« 俳句の鑑賞 <「年忘れ」・「忘年会」の俳句> | メイン | 俳句の作り方 <5つのポイント>   »

2016年12月31日 (土)

「初詣」の俳句

      

今日は大晦日です。英国のEU離脱決定やトランプ次期米国大統領の選出など、今年は「まさかと思ったこと・思いがけないこと」が次々に起こりました。除夜の鐘を聞きながら今年の出来事を振り返り、新年への期待と不安を感じつつ、初詣に出かける方も多いと思います。

そこで、「チュヌの便り」の今年最後のブログは「初詣」の俳句をとりあげました。

・多事多難さるとり騒ぐ初詣

・ままならぬことと知りつつ初詣

・砂利音に心を清め初詣

初詣くちげんかして清々と

初詣じじいに笑みし幼孫

上記はチュヌの主人(さとし)の初詣の即興句です。冒頭に拙句を掲載したのは、「俳句は誰でも気軽に楽しめるものだ」ということを多くの人々に知って貰い、俳句人口を増やし、「俳句」の世界文化遺産登録への草の根運動のささやかな一助にしたいというチュヌの主人の切なる思いからです。「俳句を楽しもう!」をご覧下さい。

(青色文字(「初詣」など)をクリックするとウイキペディアの解説やインターネット歳時記「初詣」の例句の詳細をご覧になれます。「初詣」の俳句は全部で650句ほど掲載されています。) 

初詣1」

・玉砂利のやすみなき音初詣 (保坂加津夫)

初詣2

・身長を比べ合うてる初詣 (竹内紫翠)

初詣3

・株高値賽銭弾む初詣  (黒沢宮雄)

初詣4

・三世代七人揃ひ初詣 (大橋晄)

初詣5

・夫逝きてたったひとりの初詣 (辻香秀)

初詣6

・初詣出雲の国割子蕎麦 (津田富司)

     

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34023653

「初詣」の俳句を参照しているブログ:

コメント

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

ご投稿をお待ちしています。

(薫風士)

チュヌの主人の俳句は川柳と言えないこともありません。
川柳界においても川柳を俳句と一緒に世界遺産に登録すべく運動を推進して頂ければ嬉しいです。
俳句界のみユネスコ無形文化遺産登録の運動を推進しているのは片手落ちだと思い、
「俳句と川柳: 根本的な違いは何か?」
をブログに書きました。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/12/2-0408.html
をご一読下さい。

写真の愛犬「チュヌ」は10月16日に永眠しました。
「チュヌの便り」の総集編「チュヌの追悼」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/10/post-76ff.html
をご覧下さい。
チュヌは皆さんのお幸せを天国から見守っています。

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

「初詣くちげんかして清々と」と「くちげんかして清々と初詣」
これら二つの俳句はどちらが良いと思われますか?
「初詣」が冒頭(上五)にあるのと最後(下五)
にあるのとで句意がどのように違うと思いますか?
後者は「口げんかして清々した気持ちで初詣をしたことになります。
前者は「口喧嘩したが初詣して清々した」という句意にもとれますが、
「初詣で口喧嘩したが清々した」という意味にもとれます。
「俳人ならぬ一般庶民の自分は駄句でも楽しめばよい」と
チュヌの主人は割り切っています。
俳句を楽しむ人が増えることを願っています。
「俳句の作り方 <5つのポイント>」をご覧下さい。

コメントを投稿