« 西近江路・琵琶湖周辺の吟行俳句と写真 | メイン | 夏目漱石と高浜虚子 <漱石忌に思うこと> »

2016年11月21日 (月)

鳥取砂丘と「砂の美術館」などの写真と俳句

Cimg1963_2

チュヌの主人は11月12日に日帰りのバス旅行(三田地区まちづくり協議会主催)浦富海岸島巡り鳥取砂丘・砂の美術館」「かにっこ館」などを見学しました。

神姫バスの案内嬢はまだガイド1年生の由で、テキストを見ながら生真面目に道中の観光スポットについて説明をしてくれましたが、内容は殆ど忘れてしまい、ガイドさんの笑顔だけが印象に残っています。

そこで、「訥弁に笑顔のガイド旅小春」と即興の一句を口遊みました。

青色の文字をクリックすると解説記事や俳句がご覧になれます。写真はクリックすると拡大されます。

ちなみに、砂丘の俳句をインターネットで検索すると、「鳥取砂丘文学散歩 石碑というサイトや、高浜虚子の句碑・有島武郎歌碑などのマップや解説のサイトがありました。高浜虚子の俳句は「秋風浜坂砂丘少しゆく」ですが、虚子はこの俳句をどのような心境で詠んだのでしょうか? 有島武郎の歌碑にある歌は「浜坂の遠き砂丘の中にしてさびしき我を見出でつるかも」という侘しい歌です。

歳時記(俳誌のSalon)・露」には稲畑汀子さんの俳句「きらめきを砂丘に返し露乾く」や「露を抱く砂丘朝日に応へ来し」がありました。

チュヌの主人は「冬日差す砂丘の駱駝影長し」などと即興に口遊みながら写真を撮りました。

Cimg2003


ちなみに、駱駝の写真を撮ろうとすると、「撮影は有料です!」と言われ、ラクダの近くでは撮影をやめました。この写真でご想像ください。

  

NHKの今日のニュースによると、鳥取は震災で一時減っていた観光客も増えてきているとのことで、速やかな復興を祈っています。

Cimg1968

Cimg1974

Cimg2005

Cimg2016

Cimg2019

Cimg2029

Cimg2062

Cimg2074

Cimg2083

Cimg2098

Cimg2093











トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34005929

鳥取砂丘と「砂の美術館」などの写真と俳句を参照しているブログ:

コメント

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
「まんぽ俳句会」(SNSも活用)を始めました。
ご投稿をお待ちしています。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

(薫風士)

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

高浜虚子へのオマージュになればとの思いから虚子100句を英訳し、
「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」というタイトルで
国際俳句交流協会ホームページに5回シリーズで掲載して頂きました。
俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録する運動の一助になれば幸いです。
高浜虚子の俳句の面白さが注記や英訳でよくわかるように工夫しています。
下記のURLアドレスをクリックして是非ご覧下さい。
(はじめに)
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/
(あとがき)
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/afterword.html
「初雪の俳句」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/01/post-4dd9.html

今日3月8日は「国際女性の日」です。
鳥取砂丘へのバス旅行のブログを読み返していて、
ふと宗内敦氏の「演歌つれづれ」第23話「西方浄土(月の砂漠)」
が頭に浮かびました。
「演歌つれづれ」は宗内敦氏がほろ苦い青春の思い出を
演歌と共に綴った私小説風のエッセイ集です。
同世代の方々にはそれぞれに思い当たる思い出があるのではないでしょうか。
http://muneuchi.art.coocan.jp/enka/enka_index.htm
をご覧下さい。

コメントを投稿