« 「バレンタイン」の俳句 | メイン | 「熱燗」・「温め酒」・「燗酒」の俳句 »

2019年2月16日 (土)

「新酒」「今年酒」の俳句を集めました。ご鑑賞下さい。

 

Img_2374

バレンタインデー」の俳句、「ショコラよし地酒も美味しバレンタイン」と口ずさみながら、WEB検索して「歳時記」(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」などから新酒の俳句を気の向くままに抜粋・掲載させて頂きました。ご鑑賞下さい。  

(青色文字をクリックすると俳句の詳細や関連記事がご覧になれます。)

  

(歳時記)「新酒」

  

百薬の長と嘯き新酒酌む   

            (稲畑廣太郎

  

・新酒吐いてころりと逝きし山頭火 

            (松崎鉄之介

  

・新酒汲むまた一年を生き伸びて 

            (柳生千枝子)

  

・古酒新酒こもごも旅の夜の更けぬ 

             (大串章

  

新酒利くときは禁酒の枷を解く 

             (稲畑汀子

  

・新酒酌み病歴自慢古稀と喜寿 

             (歌代進)

  

・新酒酌みはては煙となる身かな 

             (高橋将夫)

  

・米寿祝ぎ白寿を目指し新酒酌む 

            (大久保白村

  

碧き眼の杜氏も交へし今年酒 

             (伊東湘三

    

575筆まか勢」(子規の俳句など興味深い句があります。) 

  

・ふたぬいて月のかけくむ新酒哉 

             (正岡子規

  

・うき人の新酒勸めついなみあへず

             (正岡子規

  

・小便して新酒の醉の醒め易き  

             (正岡子規

  

・可からすと能はすと嘗めし新酒哉

             (尾崎紅葉

  

・ある時は新酒に酔うて悔多き

             (夏目漱石 

   

・とつくんのあととくとくと今年酒

             (鷹羽狩行

  

・呉れたるは新酒にあらず酒の粕

             (高浜虚子

  

・牛売りし綱肩にあり新酒汲む

             (西山泊雲

  

・ふくみみる新酒十点みなよろし

            (西山小鼓子

  

蛇足ですが、「俳句HAIKU」の記事「『俳句は楽しい』 句に興じ茶寿も祝ぎたし新茶汲む」のタイトルの拙句は次のとおり修正したいところです。

  

句に興じ茶寿も祝ぎたし新酒酌む 

             (薫風士)

   

杜氏として「現代の名工」と称される農口尚彦氏のことがNHKの番組で放映されていましたが、丹波杜氏もなかなかのものでしょう。

 

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

 

コメント

四季の雲(写真・俳句)《早春・春の雲》
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/02/post-06b7.html


 
コロナ禍のストレス社会夏に入る(夏の俳句特集)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/02/post-bdba.html
  
をご覧下さい。 (木下さとし)

既成の医療体制の見直しや「デジタル田園都市国家構想」の実現を期待しています。

「年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-ed54.html

「大晦日」「大年」の俳句(岸田内閣に望むこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-1143.html

「(冬の俳句特集)不意打ちのオミクロン株冬の雷」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-89b4.html

などをご一読下さい。 

(薫風士)

(俳句と川柳) 第101代総理大臣への期待 (「吾亦紅」と「夜長」に思うこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/10/10-d078.html
をご覧下さい。 

(薫風士)

8月19日は「俳句の日」とされています。
正岡子規の命日は9月19日ですから、8月19日からの1か月を「俳句月間」として俳句・教育関係者により俳句を通じて子供たちに日本文化の啓蒙活動をして頂いたら如何でしょうか?
コロナ禍の自粛生活で子供たちが無意味なwebゲームに夢中になっているのは親泣かせです。
俳句は、個性を発揮する芸術の一つです。好き好きです。俳句の教育はもう既に実践されているのでしょうが、プレバトのような一方的な査定やランク付けはしない教育をしてほしいものです。
大人のための俳句の面白さの啓蒙の一助になれば幸いですが、
「俳句の日」俳句でクイズ・ゲームを楽しもう!
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/post-6142.html
をご覧下さい。

8月15日の終戦記念日の俳句を特集しました。
俳句ブログ:終戦記念日 <「戦争と平和」特集>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/post-452c.html
をご一読下さい。

(薫風士)

菅首相の忘年会問題の是非とコロナ拡散防止対策緊急提言
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/12/post-98f8.html
をご一読下さい。

(薫風士)

コロナ禍の俳句鑑賞: 「青葉」・「青葉風」・「青葉潮」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/05/post-662c.html
をご覧下さい。

(薫風士)

菅内閣が発令した「緊急事態宣言」の飲食店の時短などの一律の営業自粛要請と補償のやり方は、拙速的で正直者が馬鹿を見る対策です。
下記のような対策を講じない限り、「緊急事態宣言」を一端解除しても再宣言をせざるを得ない事態になり、コロナ感染拡大防止と経済的効果は一時的であり、国民を混乱させる弊害が大きいでしょう。
正直者が報われる永続的な効果のある対策を是非実施して下さい。
  
「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策Bグルメ店」とか、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策認定店」など、
実態に応じ適切な呼称でコロナ対策を奨励する。
 
「認定基準」は「一律に5人以下」などとせず、「店ごとの定員」や「部屋ごとの定員」などを規定して、
一般に公表するとともに、店の来客が自然にチェック出来るように店頭に公示することを義務化し、
公式のパトロールなどのチェック体制も整備する。
認定基準を順守しなかった店や補助金需給申請に偽りがあった場合の罰則等をしっかり規定する。
 
このような新型コロナウイルス対策を是非とも推進してほしいものです。
そうすると、
「安いから行くのではなく、安心できるから行く」という客が増えて、
真面目に営業している店が繁盛することになり、経済効果も上がるでしょう。
 
具体策は、与党政治家や既存の専門家会議メンバーのみならず、レジャー・旅行・飲食店などの関連の専門学者や経済学者などが協議して、一般市民の声も取り入れ、きめ細かく検討して決定し、将来に備えてしっかりした法制化をしてほしいものです。
野党は与党批判に終わることなく国民のための政策提案を積極的に推進しなければ支持率は低迷のままで推移するでしょう。


「プレバト俳句 夏井先生の添削を添削する」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/post-f4d8.html
をご覧下さい。

「まんぽ俳句会」(SNSも活用)を始めました。
ご投稿をお待ちしています。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。
(薫風士)

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html

「令和」の世界平和への思いを詠んだ「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

コメントを投稿