« "Ultimate LOVE" by L.P. Lovee | メイン | Let's practice ultimate "LOVE"! »

2015年12月30日 (水)

季語・季題が「初夢」の俳句を集めました。

        

インターネットの歳時記には初夢の俳句は381句あります。

下記の俳句は各ページの冒頭句です。

詳細は青色文字(タイトルなど)をクリックしてご覧下さい。

初夢1」 

・初夢に古郷を見て涙哉 (一茶

初夢2

・初夢に海鵜きたりて泣きじやくる  (高島茂

初夢3

初夢の淫らと云ふほどには非ず  (竹内睦夫

    

子規の俳句データベース」で「初夢」を検索すると、

・うれしさにはつ夢いふてしまひけり

・雜煮くふてよき初夢を忘れけり

など、11句あります。

    

Biglobeの「初夢」のサイトには次の俳句

・初夢や金も拾はず死にもせず  夏目漱石

・初夢の唯空白を存したり  高浜虚子 

     
インターネットを検索していると、2015年9月23日の「産経ニュース」に「ローマ法王が訪米 オバマ夫妻出迎え」という記事があり、

9月24日の「朝日新聞Degital」には「難民や気候変動の課題共有 ローマ法王とオバマ大統領」という記事がありました。

    

そこで、初夢の拙句を作りました。

・法王のオバマ訪問夢始め

・初夢や夢の中にも夢想して

オバマ大統領ローマ法王をはじめとして、世界の有力な政治指導者や宗教指導者が一堂に会して、宗教や人種の違い・覇権争いなどから生ずる戦争を防止する根本的な解決を協議して呉れないか!?!」と夢想しています。

  

2016年7月には参議院選挙があり、平和な良い年になることを祈ります

お暇があれば、「政治談議」もご覧下さい。

     

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33696811

季語・季題が「初夢」の俳句を集めました。を参照しているブログ:

コメント

緊急事態宣言が11都府県に拡大されましたが、新型コロナウイルス対策は正直者が報われるように、次のような対策を是非とも推進してほしいものです。

「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策Bグルメ店」とか、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策認定店」など、
実態に応じ適切な呼称でコロナ対策を奨励する。
 
「認定基準」は「一律に5人以下」などとせず、「店ごとの定員」や「部屋ごとの定員」などを規定して、
一般に公表するとともに、店の来客が自然にチェック出来るように店頭に公示することを義務化し、
公式のパトロールなどのチェック体制も整備する。
認定基準を順守しなかった店や補助金需給申請に偽りがあった場合の罰則等をしっかり規定する。
(現在の緊急事態宣言に基づき安易な罰則を規定することは逆効果となる恐れがあり、反対します。)
 
このような新型コロナウイルス対策を是非とも推進してほしいものです。
そうすると、
「安いから行くのではなく、安心できるから行く」という客が増えて、
真面目に営業している店が繁盛することになり、経済効果も上がるでしょう。

(参照) 大寒の俳句(コロナ禍の緊急事態宣言・国際同盟に思うこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/01/post-fb08.html

トランプ米国大統領の「アメリカファースト」(実は「ミーファースト」)の政権がようやく終ることになりホットしていますが、次期大統領が余程しっかりした政治をしなければ、4年後が更に恐ろしいことになるでしょう。

・大寒やコロナ禍憂ふポピュリズム

(「大寒の俳句(コロナ禍・国際同盟に思うこと)」参照)

菅首相は、「GoToトラベル」の年末年始の全国的一時的停止に関連して、「私も素人。専門家の提言に基づいて決めている」と説明したとのことですが、
「学術会議」のメンバー選定については、素人でなく、科学的ないし専門的知識・能力があるということでしょうか?
「まやかしの仕方」は安倍政権から引き継がないで、「透明性」と「言葉の重み」を尊重して下さい。

「トランプ・安倍」体制の日米同盟関係に捉われず、「バイデン・菅」新体制により日本の平和・世界の平和を堅持すべく、政治に対する国民の信頼を回復してほしいものです。

菅首相は「限定的」「集中的」に「緊急事態宣言」の実施・飲食店の休業・営業自粛を検討しているとのことですが、下記のような対策を講じない限り、経済的ダメージの方が大きく、「緊急事態宣言」を一端解除しても再宣言をせざるを得ない事態になるでしょう。
新型コロナウイルス拡散防止の効果は一時的であり、徒労に終わるでしょう。
永続的な効果のある対策を是非実施して下さい。

「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策Bグルメ店」とか、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策認定店」など、
実態に応じ適切な呼称でコロナ対策を奨励する。
 
「認定基準」は「一律に5人以下」などとせず、「店ごとの定員」や「部屋ごとの定員」などを規定して、
一般に公表するとともに、店の来客が自然にチェック出来るように店頭に公示することを義務化し、
公式のパトロールなどのチェック体制も整備する。
認定基準を順守しなかった店や補助金需給申請に偽りがあった場合の罰則等をしっかり規定する。
 
このような新型コロナウイルス対策を是非とも推進してほしいものです。
そうすると、
「安いから行くのではなく、安心できるから行く」という客が増えて、
真面目に営業している店が繁盛することになり、経済効果も上がるでしょう。
 
具体策は、与党政治家や既存の専門家会議メンバーのみならず、レジャー・旅行・飲食店などの関連の専門学者や経済学者などが協議して、一般市民の声も取り入れ、きめ細かく検討して決定し、将来に備えてしっかりした法制化をしてほしいものです。
野党は与党批判に終わることなく国民のための政策提案を積極的に推進しなければ支持率は低迷のままで推移するでしょう。

・初夢やコロナウイルス撃滅す

次のようなコロナ感染拡大防止策で、経済対策としても成功!

「Go Toトラベル」や「Go Toイート」を中止して、
「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策三ツ星店」など、
適切な呼称でコロナ対策を奨励する方が良いでしょう。

「認定基準」は一般に公表し、店の客が自然にチェックしてくれるように工夫するとか、公式のチェック体制も整備すると、
ごまかす店も無くなり、真面目に営業している店が繁盛することになり、経済効果も上がるでしょう。

この思いを皆さんがシェアして、
政府や自治体の関係者を動かしてくれるとありがたいです。

ちなみに、「ミシュランの三つ星」を獲得したスペインの著名なレストランがコロナの影響で廃業に追い込まれたそうです。

(薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

ご投稿をお待ちしています。

(薫風士)

貴方にとって「声なき声」とは何でしょうか?
安倍政権が賢明な政策を推進することを祈っています。
「亀鳴くや声なき声を聞けよとて」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/12/post-e4bd.html
をご覧下さい。

高浜虚子が「初夢の唯空白を存したり」を詠んだのは昭和18年です。
この句は虚子が戦時下に詠んだ俳句を集めた「六百句」に掲載されています。
(『六百句』高浜虚子」
http://www.aozora.gr.jp/cards/001310/files/51840_59625.html
参照)
これは虚子が初夢をありのままに詠んだ俳句でしょうが、
戦時下で言論の自由が奪われ、反戦的と見做されることは何も言えず、
「唯空白」と表現したものと解釈するのは穿ちすぎでしょうか。
「兵送る初凪」という俳句に対する高浜虚子の句評をご覧下さい。
(「戦時中の高浜虚子・文芸家としての良心」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2015/02/post-0c81.html
参照)
それとも、高浜虚子の潜在意識に「色即是空」の概念があったからでしょうか?
(「俳句談義(1)虚子辞世句の解釈」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2015/01/post-4121.html
参照。)

トランプ大統領の為政で悪夢にうなされることにならないことを祈っています。

英国が国民投票の結果EUを離脱することになり残念なことです。
米国の大統領選挙でトランプ氏がもしも勝利することになれば、
世界各国の右傾化が更に促進されて帝国主義的覇権主義に逆流することになるのではないか、
民主的な地域の拡大・統合への理想的な動きが阻害されることになるのではないか、
と危惧しています。
世界大戦の多大な犠牲に対する反省から生まれた平和憲法の基に、
日本は軍事力でなく技術力と国民の努力で経済発展を実現し、
世界平和のためにも貢献してきました。
このような日本の戦後の基本的な流れを逆流させてはなりません。
7月10日の参議院選挙は老若ともに棄権せずしっかり考えて投票しましょう。

歳時記は2016年1月にホトトギスの次の句などが追加され更新されている。
「初夢を忘れたるよりよき目覚め」(稲畑汀子)
「猿に食はせたき初夢でありにけり」(稲畑廣太郎)

コメントを投稿