« 惜春やゴルフに興じ句に遊ぶ | メイン | 「梅雨」(俳句と写真特集) »

2022年5月 2日 (月)

「ソーダ水」(夏の季語)の俳句

     

1222

仲間の6月俳句会の兼題がソーダ水に決まりました。

「ソーダ水」の解説(ウイキペディア)はここをクリックしてご覧下さい

   

俳句は自然(花鳥風月)を詠むばかりでなく、日常の私的な思いや出来事を気軽に駄句でも構わず詠むのも楽しいものです

俳句は好き好きですから、投句をする場合は、その駄句(秀句かも?)を「選者や句友の好みなどを考えて適宜推敲すれば良い」と割り切って、先ず楽しむことを優先しましょう

冒頭の写真は、「俳句HAIKU」のアクセス数が面白い数字になっていたので掲載しました。

初心者でも、折に触れて「俳句HAIKU」を読み吟行俳句会の場数を踏めば、そのうちに良い俳句も作れるでしょう

ゴールデンウイークの後半は吟行日和になります。

コロナ禍外出自粛の鬱積吟行の「まんぽ俳句」で発散しましょう

  

「575筆まか勢」から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きますが、例句の詳細はここをクリックしてご覧下さい

  

わだかまりすつと落ちゆくソーダ水

            (脇坂啓子)

  

・ソーダ水うつむける時媚態あり

           (大須賀邦子)

  

・ソーダ水つつく彼の名出るたびに

           (黛まどか)

    

インターネットの検索をしながら、駄句を口遊みました

   

青春の我が思ひ出やソーダ水

・魅せられし指の白さやソーダ水

・ソーダ水心許して付き合ひて

・ソーダ水胃の無き今は目で愛でて

・ソーダ水胃の無き老は酒が良い

     

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

   

コメント

コメントを投稿