の大樹や主逝き

   

・鬼瓦睨む梅雨空寺田町

    

・梅雨空にコロナ来るなと鬼瓦

  

梅天に除疫祈るや温泉寺

  

・雨上がり青蔦茂る大檜

  

・老阻む磴の高きに茅の輪かな

   

湯泉の社の鳥居大茅の輪

   

・安産を祈る茅の輪や手を繋ぎ

 

・若者の幸を祈るや大茅の輪

   

・欠け旧りて茅の輪に控へ百度石

   

若者に倣ひくぐるや大茅の輪

   

・梅雨空へ一願不動奏づ歌

    

道端に置かれた鬼瓦は阪神大震災で屋根が被害を受けたのが契機で置かれることになったようですが、屋根にあってこそ迫力があります。写真をクリック・拡大してご覧下さい。青色文字をクリックすると解説記事や「歳時記」・「575筆まか勢」の例句などをご覧になれます。) 

     

Dsc_1361

Dsc_1371

Dsc_1364

Dsc_1369

Dsc_1411

Dsc_1376

Dsc_1391

Dsc_1373

Dsc_1405_3_2

Dsc_1397

Dsc_1406

Dsc_1404

Dsc_1402

Dsc_1398

20200625

2020年6月22日 (月)

吟行に除疫祈るや梅雨晴間 (俳句と写真)

 

「都道府県またぐ移動の自粛」が6月19日から全国で解除されることになり、ほっとしましたが、まだ「コロナ根絶万歳!」と叫ぶことは出来ません。

ワクチンと治療薬が開発されない限り、「油断は禁物」です。  

新型コロナウイルス拡散防止の緊急事態宣言が解除された先月句友と石峯寺に吟行した際の俳句と写真をブログに掲載しましたが、八十八カ所ミニ巡礼に興味があったので梅雨晴間の一昨昨日マイカーで再訪し、「新型コロナウイルス消除」と「長寿」を祈りました。

一汗かきましたが、薬師如来ばかりでなく珍しい波切不動明王や千手観音菩薩など様々な石像があり巡礼の甲斐がありました。

拙句と新たに写した写真を掲載します。先月の「代田」は「植田」となっています。

写真をクリック・拡大して季節の移ろい・風景と俳句の変化をお楽しみ下さい。

青色文字をクリックすると歳時記の俳句や関連の記事などをご覧になれます。

      

万緑を睥睨したる仁王像   

 

万緑のミニ巡礼や岩嶺山

   

梅雨晴間薬師に祈る疫消除 

   

紫陽花睡蓮も咲く如来像      

  

苔むすや岩嶺山のミニ遍路 

    

苔茂る巨岩の洞に薬師像

 

梅雨晴や木漏れ日さゆる木の根道 

   

・鐘楼に立てば眼下に植田映ゆ

   

・鐘の音に応ふ老鶯峡の寺

  

・鐘楼に惜しむ薬師の青葉風

    

・鐘楼のさゆるる植田ささ濁り

   

・ミニ巡礼終へて満ち足りぬぐふ 

  

 

Dsc_1275

Dsc_1193

Dsc_1284

2020061615

Dsc_1289_2

20200616

Dsc_1309

Dsc_1313

Dsc_1317

Dsc_1327

Dsc_1330

Dsc_1334

Dsc_1338_2

Dsc_1352

20200616_2

Dsc_1279

2020年6月13日 (土)

風薫る寺苑に座してミニ句会 (俳句と写真)

    

新型コロナウイルス感染予防が要請されている折から、「街へのお出かけ」は自粛していましたが、「緊急事態宣言」が解除されたので久しぶりにマイカーで「近場」の「石峯寺」に吟行に行きました。石峯寺(しゃくぶじ)」は小さな寺ですが1,300年余りの由緒ある古刹です。

初夏の吟行・ミニ俳句会をエンジョイしました。

薫風士の俳句と写真を掲載させて頂きます。

  

  

・石峯寺へ長寿祈願や風薫る

  

疫消除祈る薬師や新樹光

   

睡蓮や如来の立つは亀の石

      

緑蔭のミニ巡礼や岩嶺山

  

・巨木の根苔むす洞に薬師像

  

・鐘楼に立てば眼下に代田映ゆ

  

・鐘の音に応ふ田蛙峡の寺

  

・鐘楼のさゆるる代田ささ濁り

   

緑陰三密の無きミニ句会

   

写真はクリック(タップ)すると拡大します。青色文字はクリックすると関連の俳句や記事をご覧になれます。  

     

Dsc_1194

Dsc_1197_2

Dsc_1211

Dsc_1224

Dsc_1206

Dsc_1185_2

Dsc_1231

Dsc_1228

11dsc_1232

Dsc_1189

Dsc_1223

Dsc_1233

2020年2月 5日 (水)

「節分」と「立春」:「まんぽ俳句」と写真

    

鬼やらいコロナウイルス退治を

立春の朝日の綺羅を漫歩する

立春の朝日煌めく駐車場

・街灯のガラスに朝日春立てり

立春の飛び立つ白さ一羽

マンションの双棟光る春立つ日

蠟梅の梢突き抜く空の青

立春の雲無き空の暮れなずむ

立春の一日の漫歩惜しみけり

立春晩酌自粛歯の治療

   

掲句は薫風士の「まんぽ俳句」です。「スマホ世代に俳句に親しみを持ってほしい」との思いで、このブログを書いています。令和の時代の俳句普及の一助になれば幸いです

俳句を詠んだ背景の写真をご覧下さい。

  

Dsc_0269

Dsc_0274

20200204105049604

Dsc_0271

Dsc_0290

Dsc_0299

Dsc_0307

Dsc_0305

Dsc_0316

Dsc_0317