« 俳句談義(15):                     「昭和の日」・「憲法記念日」と俳句 | メイン | 俳句談義17: 高浜虚子の俳句「敵といふもの」の「敵」とは何か?  <俳句談義と政治談議> »

2015年5月20日 (水)

俳句談義16:「こどもの日」・「母の日」に思うこと。

        

子供の日」と「母の日」にブログを書こうと思っていたが、「俳句談義(15)」で高浜虚子の俳句やオバマ大統領の俳句など、次々に書きたいことを思いつき、安倍首相の米議会における名演説に触れると「政治談議」にもなり日が過ぎてしまった。

お暇があればここをクリックして「俳句談義(15)」を是非ご高覧下さい。

   

歳時記の「こどもの日」の俳句は196句あり、

鯉幟」には352句もあり、鯉のぼり」には195句あった。

その中に、戦時中の母親の苦労を思い起こさせる句があった。

「あの頃も生めよ殖せよ鯉のぼり」 木島茶筅子

  

歳時記の「母の日」(「母の日1母の日2母の日3母の日4母の日5」)には合計約490句もある。

   

その中で興味を惹いたのは有馬朗人氏の俳句母の日が母の日傘のなかにあるである。

   

高浜虚子は「おやをもり俳諧をもりもりたけ忌」という句を作っている(「俳句談義(11)」参照)。

有馬さんの掲句の「母の日」も一種の「掛詞(かけことば)」であり、「同音異義語」・「同綴(どうてつ)異義語(いぎご)」の言葉遊びだろう。

有馬さんの掲句は、文字通りに解釈すると、「母の日」のプレゼントに日傘を贈ったことを詠んだ俳句かもしれないが、「母の日」に、「『母』という『日』すなわち、『私の太陽』ともいうべき「母」が『日傘』の中にいる。」という句意だろう。

もっと穿った解釈をすれば、「『母』なる『母国・日本』は『日米安保条約』に基く『』という『日傘』の中にある」という隠された句意があると言えるのではないか?

「バカなことを言うな」と御叱りを受けるかもしれない。

だが、「俳句談義(6)などで何度も述べているように、「『俳句の解釈』は『創作である』」と思って書いている。ご容赦頂きたい。

   

有馬さんは東京大学の総長や文部大臣科学技術庁長官などの要職を務められた。現在、国際俳句交流協会会長でもあり、俳句を国際的に広め、世界文化遺産に登録されるように努力をされているようである。

俳句に限らず、文化交流を通じて親日家が世界に増え、日本の平和・世界の平和が維持されることを祈っている。

だが、ただ祈っているだけでは望みは叶えられない。

次回は「政治談議」を主にブログを書くことにしたい。

   

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33401059

俳句談義16:「こどもの日」・「母の日」に思うこと。を参照しているブログ:

コメント

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっていますが、
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ「究極のラブを!」http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html
や「令和」への期待を込めて書いた「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

「まやかしの政治」を横行させてはなりません。
「政治談議」をご一読下さい。
下記のURLをクリックするとご覧になれます。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2015/06/post-3012.html

高浜虚子へのオマージュになればとの思いから虚子100句を英訳し、
「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」というタイトルで
国際俳句交流協会ホームページに5回シリーズで掲載して頂きました。
俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録する運動の一助になれば幸いです。
高浜虚子の俳句の面白さが注記や英訳でよくわかるように工夫しています。
下記のURLアドレスをクリックして是非ご覧下さい。
(はじめに)
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/
(あとがき)
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/afterword.html
「初雪の俳句」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/01/post-4dd9.html

「俳句を通して世界の平和を!」という思いで
俳句やエッセイなどささやかなブログを書いています。
ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。
投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、
次の手順で入力して下さい。
(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。
(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。
(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。
(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。
 
なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で
公開させて頂きます。予めご了承ください。

俳句の翻訳や世界文化遺産登録への問題点について書きました。
俳句の国際化 <言葉の壁を破るチャレンジ>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2016/09/post-c04a.html
をご覧下さい。

「『究極のLOVEを実践しよう!』子供たちを『英語嫌い・道徳嫌い』にしないために」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2016/01/loveultimatelov-a189.html
をご覧下さい。

俳句談義18:政治家と俳句<俳句を通じて世界の平和を!>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2015/06/18-2f5b.html
をご覧下さい。

コメントを投稿