« 俳句の推敲 《老鶯・夏鶯・残鶯・乱鶯》 | メイン | コロナ禍の花鳥諷詠梅雨晴れ間 »

2021年6月 4日 (金)

俳句鑑賞《かえる・蛙・雨蛙・青蛙・牛蛙・土蛙・殿様蛙・蟇・河鹿》 

        

言葉の力・俳句の力《癒し》や「俳句《涼し》死の話をご覧下さい。

  

Dsc_4787

Dsc_4789

  (写真)

カラー図説日本大歳時記「蛙」のページの一部 

  

写真をタップ・拡大すると、例句や解説をご覧になれます。

青色文字をタップして、解説や例句など、リンク記事をご覧下さい。

    

0621

日本伝統俳句協会のカレンダー

2021年3月 

      

        

      

    

「蛙の俳句」といえば、松尾芭蕉の代表句「古池や蛙飛びこむ水の音」を思い浮かべるでしょう。 

「かえる」は伝統俳句では旧仮名遣いで「かはづ」と記述するのが普通ですが、東京都のコロナ感染拡大防止キャンペーンに因んで「かえる」をタイトルに用いました。

        

「蛙」は「春の季語」ですが、「雨蛙」や「蟇(がまがえる)」などは「夏の季語」です。

梅雨から夏の賑やかな鳴き声で蛙の存在を実感するのが一般的でしょう。  

     

蛙の音芭蕉を偲び句に遊ぶ

  

Dsc_4996

写真はお気に入りの陶蛙の箸置きです。

箸を置く度に目をクリクリと動かします。     

・箸置きは陶の蛙や夏料理

            (薫風士)

  

「歳時記」(俳誌のサロン)の例句を気の向くままに、抜粋・掲載させて頂きます。

(「蛙」を詠んだ拙句と写真は最後に更に掲載します。ご笑覧下さい。)    

    

蛙1

・コンビニのあかりは消えず遠蛙 

             (田中清司)

・さながらにコントラバスや牛蛙 

             (大橋晄)

  

蛙2

・初蛙広き仏間に一人寝る   

            (大西八洲雄)

・初蛙やさしき雨の午後となり 

             (阿部正枝)

 

蛙3

・点滴は妻の命脈蛙の夜    

            (関根初男)

・手を握るのみの見舞や遠蛙  

            (間宮あや子)

  

蛙4

・よく見ればよき面構へ青蛙  

             (足利徹)

・掌にのれば仏頂面の青蛙   

            (樋口みのぶ)

  

蛙5

・雨蛙かしこまりたる雨催    

            (稲畑汀子)

・雨どつと沸騰点こす蛙かな  

            (村田岳洋)

  

蛙6

・ニュータウンに残る古池牛蛙 

             (中田禎子)

・蛙田の闇の広がる車窓かな  

             (松尾芳子)

  

蛙7

・早暁や令和二日の遠蛙    

           (谷田貝順子)

・千年の杉の霊気を青蛙    

           (楠本和弘)

  

最後に薫風士の「コロナ俳句」・「まんぽ俳句」と写真をご笑覧下さい。 

蛙の声はここをクリックして、お聞き下さい  

コロナ禍やコロナコロナと蛙鳴く  

・コロナ禍や五輪変えろと鳴く河鹿

・牛蛙コロナは嫌ブーイング

小さくして一葉に守(も)らる青蛙

・土蛙汚らしくし身を守り

・身構へる殿様蛙石模様

・鎮座して殿様蛙すまし顔

・蟇ひき鳴きて姿暗ます保身術

・蛙鳴くアートの池やホロンピア

・チアダンス池のアートに夕蛙

・蛙鳴く池の広場のチア練習

・蛙鳴き鴉飛び立つチアダンス

蛙鳴く池越えショットナイスオン

・コロナ禍やは自粛五輪とて  

冷房五輪は家で皆帰ろう

猛暑日の五輪マラソン一葉散る

・蟇(ひき)も鳴くガッツの涙初優勝

 日本ゴルフツアー選手権を見て、木下稜介選手の初優勝の感激を詠んだ俳句です。 (NHK-TV放送 最後の写真参照) 

  

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

    
Img_1357_2

Dsc_1886_3

Dsc_1888

Dsc_4415

Dsc_4801

Dsc_4802

20210604

Dsc_4806

20210606

Dsc_4858_10chtv

Dsc_4854_tv

コメント

「言葉の力《俳句は癒し》」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/07/post-ea4b.html

「俳句《涼し》死の話」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/07/post-70ee.html
   
をご覧下さい。 (薫風士)

「トマトの俳句(ウクライナ応援句)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/05/post-f1ef.html
をご覧下さい。 (薫風士)

夏の俳句特集《コロナ禍のストレスを発散しよう!》
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/02/post-bdba.html
  
をご覧下さい。 (木下さとし)

ロシアの侵攻によって、多大の犠牲者が生じていますので、「已むに已まれぬ思い」を俳句に詠み、紛争解決案を提言しました。

「梅東風や届け世界にこの思ひ」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/03/post-4fd0.html

「血に染むなドニエプルてふ春の川」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/03/post-0c73.html
に書いた思いをシェアして頂ければ望外の喜びです。

(薫風士)

既成の医療体制の見直しや「デジタル田園都市国家構想」の実現を期待しています。

「年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-ed54.html

「大晦日」「大年」の俳句(岸田内閣に望むこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-1143.html

「(冬の俳句特集)不意打ちのオミクロン株冬の雷」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-89b4.html

などをご一読下さい。 

(薫風士)

8月19日は「俳句の日」とされています。
正岡子規の命日は9月19日ですから、8月19日からの1か月を「俳句月間」として俳句・教育関係者により俳句を通じて子供たちに日本文化の啓蒙活動をして頂いたら如何でしょうか?
俳句の教育はもう既に実践されているのでしょうが、コロナ禍の自粛生活で子供たちが無意味なwebゲームに夢中になっているのは親泣かせです。
俳句は、個性を発揮する芸術の一つであり、好き好きです。プレバトのような一方的な査定やランク付けはしないで教育すべきでしょう。
大人のための俳句の面白さの啓蒙の一助になれば幸いですが、
8月15日の終戦記念日の俳句を特集しましたので
俳句ブログ:終戦記念日 <「戦争と平和」特集>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/post-452c.html
をご一読下さい。

(薫風士)

青蛙なのに緑や黒い線

東京2020 喜怒哀楽俳句クイズ:誰のことか?(百日紅・雲の峰・総括編)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/2020-4558.html
をご覧下さい。

(薫風士)

東京五輪強行開催と太平洋戦争に類似点「楽観論」に「頻繁に変わる大義名分」も〈AERA〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ffed852bd2e2d7c91778b617d5dfa119d8805e4?page=2
をご一読下さい。

(薫風士)

コロナ禍や酒無き昼餉梅雨の灘
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/06/post-e024.html

コロナ禍の俳句の鑑賞:「汗」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/06/post-ae3e.html
をご覧下さい。

(薫風士)

コメントを投稿