« 俳句の国際化: 嵐雪の辞世句 | メイン | 俳句を楽しもう! 「寒」「冬晴れ」の俳句 »

2019年1月20日 (日)

俳句に親しむ <『待春』の俳句>

  

Img_2218・少年を枝にとまらせ春待つ木 (西東三鬼

掲句は合本歳時記の例句ですが、「待春」は「春近し」よりも主観的で、待ちわびる気持ちが強い(冬の季語)、と解説されています。

  

掲載の写真はカラー図解日本大歳時記の季語「春待つ」の解説ページです。写真にない部分には、「目を開いて眺めた風景というよりも、瞼のうらに思い描くとき。ことに雪深い地では、待春の情はひとしお切実なものがあろう。(飯田龍太)」とあります。

      

筆まか勢」に「春待つ」の例句が無数にありますが、盲目の俳人・緒方句狂の例句「我が杖も春待つものゝ一つかなが目にとまりました。この句は、盲目などの事情で作者にとって杖が不可欠のものであることを知って初めて作者の思いが十分理解できる一例でしょう。

高浜虚子時ものを解決するや春を待つ」という句を40歳の時(1914年、大正3年)に作っています。この年には第一次世界大戦勃発など大事件が次々と発生しています。

   

歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに「待春」の俳句を抜粋・掲載させて頂きます。

 

(歳時記「待春」の詳細や関連の記事は青色文字をクリックしてご覧下さい。)

 

・待春や氷にまじるちりあくた (河合智月

・待春の心が先に歩きをり (稲畑汀子

・待春や出窓に並ぶ植木鉢 (木村てる代)

・待春の伊豆の波音聞く宿り (安原葉)

・待春や日差し明るくなればなほ (大橋晄)

   

最後に拙句を掲載させて頂きます。

待春や夢を求めて果てしなく (薫風士)

  

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34166220

俳句に親しむ <『待春』の俳句>を参照しているブログ:

コメント

緊急事態宣言が11都府県に拡大されましたが、新型コロナウイルス対策は正直者が報われるように、次のような対策を是非とも推進してほしいものです。

「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策Bグルメ店」とか、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策認定店」など、
実態に応じ適切な呼称でコロナ対策を奨励する。
 
「認定基準」は「一律に5人以下」などとせず、「店ごとの定員」や「部屋ごとの定員」などを規定して、
一般に公表するとともに、店の来客が自然にチェック出来るように店頭に公示することを義務化し、
公式のパトロールなどのチェック体制も整備する。
認定基準を順守しなかった店や補助金需給申請に偽りがあった場合の罰則等をしっかり規定する。
(現在の緊急事態宣言に基づき安易な罰則を規定することは逆効果となる恐れがあり、反対します。)
 
このような新型コロナウイルス対策を是非とも推進してほしいものです。
そうすると、
「安いから行くのではなく、安心できるから行く」という客が増えて、
真面目に営業している店が繁盛することになり、経済効果も上がるでしょう。

(参照) 大寒の俳句(コロナ禍の緊急事態宣言・国際同盟に思うこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/01/post-fb08.html

トランプ米国大統領の「アメリカファースト」(実は「ミーファースト」)の政権がようやく終ることになりホットしていますが、次期大統領が余程しっかりした政治をしなければ、4年後が更に恐ろしいことになるでしょう。

・大寒やコロナ禍憂ふポピュリズム (薫風士)

菅首相は、「GoToトラベル」の年末年始の全国的一時的停止に関連して、「私も素人。専門家の提言に基づいて決めている」と説明したとのことですが、
「学術会議」のメンバー選定については、素人でなく、科学的ないし専門的知識・能力があるということでしょうか?
「まやかしの仕方」は安倍政権から引き継がないで、「透明性」と「言葉の重み」を尊重して下さい。

「トランプ・安倍」体制の日米同盟関係に捉われず、「バイデン・菅」体制により日本の平和・世界の平和を堅持すべく、政治に対する国民の信頼を回復してほしいものです。

コロナ対策を政治家のみに任せておけません。
皆でアイデアを出し合いましょう!

「菅首相の忘年会問題の是非とコロナ拡散防止対策緊急提言」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/12/post-98f8.html
をご一読下さい。

(薫風士)

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。
「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html
をご一読下さい。
「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かりますよ。

(薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

ご投稿をお待ちしています。

(薫風士)

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html

「令和」への期待を込めて書いた「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

コメントを投稿