« 2019年12月 | メイン | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

令和初の大相撲初場所 (俳句と写真)

     

令和初の大相撲初場所は炎鵬正代などの平幕力士が健闘し、特に徳勝龍(33歳)が大関貴景勝に勝ち14勝1敗で初優勝し、両横綱(白鵬鶴竜)休場の千秋楽にも拘わらず、相撲ファンを沸かせました。

貴景勝(11勝4敗)には是非とも横綱を目指して精進してほしいものです。

怪我の影響で5勝10敗となった豪栄道(33歳)が大関在位33場所の記録を残して引退することになったのは残念ですが、親方として後輩の育成に頑張ってほしいですね。

徳勝龍には優勝インタビューの台詞通り「まだ33だ」と、怪我をしないで春場所も頑張ってくれるものと期待しています。

ちなみに、仏教では「観世音菩薩は衆生を救済するために33の姿に変身する」との言われがあります。

   

俳句はテレビを見ながら作って楽しむこともできます。 

薫風士の川柳もどきの俳句と写真(NHK・TV画面)をご笑覧下さい。

  

・身贔屓に一喜一憂大相撲

・大相撲明暗分かつ三十三

初場所の巨体包帯痛々し

・初場所の幕尻優勝男泣き

・監督を偲び涙の徳勝龍

・初場所や力士もファンも笑い泣き

・大関や相撲は芦屋酒は灘

     

Dsc_0233_2

Dsc_0235

Dsc_0237

Dsc_0240

Horizon_0002_burst20200126173725925

2020年1月30日 (木)

吟行の写真俳句(2019総集編)

   

 Click here to see "Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee" 

    

(各タイトルのURLをクリックして記事をご覧下さい。)

  

小春日のふれあいカフェ交わす笑み

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/12/post-11c3.html

 

王子動物園吟行 

(まんぽ俳句と写真)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-f054.html

 

「小春」と「凩」

(嵯峨野吟行の俳句と写真)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-259d.html

 

蜘蛛の俳句と写真 

<即位礼に思うこと>

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/10/post-3ff1.html

     

秋声や芭蕉館への句碑の路

(大垣吟行の俳句と写真)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/09/post-efc0.html

  

句に遊びドライブ旅行秋高し

(山口吟行の俳句と写真)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/09/post-4a8f.html

 

(まんぽ俳句) 

「蝉」「空蝉」「蝉時雨」

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/08/post-5b34.html

 

「貴船神社」と「川床」

(貴船吟行の俳句・写真集)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/07/post-5b4b.html

 

俳句と写真:

「紫陽花」「七変化」「あじさゐ」

(神戸市立森林植物園)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/06/post-70ee.html

 

俳句の鑑賞:

田ステ女俳句ラリーに参加して

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/05/post-8cc8.html

 

平成最後の「花鳥同人俳句会」に参加して

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-7a47.html

 

「世界の梅公園」の「梅見」

(写真と俳句)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/03/post-9d23.html

 

「探梅」・「観梅」の俳句と写真

(神戸市・岡本梅林公園)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/02/post-6d05.html

 

大相撲「初場所」の俳句

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/01/post-f57e.html

 

2020年1月24日 (金)

寒晴れの歩こう会や「まんぽ」の句

   

119日の「歩こう会」は、大寒の前日にもかかわらず、穏やかな絶好の吟行日和に恵まれました。

薫風士の「まんぽ俳句」と写真を掲載させて頂きます。

ご笑覧下さい。

(写真はタップして拡大できます。青色文字をクリックすると、歳時記など関連の記事をご覧になれます。)

  

寒晴れを女のせいに晴れ男

寒晴れや巨石を祭る岩神社

・談笑の途絶え瀬音や落葉

・倒木を跨ぐか潜る落葉

濡れ落葉滑り防止の古タイヤ

・溜池のを目指して転ぶ老

・老に寒の吟行峠越え

・手分けして作る豚汁歩こう会

・豚汁を里野山家で煮る

・豚汁のロケットコンロ焚き加減

冬ぬくし里野山家五穀飯

・山越えて豚汁愛ずる歩こう会

・豚汁や胃無き老躯も愛でてをり

待春や里野山家の狭庭の美

手入れ良き寒の里山漫歩道

・美味きもの里野山家吊し柿

    

この日は、スマホの万歩計によると、16,000歩余り歩いていました。

  

Dsc_0101

    

Dsc_0102

    

Dsc_0108

    

Dsc_0112

    

Dsc_0116

    

Dsc_0118

    

Dsc_01182

    

Horizon_0002_burst20200119122433282

    

Dsc_0131

    

Dsc_01342

    

Dsc_0137

Dsc_01402

Dsc_0223

    

Dsc_01272

    

Dsc_0125

Dsc_0146

    

Dsc_0153

2020年1月17日 (金)

1月19日(日)の「まんぽ俳句会」参加募集

   

・「ふるふる」で句友募ろう「歩こう会」 

     

1月19日の「三田市民歩こう会」に参加して、

俳句に興味のある方々と俳句のお話をしたり、

貴方自身の思いを俳句にしたり、

「まんぽ」を楽しみましょう。

貴方の思い出となる俳句を作りましょう。

俳句は自分の思いが表現できればよいと割り切って気軽に作りましょう。

     

「三田市民歩こう会」は当日朝8時の天気予報で雨天の場合は中止ですが、今日の週間天気予報では「曇時々晴」です。

幸い、「晴れ男」「晴れ女」の参加希望者が増えたせいか、

まんぽ日和・吟行日和」になりそうです。

   

(集合日時) 

  1月19日(日)午前9時 三田市役所正面玄関前

   

(歩こう会・まんぽコース)

 市役所→杉ヶ丘バス停+++切詰バス停→岩神社→畦倉池→NPO里野山家(豚汁昼食)→高売布神社→つくしの里→木器バス停→三輪バス停 

(歩行距離:約8km

  

参加費用(バス代等の実費)・その他の詳細は、

ここをクリックして「三田市民歩こう会」のホームページをご覧下さい

「まんぽ俳句会」の趣旨・その他の詳細については、

ここをクリックしてご覧下さい

     

実費以外の参加料や予約は不要です。

  

・「ふるふる」で句友募りて初句会

  

「まんぽ俳句会」に参加ご希望の方はご連絡頂けるとありがたいです。

  

(発起人:薫風士 090-1229-2021)    

   

Dsc_0015

2020年1月15日 (水)

「松納」と「とんど祭り」

         

松納」は関西では1月14日(関東は1月6日)です。

地元の自治会主催の「とんど祭り」は13日(成人の日)に行われ、豚汁が振舞われました。

 

下記の拙句と写真をご笑覧下さい。

  

・振舞の豚汁美味しとんど焼き

・豚汁の満たす胃の無き老いの腹

・子供らに焼いてやりとんど焼き

・豚汁も焼藷も食み男の子

・老幼の満ち足りし顔とんど焼

    

Dsc_0019

Dsc_0017

2020年1月14日 (火)

飛び立つや枯葉に見えし群雀 (「成人の日」の「まんぽ俳句」)

      

掲題の俳句は、木の枝に無数の群雀(むらすずめ)が留まっていたが、スマホで写真を撮ると少し離れたところにある別の木に一斉に飛び移ったのを詠んだ「まんぽ俳句」です。

下の写真をタップ(クリック)して拡大してご覧下さい。

枯葉に見えたものがであることが分るでしょう。

 

今日は「成人の日」です。

新成人がそれぞれの道に希望を持って飛び立ち、幸せな人生を送ってほしい」という思いを即興句に詠みました。

   

・飛び立つや新成人のそれぞれに

   

ちなみに、「群雀」は笹葎(ささむぐら)を塒(ねぐら)にしているようです。

ご参考までに、「枯葉」は冬の季語ですが、「葎」は夏の季語です。

    

Dsc_0006

Dsc_0008

Dsc_0005

2020年1月12日 (日)

初電車どこもかしこもスマホ族

   

 ・重宝なスマホのアプリ初暦

   

(「初電車」や「初暦」は新年の季語です。アイポッドスマホの違いはWi-Fi必要性の有無ぐらいと思っていましたが、インターネット検索やメール、写真撮影など、性能が進化していて、「まんぽ俳句」に活用出来そうです。)

   

 春着の女何を見てるかスマホ手に

   

(この俳句の「女」はリズムを整えるために「め」と読みます。「春着」は新年の季語です。)

  

 ・優先席稚児笑み返し冬ぬくし

   

「まんぽ俳句会」の理念を23の俳句に込めました。

「ハイク・俳句・はいく」

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/12/post-916a.html

をご覧下さい。

   

(薫風士)

2020年1月 8日 (水)

(改定版) 俳句談義(9): 「雛祭り」の俳句を集めました

   

33日は雛祭りである。高浜虚子の次女、星野立子(明治36年~昭和59年)の忌日(立子忌)でもある。俳句では「立子忌」を「雛の忌」や「ひひなの忌」としている人もいる。また、この日は日本ペンクラブの提案で「平和の日」とされている。     

          

歳時記の「雛祭り」「雛人形」「雛あられ」などの句はここをクリックするとご覧になれます。

ここ(データベース)をクリックすると現代俳句協会の「雛」の句がご覧になれます。      

   

575筆まか勢」というブログに立子忌の句 があった。   

当時、立子は女流では中村汀女橋本多佳子三橋鷹女とともに四Tと称された。   

   

星野立子は次の雛の句を作っている。    

・ 何といふ雛よと問はれ桃山と

・ 彼の雛の思ひ出追ふも悲しけれ

・ 雛飾りつゝふと命惜しきかな

   

立子の俳句としては「しんしんと寒さがたのし歩みゆく」が山本健吉の「定本 現代俳句」にも句評があり印象に残っている。  

              

高浜虚子は「雛より小さき嫁を貰ひけり」という句を作っている。    

「雛より小さき嫁」とはどういうことか、「許嫁」のことかも知れないと思って、その背景を知るために虚子一族の「雛」の句をインターネットで検索してみた。残念ながら、そのような手掛かりは無かったが、目黒雅叙園の「百段雛まつり日本最大級の雛人形が展示されているという記事があった。そのような大きな雛人形を念頭に詠んだ句なのかも知れない。

いずれにせよ目的はかなわなかったが、折角調べたので参考までに下記に記載する。    

         

虚子(「ホトトギス」2代目主宰)の句

・ 雛あられ染める染粉は町で買ひ

・ 美しきぬるき炬燵や雛の間

・ 山里の雛の花は猫柳

・ 天井にとどけ雛の高御座

・ お茶うけの雛のあられに貝杓子

・ カレンダーめくりあらはる雛の日

・ 老いて尚雛の夫婦と申すべく

・ 叱られて泣きに這入るや雛の間

・ もたれ合ひて倒れずにある雛かな

・ 春雷や女ばかりの雛の宿    

          

星野椿さん (立子の長女・「玉藻名誉主宰)の句

・ 表紙絵も玉藻雛や立子の忌 

        

高木晴子晴居」主宰の

・ 皆老いて雛の客とも思はれず    

    

高浜年尾 (虚子の長男・「ホトトギス」3代目主宰)の句   

・ 燭台の倒れ易さよ雛かざる

・ 燭台の灯なれや雛浮び見ゆ

・ 老いゆくは淋しきものよ雛祭

・ 雛の灯を今宵の客に灯しけり

・ 雛の間の更けて淋しき畳かな 

         

 稲畑汀子さん (年尾の次女・「ホトトギス名誉主宰)の句

鎌倉好き集まれ! おひなさま 鎌倉古陶美術館

・ 飾られて仮住も亦雛の宿

歳時記「雛納」)

・ 今日のためなほ納めずに置く雛

・ 雛の客あり雛をさめ又先に

・ 雛の忌と思ひ遥かへ心置く

・ 雛飾る娘の手伝ひもあてにして

・ 飾るより留守をあづける雛となる

・ 雛納めゐたるロビーを通りけり

・ 一筋の髪も乱さず雛納    

         

稲畑廣太郎さん (虚子の曾孫・「ホトトギス」主宰)の句

歳時記・雛納1

・ 雛納せざるをちらと見て出社

・ 雛納して洋室となりにけり

歳時記・雛納2

・ 雛納してより吾娘の嫁ぎゆく

・ 雛納して来年を近付ける

・ 悌を重ね合せて雛納

・ 雛納君との過去も納めけり

・ 雛の目光りて納められにけり

・ たつた今過去捨て雛を納めけり           

             

坊城中子さん (年尾の長女・「花鳥」名誉主宰)の句

・ 骨壷を置きて雛を並べけり     

                 

坊城俊樹さん (虚子の曾孫・「花鳥」主宰)の句句集「零」

・ ひひなの忌雛より小さき人のゐし

・ 飾らるる雛の顔と生れ出づ

         

上野章子 (虚子の六女・「春潮」初代主宰)の句

・ 手のひらに色を遊ばせ雛あられ

          

因みに、正岡子規はどのような「雛」の句を作っているかインターネットを検索したところ、まず「春星」のHPに「子規の俳句」があり、「子規の俳論俳話」というサイトがあった。しかし、ざっと見たところでは、子規の「雛」の句は「雛あらば娘あらばと思ひけり」以外には見当たらなかった。 

2020年1月 7日 (火)

明けましておめでとうございます。「あなたの俳句」を「まんぽ俳句会」でエンジョイしましょう!

   

「三田市民歩こう会」(1月19日)に参加して、

あなた自身

「まんぽ俳句」を楽しみましょう!

ここをクリックして「1月のまんぽ俳句会」のコメント欄にご投稿下さい。

  

有馬冨士望む寺苑や冬桜

  

この俳句は11月の「三田市民歩こう会」に参加して、

花山院で詠んだ拙句です。

   

令和初正月の拙句と写真を下記に掲載します。

   

・平和なる令和2年や初日の出

・近況を写真俳句に年賀状

初乗りどこもかしこもスマホ族

初暦スマホ買おうか買うまいか

・あれこれと置き場所思案初暦

屠蘇祝う御節は子等の贈り物

恙なく令和を生きん初詣

初詣令和の平和祈りけり

初空やまんぽ俳句を口ずさみ

・初空を写し「ひとはく」池青し

冬木の芽膨らみ初むる空の青

・冬木立シルエットにし初夕日

初詣まんぽ俳句に遊びもし

初詣往きは車に帰路漫歩

正月箱根駅伝吾漫歩

・正月の風に「ひとはく」旗三つ

・正月や凧飛び交う園ボール飛ぶ

初暦日記代わりの俳句詠む

         

ハイク・俳句・はいく

をご笑覧下さい。

(薫風士)

 

Img_2117

 

Img_6494

Img_6488

Img_6487_2

Img_6485

Img_6504

Img_6524

Img_6440