« 2021年12月 | メイン | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月27日 (木)

「夢は枯野を」《芭蕉辞世句》 ドナルド・キーン訳を考える

  

5561_2

芭蕉の辞世句「枯野」のドナルド・キーン訳が「芭蕉終焉の地 <御堂筋>」にありました。

   

   

・旅に病で夢は枯野をかけ廻る

  

Stricken on a journey,
My dreams go wandering round
Withered fields.

  

キーンさんの英訳はさすが巧ですが、「旅に病んで」と「上五」を「字余り」で表現した芭蕉の思いを反映するには、「stricken」を「ill in bed」に修正し、次のように英訳すると良いと思います。

この推敲案についてキーンさんのご意見を伺いたいところですが、もはや叶いません。

  

ill in bed on a journey,

my dreams wander around

withered fields

  

HIA 国際俳句交流協会のHPに掲載中の「英語で分かる芭蕉の俳句」で紹介した John White 氏は、「5-7-5音」を踏まえて次のように英訳し、5・7・5 シラブルの英訳に成功しています。

  

ill on a journey,

my dreams are wandering round

on a withered moor

  

(青色文字をタップすると、リンクした参考記事をご覧になれます。)

  

芭蕉は「平生すなわち辞世なり」と言っています。

この俳句は、前詞に「病中吟」とあり、旅の途中で病気になり、偶々この俳句が文字通り最後の辞世句になったのではないでしょうか。「笈日記」参照

    

薫風士も及ばずながら、新型コロナ・オミクロン株感染急拡大の中、「芭蕉と同じ思い」で、俳句の国際化の草の根運動をライフワークとして、ささやかな俳句ブログ「俳句HAIKU」を書いているつもりです。

英語俳句はまだ確立した形式がなく、作者や翻訳者がそれぞれ自由に3行で表現していますが、俳句は散文ではないので、文頭や行頭を大文字にせず、固有名詞以外は小文字で表現するのが分かりやすくて良いと思っています。

  

歳時記「枯野」の例句はここをクリック(タップ)して、ご覧になれますが、

芭蕉の俳句など、俳句の英訳に興味のある方は、ここをクリック(タップ)して、「俳句・文芸翻訳」をご覧下さい

 

写真はタップ・拡大してご覧になれます。  

20210309

蝸牛角振り分けよ須磨明石 

      (須磨浦公園の芭蕉句碑)

   

5095

(写真)

ポーランドに於ける薫風士の俳句講演風景

 

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

   

2022年1月21日 (金)

「雪」の俳句と写真(特集)

  

0537

20201231

「雪」の俳句と言えば、正岡子規の「いくたびも雪の深さを尋ねけり」に思いを馳せますが、故郷所縁の田ステ女の「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」を上級生が寒参りの雪の朝に教えて呉れた子供の頃を懐かしく思い出します。  

  

先日、俳句友達が舞鶴の雪景色をLINEの写真で見せて呉れ、幼いころの故郷の雪景色や雪遊び、父親が牛に引かせる雪かき用のソリに乗って重しになったことなどを懐かしく思い出しました。

昨日の大寒には福井の句友からは金沢・兼六園の雪景色をLINEで送ってきましたが、翌朝雨戸を開けると、吾庭は雪景色でした。句友とLINEで交信した俳句・雪景色をご笑覧頂けると幸いです。

    

コロナ禍や老は家居ぞ窓に雪

   

・手作りの日本列島雪景色

   

・初雪の孫と作りし達磨かな

  

・俳句どちラインで交はす雪景色

  

・積雪に庭は無残と返信来

  

ここをタップして、「俳句HAIKU」の「初雪の俳句」をご覧下さい。

「俳句を楽しもう! 春の雪・春雪」も、ここをタップしてご覧下さい

余談ですが、親戚の高齢者で娘が買ってくれたスマホが上手に使えずガラホに戻した。」という女性がいます。スマホで検索しようとすると、商業的売り込み過剰・サービス過剰の宣伝画面がポップアップすることが多くて、煩わしくなりますが、「俳句HAIKU」は、日本の伝統文化「俳句」の普及を目指していますのでご容赦下さい

    

「歳時記(俳誌のサロン)」の「雪」の俳句は100~200句掲載のページが55頁もあります。

気の向くままに、親しみやすい俳句を抜粋・掲載させて頂きます。例句の詳細は掲句の青色文字をタップしてご覧下さい。

    

看取る窓雨から雪へかはりけり

           (久崎富美子)

   

足跡の重なつて行く雪の道 

                              (佐竹美保子)

    

冠雪の富士に車内のどよめけり

            (谷泰子)

   

シュトーレンミュヘンの雪思ひつつ

            (山田弘子)

  

靴跡の上を歩みて雪の路地 

            (片山明俊)

   

雪五尺隣が遠くなりにけり 

            (高橋将夫)

  

雪の夜の母へ一匙づつの粥 

            (杉浦典子)

   

点滴のゆっくり落ちて窓に雪

            (甲田夏湖)

  

トンネルの長きを抜けて雪眩し

           (桜井菜緒)

 

早朝の地震にめざめぬ外は雪 

           (早崎泰江)

  

雪しんしん壁にお日さま画く園児 

           (伊藤希眸)

   

蔵王連山初冠雪を玻璃越しに

            (増田八重)

 俳句は好き好きですが、「初冠雪蔵王連山瑠璃越しに」とすると、リズムは良くなります

     

足跡のなき雪道を怖れけり 

            (稲畑汀子)

  

ふる里を丸く包みて深雪かな 

             (梅田武)

   

滑つては黄色い声の雪の道 

            (野村鞆枝)

   

夢の世を行くごと真夜の雪明り

             (山内碧)

  

日に五回雪掻く日々のつづきけり

           (山形悦子)

  

ぜんざいも出て分校の雪下し 

          (中川句寿夫)

  

雪しんしん始発のバスの顔なじみ 

          (山田くみこ)

  

しんしんと雪降るばかり皆無口 

          (吉澤恵美子)

   

歳時記・雪」の例句は掲句(青色文字)をクリック(タップ)してご覧下さい。

「575筆まか勢」・「雪」の例句の詳細は、ここをクリックしてご覧下さい

   

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

     

2022年1月20日 (木)

コロナ禍の俳句ブログ「大寒」(特集)

  

0533

(写真)

日経新聞WEB朝刊(2022.1.20)の一部分

写真をタップ拡大すると、記事をご覧になれます。

   

NHK NEWS WEBによると、日本の新型コロナウイルス新規感染者数は1月19日には過去最多となり、4万人を超えました。 

   

アメリカの1日の新規感染者数はピーク時の1月10日頃は130万人超でしたが、最近は70万人超で推移しています。(「NHK特設サイト・新型コロナウイルス」参照)

  

世界の新型コロナ感染者数・死者数(累計)は1月20日 (17時時点)現在の統計によると、感染者: 337,891,706人 死者: 5,565,198人です。

世界第一次大戦の1918年頃に流行したスペイン風邪は、患者数約5億人、死者約4~5千万人と推定されています。

   

そこで、ブログ用の俳句擬きを詠みました。

 

・大寒やオミクロン株急増す

 

・大寒や老は家居にコロナ避け

 

・大寒や先ず現役にブースター

   

青色文字(「俳句HAIKU」の記事のタイトル)をタップして記事をご一読下さい。

 

季語・季題が「大寒」の俳句を集めました。

0531_pc

  

  

   

   

   

俳句談義(4):

高浜虚子の句『大寒の埃の如く人死ぬる』とは、「平和」を考える

0532

2022年1月18日 (火)

俳句《着ぶくれ・着膨れ》《冬ごもり・冬籠》

  

初詣初戎で新型コロナ・オミクロン株感染拡大の収束を祈りましたが、オミクロン株感染の急拡大は当分の間収まりそうにありません

今朝(2022.1.19)のNHK NEWS WEB によると、政府は「まん延防止等重点措置を適用する地域に、東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、新潟、愛知、岐阜、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の13都県を追加し、期間は21日から来月13日までとする方針」とのことです。

(青色文字をタップしてリンク記事をご覧下さい。)

コロナ感染拡大第6波により社会活動・経済活動に支障が生じないように、3回目のコロナワクチン接種(ブースター接種)は現役世代を優先的に実施して貰い、高齢者は暫く自衛の隠遁生活をするほうが良いと思っています。そのような思いを句に詠みました。

   

・オミクロン避けて隠遁着ぶくれて

    

・コロナ避け漫歩に苦吟着膨れて

    

・寛ぐや着膨れせずに手酌酒

   

順縁を諾ひ老の冬籠

  

逆縁にするなコロナ禍冬ごもり

   

青色文字のタイトルをタップして、年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)」や大晦日・大年の俳句(岸田内閣に望むこと)」のエッセイもご一読頂ければ幸いです  

「着ぶくれ」の例句は、ここをタップして「575筆まか勢」をご覧下さい

  

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

   

2022年1月16日 (日)

俳句《凍蝶(いてちょう)》(コロナ禍の思い)

    

0528_2

俳句では「凍て蝶」を「凍蝶」と書くのが普通です。

歳時記(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」の「凍蝶」の例句は、それぞれ青色文字をタップしてご鑑賞下さい。

   

下記に拙句を掲載します。  

・凍蝶や順縁が良しコロナ禍も

・凍蝶や己が最後は陽に眠り

    

下記のタイトル(青色文字)をタップして、コロナ禍の薫風士の思いをご一読下さい。   

俳句鑑賞: 風花(コロナ禍の思い)

  

雨上がり昼餉の窓辺黄蝶来

  

年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)

 

大晦日・大年の俳句(岸田内閣に望むこと)

  

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

   

2022年1月13日 (木)

写真と俳句 <初戎・十日恵比須・残り恵比寿・残り福>

  

故郷を「まんぽ俳句」で元気に、未来に繋ごう!

   

051

新型コロナウィルス・オミクロン株の感染が急増している中、先日(2022.1.10~11)、近場の戎神社や三輪神社などにお参りし、コロナの収束を祈り、仲間と吟行して駄句を詠みました。

  

まず拙句を掲載しますが、青色文字をクリック(タップ)して「575筆まか勢」や「歳時記」の例句、リンク記事などをご鑑賞下さい。

   

・パスカルに句友集ふや福寿草

 吟行のメンバーはJAパスカルに集合し、各人思い思いの花などを買いました。

  

初戎達治偲びつ橋渡り

  写真をタップ・拡大すると、三好達治の解説をご覧になれます。

   

門松を逆さに飾る思ひ遣り

 「戎」の写真をタップ・拡大すると、「逆さ門松」の由来をご覧になれます。

   

残り福昨日吉とて今日は凶

 十日恵比須は晴れに恵まれ「吉」でしたが、残り恵比寿は雨に祟られ「凶」でした。

  

・晴れ男雨に方無き残り福

 晴れても降っても、吟行の句作はそれなりにエンジョイ出来ます

   

初手水自動水栓アルコール

 新型コロナ感染予防が徹底していました。

    

故郷の偲ぶ昔日寒参

 戦時下の故郷は、一般的に若者は必勝祈願の寒参「三輪神社」などにしていました

    

大歳てふ雨に淑気の神社かな

 大原の大歳神社は永禄3年に氏子が寄進したとのことです。

 「てふ」は「という」意味の古語で「ちょう」と読みます

   

・大杉に雨の淑気や旧りし宮

 大歳神社は杉の大木に囲まれ、冬雨の淑気に包まれていました。

    

餅花に迎へられたる句座の膳

 「お屋敷・三田の里」(がんこ)で昼餉を済ませ句会をしました。 

   

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

   

0498

0494

0480

0475

0474

052

0516

0521

0523

2022年1月10日 (月)

「初鏡」「初髪」の俳句

   

0472(写真)

親戚の者が趣味の陶芸で作った干支「丑」の置物を「カラー図説日本大歳時記」の「初髪」「初鏡」のページに乗せたものです。家族に寅年は居ないので、残念ながら「干支」の「虎」の置物はありません。 

写真をタップ・拡大しすれば、例句をご覧になれます。

  

拙句を下記に掲載しますが、青色文字をタップすると、「575筆まか勢」の例句「初鏡」や「初髪」、「きごさい歳時記」の「初髪」の解説などをご覧になれます。

今日は「成人の日」です。「初鏡」で「初髪」を結い、成人式に参加された方、コロナ禍の自粛を余儀なくされた方、様々でしょうが、新成人のご多幸をお祈りします。

   

・コロナ禍の若白髪解く初鏡

 

・コロナ禍や真白に染めて初鏡

 

・思ふままトランスジェンダ初鏡

  

・白髪(しらが)とて心は若く初鏡

 

・初髪や句友も吾も気は若く

  

・一頻(ひとしきり)健康談議初句会

  

2022年1月 8日 (土)

初暦の俳句

    

0457

(写真)

日本伝統俳句協会のカレンダー(1月)の一部分

写真をタップ・拡大すると色紙の俳句や記載された俳句をご覧になれます。

    

薫風士の即興句を下記に掲載しますが、ここをクリックすると「575筆まか勢」( 初暦)の例句をご覧になれます

「記す」は5・7・5のリズムに合わせ、「しるす」か「きす」と読み、「吾身」は「わがみ」と読んで下さい。

   

・スケジュールスマホに記す初暦

  

ブースタの接種日未定初暦

   

・初暦明日の吾身を知らずとも

  

・明日の身を信じて記す初暦

   

・初暦コロナ禍記す検診日

   

・自衛して卒寿目指すや屠蘇祝ふ

  

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

2022年1月 4日 (火)

親子して本音の論議屠蘇祝う

    
0452

   

タイトルはブログ用の拙句です。

     

  

明けましておめでとうございます

       

孫二人鯛をつつくや屠蘇祝ふ

   

コロナ禍に来れぬ娘や屠蘇を酌む

    

・屠蘇祝ふドン・キホーテと言はれつつ

    

牛歩して虎の飛躍へ屠蘇祝ふ

  

タイトルの俳句と掲句は薫風士の即興句です。 

コロナ禍の勤務医は超多忙なのか、正月も盆もゆっくり実家で過ごす余裕が無いようです。

医学部定員の増加や医師資格試験制度の見直しにより勤務医の待遇を改善して、パンデミックなど長期化に対応できるように、余裕のある医療従事者数を確保すべく医療体制の根本的見直しをしてほしいものです。

年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)」をご覧下さい。

    

「575筆まか勢」の例句から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。例句の詳細はここをクリック(タップ)して、ご鑑賞下さい。 

    

・せはしなき人やと言はれ屠蘇を受く

          秋櫻子

   

・酔ふほどは飲まぬつもりの屠蘇に酔ふ

         下村ひろし

  

・老朽ちし妻をあはれみ屠蘇を酌む

             (高浜虚子

  

・金泥の鶴や朱塗の屠蘇の盃

         夏目漱石

        

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

      

2022年1月 1日 (土)

年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)

  

オミクロン株の感染力が強く、1日当たりの全世界新型コロナ新規感染者数は100万人を超え、米国は40万人以上とのことです

日本は国民の自粛努力と水際作戦が功を奏して510人程度と三桁違いで全く問題になりませんが、厚生省は「年末年始の感染拡大防止へのご協力をお願いいたします!」とWEBのホームページで国民に呼びかけています。

今後も「3密」の回避、マスクの着用など、自衛を続ける必要性はあるでしょうが、政府は対症療法的医療対策のみに依存する政策から脱却すべきではないでしょうか? 

新型コロナウイルス感染拡大に対するこれまでのマスコミの報道や政府・医療関係者の発言は飲食業者など国民に自粛を求め、「自粛」と「GoToトラベル」の要請の繰り返しに終始していましたが、コロナ・ワクチン接種やころな感染確認方法、治療薬の開発などが漸く普及してきた現在は、「自粛」と「GoToトラベル」の要請繰り返しによる対症療法的対策から脱却し、永続的な「with COVID-19」の対策を図るべきでしょう。

  

平和と医療体制医療保険制度の充実により日本の平均寿命は世界で最長ですが、コロナ感染拡大防止対策には多大の経済的犠牲が払われており、「with COVID-19」の医療制度全体を見直す必要があるのではないでしょうか?

  

医学部入試採点において女子を排除する許しがたい不正がいくつかの大学で行われましたが、何故女子を排除するのでしょうか

主婦をしていてもコロナ感染急拡大など非常時には医者として対応できるような余裕のある人数に医学部の定員数がなっておれば、これまでのような医療体制の逼迫を避けるための過大な自粛をせずに対応できたのではないでしょうか?

  

医学部定員数の増加について政府や医療関係専門家に是非とも前向きの検討をして頂きたいと思います。

   

かっては1台のテレビの前に一家揃って紅白を見るのが大晦日・年越しの過ごし方でしたが、現在は娯楽も多様化して一家庭内でさえ各人各様に年の瀬を過ごしている家族が多いのではないでしょうか?

コロナ禍の自粛の影響で満足な年越しを出来ない孤立した人々も少なくないと思いますが、娘の医者は正月も実家に帰らず病院勤務で頑張っています。

恒例のNHK紅白歌合戦を見ながらこの記事を書いているときも、孫達はテレビを見ながら歌手に合わせて歌ったり、パソコン・ゲームをして真剣な顔をしたり笑ったりしてそれぞれ無邪気に過ごしていますが、子供たちの将来の社会がどうなっているのか気がかりです。

子供達が成人になった頃の大晦日はどんな状態になっているのか、予想できませんが、既成の概念にとらわれて政府が問題の先送りを今後も続けることは許されないでしょう。

  

大晦日・大年の俳句(岸田内閣に望むこと)」をご一読下さい。

   

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。