« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「蝉」(23/300 )

       

Img_4091

Img_2205

 

 

・閑さや岩にしみ入蝉の聲

 (shizukasa-ya iwa-ni shimiiru semi-no-koe)

 

(A)

amid the stillness

the rocks are penetrated

by cicada songs

 

(B)

silence_

penetrating the rocks,

cicada voices

 

(C)

the stillness_

the voice of a cicada

seeping into the crags

   

  

(A) 575訳、(B)はStephen Addiss訳、(C) L.P. Lovee訳です。(A) (B) も「しみ入る」を「penetrate」と英訳していますが、「penetrate」には「突き進む」というニュアンスがあり、「しみ入る」の訳語としては(C)の「seep into」の方が適切な気がします。また、「蝉の声」を「cicada songs」や「cicada voices」と複数にしていますが、奥の細道の解説などを読むと、山寺の静寂の中で一匹の「ニイニイゼミ」が岩に浸み込むような声で鳴いている情景を詠んだものと思います。従って、(C) のようにその句意が明瞭になるように翻訳するのが良いでしょう。

   

余談ですが、先ほどNHKテレビニュースで米・朝首脳会談の状況を放映していました。世界平和を維持するために首尾よく会談が進展することを祈るばかりです

 

 

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「蛙」(15/300)

     

Img_4291

Img_4293

  

 

                               冒頭の写真はカラー図説日本大歳時記の「蛙」の解説ページです。写真はクリックすると拡大します。

  

    

・古池や蛙飛びこむ水の音

 (furuike-ya kawazu-tobikomu mizuno-oto)

 

            (A)

            by an ancient pond

            a frog leaping into it

            the sound of water

  

            (B)

            The old pond;

     A frog jumps in_

     The sound of the water.    

   

            (C)

            a sound of a frog

            jumping into water_

            the old pond

    

(A)  は「575訳」ですが、5-7-5の音節に拘り、説明的な翻訳になって俳句の簡潔さが損なわれています。

(B)はRobert Aitken訳、(C)はL.P. Lovee訳です。

いずれも「芭蕉の俳句『古池や』の英訳を考える」で紹介したものですが、両者の翻訳の違いは、芭蕉がこの俳句を作った背景の解釈の違いによるものです。すなわち、(B)は一般的な解釈(古池の傍で蛙を見て詠んだもの)により妥当な翻訳ですが、(C)は「蛙の飛び込む水音を聞いて詠んだもの」と解釈した試訳です。いずれにせよ、この俳句は芭蕉が古池の心象を詠んだ創作俳句であり、実際の写生句ではないかもしれません。

なお、この俳句の英訳は無数にあり、複数の蛙が飛び込んだ音と解釈した英訳もありますが、静けさの中に一匹の蛙が「チャポン」と飛び込み、また静けさが戻った情景を想像して翻訳した方が良いと思っています。

  

あなたなら、どのように翻訳しますか?

  

ちなみに、ここをクリックすると芭蕉の俳句「古池や」の英訳32件 (小泉八雲訳やドナルド・キーン訳など)をご覧になれます。

  

  

 

2019年6月29日 (土)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「花橘」(22/300)

  

駿河路や花橘も茶の匂ひ

(surugaji-ya hanatachibana-mo cha-no-nioi)

 

(A)

on the suruga

road, orange blossom scent mixed

with that of the tea

 

(B)

the Suruga road_

orange blossoms also smell

like the scent of tea

 

(A)は合理的な解釈をした575訳です。(B)は原句の俳諧味を生かすべく文字通りに英訳したLovee訳です。

  

 

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「あやめ草」(21/300)

       

・あやめ草足にむすばん草鞋の緒

(ayamegusa ashini-musuban waraji-no-o)

 

(A)

irises, it seems,

are blossoming on my feet;

sandals laced with blue

 

(B)

the sweet flag_

I will tie as a thong of straw sandals

at my feet

  

(A) は「575訳」ですが、「あやめ草」は「菖蒲」のことですから、「irises」(=花菖蒲)は誤訳です。(B) は「奥の細道」の解説に基づく「Lovee訳」ですが、一応の試訳です。

芭蕉俳句全集」の解説には、「あやめ草を葺く日の今日民家ではそれを軒にさしますが、旅に出ている私は加右衛門に貰った紺の染め緒を草鞋の緒に結びましょう。加右衛門に対する感謝の吟。とあります。また、「奥の細道朗読」によるとイメージ句としての創作とのことです。

いずれにせよ、実態のわからない俳句は文字面どおりに翻訳して、読者の解釈に委ねるしか仕方がありません。

  

 

  

2019年6月28日 (金)

俳句と写真:「紫陽花」「七変化」「あじさゐ」

  

Img_4312

Img_4394_2

Img_4389_2 

冒頭の写真は先日神戸市立森林植物園に行った際に撮った「園内マップ」と紫陽花です。

森林公園木の化石モリアオガエルなど、写真に興味がれば最後の写真集をご覧下さい。写真はクリックすると拡大します。

 

兵庫県の高齢者は有難いことに入園料が無料でした。

見事な紫陽花が咲き誇っている小径を散策し、満足しました。

今後も季節ごとに訪れて森林浴をし、健康維持に努めたいと思っています。

  

・紫陽花や幾千万年経し化石 (薫風士)

・紫陽花をバックに自撮り若夫婦 (薫風士)

・紫陽花の小径行き交う笑顔かな (薫風士・L.P. Lovee訳

  (smiles; going and coming; the path of hydrangea)

      

歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。

  

紫陽花1

・かなしみは時が癒せり濃紫陽花 (明田和子)

   

紫陽花2

紫陽花や青より昏るる小径かな (河合笑子)

  

紫陽花3

紫陽花や癒しの青き雨雫 (原田喜久子)

  

紫陽花4

紫陽花の濡れつつ色を尽しけり (横溝幸子)

 

紫陽花5

紫陽花に夜の暗さの籠りをり (飛高隆夫)

 

紫陽花6

蝦夷松に蔓紫陽花の絡みたる (廣瀬雅男)

 

紫陽花7

気詰りの眼のやりどころ濃紫陽花 (中山純子)

 

紫陽花8

紫陽花や藪を小庭の別座敷 (芭蕉

 

紫陽花9

朝の雨さと晴れ渡る紫陽花忌 (山下良江)

  

七変化1

七変化猫が伸びする塀の上 (鈴木多枝子)

 

七変化2

・七変化先月よりは三変化 (稲畑廣太郎)

 

額の花

路地越しのスカイツリーや額の花 (原和三)

  

あじさゐ1

あぢさゐは絶対藍の礼讃派 (大橋敦子)

  

あじさゐ2

あぢさゐの弾む影あり鯉の池 (関まさを)

  

あじさゐ3

あぢさゐや寺の奥なる芭蕉句碑 (池田節)

   

   

この化石木は神戸層群で発見されたものです。

Img_4393

Img_4393_2

Img_4321_2

Img_4335_2

Img_4326_2

Img_4313

Img_4320

2019年6月27日 (木)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「青柳」(12/300)

   

 ・青柳の泥にしだるる潮干かな

   (aoyagino doronishidaruru shiohikana)

 

       (A)

        the green willow trees

        are dripping into the mud

now the tide is out

 

      (B)

       the ebb tide_

       green branches of the willow

       drooping to the mud

               

     (C)

      the green willow branches

      drooping to the mud_

      the ebb tide

           

A)はホワイト氏訳ですが、5-7-5音節に拘り、原句の句意が正確に翻訳されていません。(B)と(C)は L.P. Loveeの素直な英訳ですが、「潮干」と「青柳」のどちらを先に芭蕉が認識したかの違いを語順で表しています。音節は3-6-56-5-3ですが、いずれも(A)よりも俳句らしい簡潔なリズムになっていると思います。

なお、今後は「575 The haiku of Basho」掲載のホワイト氏の翻訳を「575訳」と略称します。

  

  

  

2019年6月26日 (水)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「雲雀」(20/300)

   

Img_4294_2

Img_4295                         

                                           冒頭の写真はカラー図説日本大歳時記の「雲雀」の解説ページです。

写真はクリックすると拡大します。

 

・原中や物にもつかず鳴雲雀

 (haranaka-ya mononimo-tsukazu naku-hibari)

 

              (A)

              out over the plain

              free of any attachment,

              the sky larks, singing

 

              (B)

              over the field

              without clinging to anything,

              a skylark singing

 

(A) は「575訳」ですが、「ものにもつかず」を誤訳しています。また、雲雀通常一羽のみ上昇して鳴くものですから、「skylarks」と複数にするのは実態的に不適切です。

(B) は実態を考慮して素直に翻訳したLovee訳ですが、4-7-5音節になっています。

  

2019年6月21日 (金)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「蟹」(19/300)

  

 ・さざれ蟹足はひのぼる清水哉

   (sazaregani ashi-hainoboru shimizu-kana)

 

(A)

a very small crab

has found its way up my leg

in clear stream water

 

(B)

a tiny crab

creeps up on my leg_

the clear water

  

(A) は「575訳」で散文的になっていますが、(B) (Lovee訳)は簡潔で俳句らしい翻訳です。

 

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「涼し」(18/300)

   

・潮越や鶴はぎぬれて海涼し

 (shiogoshi-ya tsuruhagi-nurete umi-suzushi)

 

            (A)                 

            crossing at low tide

     the legs of the cranes are wet

     with the sea’s coolness

 

    (B)

    carrying out “shiogoshi”,

    with their bare legs wet_

    the cool sea

 

    (C)

           at the “shiogoshi”

           my bare legs are wet_

    the cool sea

   

鶴脛(つるはぎ)」とは「衣の短い裾からすねが長く現れること」、また、その「すね」のことです。

   

A)(「575訳」)は「鶴脛」を「鶴の脛」と解釈した翻訳ですが、(B)(Lovee訳)では「鶴脛」を定義どおりの意味にとり、「人が潮越をしているのを見て詠んだもの」と解釈して翻訳しました。

「潮越」とは、広辞苑によると「潮水をひき導くこと」ですが、「芭蕉俳句全集」の「奥の細道」の解説のように、「浪が打ち入る所」と解釈すると、芭蕉が潮越を歩いて詠んだものとして最も俳句らしい翻訳ができます。実態に即した最適の翻訳は(C)(Lovee訳)でしょう。

いずれにせよ、「潮越」に対応する英語の言葉はないので、そのままローマ字で表記せざるをえません。

  

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「五月雨」(17/300)

  

Img_3634

Img_3628

冒頭の写真は姫路城の傍にある動物園で撮った鶴です。

  

・五月雨に鶴の足みじかくなれり

 (samidare-ni tsuruno-ashi mijikaku-nareri)

  

           

        (A)

        heavy summer rain

 has caused the cranes’ legs

 to be very much shorter

 

(B)

       the rain of rainy season

       has made the cranes’ legs

look shortened

 

(C)

the legs of cranes

look shortened_

the seasonal rain

   

A)は「575訳」で散文的英訳になっていますが、芭蕉の原句が散文的表現なので是認すべきかもしれません。

B)と(C)は「Lovee訳」ですが、(C)の方が簡潔で俳句らしい翻訳です。

なお、「五月雨」は陰暦5月の長雨(「梅雨の雨」)のことですが、は「冬」の季語です。現在では鶴は北海道や動物園でしか見ることが出来ませんが、芭蕉がこの俳句を詠んだ頃には沼地などで梅雨時にも野生の鶴を見ることが出来たのでしょうか? それとも、この俳句は俳諧味を出すための全くの創作でしょうか?

     

 

2019年6月20日 (木)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「真桑瓜」(16/300)

  

・初真桑四にや断ン輪に切ン

(hatsu-makuwa yotsu-niya-tatan wani-kiran)

           

            (A)

            the year’s first melon;

            how should i cut it; in four

            or in round slices

 

            (B)

            shall I cut in four

            or in round slices?

            the season’s first melon

 

A)は「575訳」です。(B)はL.P. Lovee訳です。「初真桑」の「初」の英訳は、旬の初物という意味で「year’s first」より「season’s first」と訳する方がよいでしょう。

本間美術館の記事によるとこの俳句は連歌の発句です。

この連歌に興味があれば、ここをクリックしてご覧下さい

  

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「みそさざい」(14/300)

    

Img_4288

Img_4290

   

   

冒頭の写真はカラー図説日本大歳時記の「みそさざい」と「梅」の解説ページです。写真はクリックすると拡大します。

        

    ・世ににほへ梅花一枝のみそさざい

(yoninioe baikaisshino misosazai)

           

            (A)

            sweet-scented world;

            on a branch of plum blossom

            a wren is perching   

 

            (B)

            Be fragrant in the world!

            a wren

            on a branch of plum blossom        

 

(A) は「575訳」ですが、「世ににほへ」(命令形)を無視した誤訳です。

(B) は原句の意味を忠実に訳出しています。

芭蕉俳句全集」によると、この俳句は明石玄随(医師)を称えた挨拶句とのことです。したがって「みそさざい」は玄随の比喩であると解釈できます。

なお、「鷦鷯」は冬の季語、「」は春の季語です。

  

 

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「ほととぎす」(13/300)

Img_4282_2

Img_4283

  

  

  

13) ほととぎす消え行く方や島一つ

          (hototogisu kieyukukataya shimahitotsu)

         

          (A)

          where a small cuckoo

          disappeared in the distance

          a single island

  

          (B)

          in the distance where

   a little cuckoo disappearing,

          a single island

 

A)は「575訳」ですが、「消え行く」を「disappeared」(過去形)と誤訳しています。

B)は「消え行く」を訳出するために「disappearing」(進行形・be動詞省略)としました。

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「春風」 (11/300)

   

Img_4091

Cimg5392

 

 ・春かぜやきせるくはえて船頭殿

  (harukazeya kiserukuwaete sendo-dono)

          

     (A)

          spring breeze_

          with a pipe in his mouth

          Mr. boatman

 

         (B)

          with a pipe in his mouth

          Mr. boatman_

              spring breeze

  

        (C)    

         a pipe in his mouth,

         mister boatman is smoking;

         a breeze in springtime

 

 (C)はホワイト氏の英訳ですが、5-7-5の音節にするために動詞が使われ、句意はわかりやすいですが、簡潔さという俳句の特徴・良さは損なわれています。

A)と(B) はL.P. Loveeの英訳ですが、音節に捉われず俳句の簡潔さを優先した翻訳です。  

俳句は好き好き、翻訳も好き好きです。(B)が良いと思いますが、貴方はどの英訳が良いと思われますか?

   

余談ですが、「春風」といえば高浜虚子春風や闘志抱きて丘に佇つ」という俳句を思い出します。同じ思いで俳句の翻訳をしています。

   

  

2019年6月16日 (日)

Bashō’s Haiku in English and Japanese (6/300) (Revised)

     

・岩躑躅染る泪やほととぎ朱 (6)

  iwatsutsuji somuru namidaya hototogisu

  

 (A) Translation by John White & Kemmyo Taira Sato

  rock azaleas

  so it seems, have been dyed red

  by the cuckoos’ tears

  

(B) Translation by L.P. Lovee

the rock azalea_ 

  dyed with the tears of

  a cuckoo

   

(C) Translation by L.P. Lovee

  the tears 

  dyed with the rock azaleas_

  a cuckoo

         

ほととぎす」には「杜鵑」「時鳥」「子規」など色々の当て字があります。一般的に「ほととぎす」の詩歌は「鳴き声」に焦点を当てますが、芭蕉は「ほととぎ朱」と書き、色に焦点を当て新鮮味を出したものでしょう。 ちなみに、「血の涙」という言葉もありますが、評伝・正岡子規(柴田宵曲著)によると、正岡子規は俳号「子規」の元になった五言絶句で「杜鵑が血を吐いて鳴く」という趣旨のことを詠んでいます。

(B)の翻訳が最適でしょうが、文法的には(C) のごとき翻訳も可能です。

   

2019年6月15日 (土)

俳句の鑑賞 「滝音」・「滝の音」

    

Click here to see “Bashō's haiku in Japanese and English" (Translation by L. P. Lovee)

    

Img_4284

Img_4285

冒頭の写真はカラー図説日本大歳時記の「滝」や「山吹」のページの一部です。画面をクリック・拡大すれば解説記事をご覧になれます。

    

芭蕉の俳句「ほろほろと山吹ちるか瀧の音をインターネットで検索すると、目についた限り全て「山吹が散る情景を詠んだ俳句」と解釈しています。

そうであれば、芭蕉は「ほろほろと山吹ちるや滝の音」と「や」(強調・詠嘆を表す助詞)を用いたのではないでしょうか? 「山吹ちるか」と「か」(疑問を表す助詞)を用いたのは、滝音を聞いて、「山吹も滝の響きで散ることだろう」と、その轟音を詠嘆したものでしょう。

この句は、従来の俳諧が「滝・清流に山吹」など、絵画や和歌の題材として「視覚」で捉えていたものを「音・聴覚に焦点を当て、「不易流行」を具現する新しい感覚の俳句にしたものでしょう。

  

歳時記(俳誌のサロン)から「滝音」を詠んだ俳句を気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。

      

滝1

水楢の林の深し滝の音 (三澤福泉)

  

滝2

滝音の正面にゐてしづかなり (藤井みち子)

  

滝3

白糸の世にも閑けき滝の音 (渡邊誓不)

  

滝4

滝の音轟き闘志甦る (泰江安仁)

  

滝5

華厳の滝音に聞きしが霧隠れ (奥村鷹尾)

  

滝6

滝となる前のしづけさ藤映す (鷲谷七菜子)

   

滝7

滝茶屋に滝の谺を聞きゐたり (大久保久枝)

  

滝8

滝までは行けず水音に耳澄ます (鈴木圭子

  

滝9

瀧宿の瀧の聞こえてくる電話  (八田木枯)

   

10

庭下駄のまま滝音にいざなはれ (齋藤朋子

   

11

東山音羽の滝の静寂かな (三枝邦光

   

12

詩仙堂の庭の静寂や滝の音 (中川すみ子

   

13

落人の拓きし道や滝の音 (岩田洋子

   

2019年6月12日 (水)

俳句の鑑賞 「ほととぎす」「時鳥」「杜鵑」

   

Click here to see “Bashō's haiku in Japanese and English by L. P. Lovee”   

   

Img_4282

Img_4283

冒頭の写真はカラー図説日本大歳時記の「時鳥」のページの一部です。画面をクリック・拡大して、その解説記事をご覧下さい

芭蕉の俳句「岩躑躅染る泪やほととぎ朱」の鑑賞・英訳に興味のある方はここをクリックしてご覧下さい。    

歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。

     

ほととぎす1

・ほととぎす朝は童女も草を負ふ (水原秋櫻子

・木洩れ日の坂ある生家ほととぎす (伊藤和枝)

  

ほととぎす2

・乳搾る牛舎の夜明けほととぎす (永井雪狼)

・西行の剃髪石やほととぎす (神蔵器)

   

ほととぎす3

・ほととぎす記憶の中の祖母の声 (渡邉友七)

・ほととぎす丹波出石の休み窯 (徳永亜希)

  

ほととぎす4

・ほととぎす上等水兵戦死の碑 (松本平八郎)

・小城下に住みて幸ありほととぎす (浅井青陽子) 

 

ほととぎす5

・急峻の若杉(わかす)峠やほととぎす (浜福惠)

・空白み浅き眠りにほととぎす (森清信子

  

時鳥1

・還らざるもの呼びつづけ時鳥 (山田弘子

・山住みに慣れて未明の時鳥 (指尾直子)

   

時鳥2

・時鳥きよきよじつじつと鳴きにけり (高橋将夫

・一声は花鳥の一詩時鳥 (竹下陶子

  

時鳥3

・露天湯や山気ふるはす時鳥 (和田慈子)

・病棟の深きしじまや時鳥 (木村傘休)

  

杜鵑

真夜中の風呂で聞きいる杜鵑 (藏本博美

  

 

2019年6月 7日 (金)

芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (1)

         

 (Click here to see "the English version by L. P. Lovee".)

Img_4037

Img_4036

先日、「575 The haiku of Basho」の著者John Whiteが共著者の佐藤平顕明氏と来日され、芭蕉の俳句の英訳について議論する機会を得ました。

ホワイト氏は俳句の原則5-7-5音を尊重して英訳を5-7-5 音節(syllable)のhaikuとし、芭蕉が字余りで詠んだ俳句はそれに従って音節を増やすという徹底ぶりで、300句を英訳しています。その労作には驚嘆しました。

ホワイト氏は日本語を理解できないので、佐藤氏の解説を基にして英訳されたそうで、両氏のご努力には敬意を惜しみません。しかし、俳句の本質は5-7-5音の簡潔な詩的表現をすることにあり、日本語と英語の構文や発音などの違いを無視して形式的に音節に拘ることには賛成しかねます。動詞や前置詞・副詞などを使用して音節を増やすと散文的になり、俳句の特徴である「詩的短さ」が損なわれると主張しましたが、ホワイト氏は英語の詩として十分簡潔なhaikuに翻訳していると反論され、議論は平行線に終わりました。

ホワイト氏には94歳のご高齢にもかかわらず翌日の帰国を控えたお忙しい時間を割いて頂いたので議論の矛を収めましたが、言葉の壁を破り俳句の翻訳をすることの難しさの一例として、ご参考までに下記のとおり紹介させて頂きます。

 

・ほろほろと山吹ちるか瀧の音 (芭蕉

 

yellow rose petals

gently, gently flutter down;

waterfall thunder

 

ホワイト氏は、芭蕉が山吹を見て詠んだものとしてこの翻訳をしたとのことで、「滝音の響きと山吹が静かに散る対比が面白い」と感想を述べていました。

この解釈は、疑問を表す助詞「か」を見落としていますが、日本の著名な俳人も文法に気をとめず直感的に句意を解釈する傾向があるので是認すべきかもしれません。この俳句は滝の音を聞きながら、「滝の轟音の響きで山吹が散るのではないか?」と滝音の大きさを詠嘆して詠んだものでしょう。 

そこで、次のとおり試訳してみました。

  

shall yellow rose petals

flutter down?

the thunder of water fall

   

ホワイト氏の翻訳は9語17音節ですが、上記試訳は11語16音節です。語数が増えても「滝の音」を強調するために敢えて「the thunder of waterfall」としました。

英詩のHAIKUとしては試訳よりホワイト氏の翻訳の方が詩的映像が鮮明になり優れていると思いますが、原句の句意を無視することはできません。試訳は1~2行の改行を活かし、間をおいて読むと俳句らしくなります。

芭蕉は「滝と山吹」の従来の取り合わせの焦点を音に当てることにより新鮮味を出し、映像は読者の想像に委ねたものと思います。

ホワイト氏はロンドンの名門大学UCLの教授だったとのことですが、まだまだお元気です。「来年も生きていたら来日し、俳句と仏教について講演するつもりだ」と仰ってました。

芭蕉の俳句を気の向くままに英訳して言葉の壁を破るチャレンジをし、来年もホワイト氏と議論できることを願っています。

 

今後の英訳は折に触れてfacebookにも掲載します。俳句の翻訳に関心のある読者の皆さんからコメントを頂き、「俳句とhaiku」鑑賞の楽しさをシェアして頂けると望外の喜びです。

   

2019年6月 5日 (水)

芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (4)

Basho’s Haiku in English  (5/300)

  

・菜畠に花見顔なる雀哉 

 nabatakeni hanamigaonaru suzumekana  

  

(A) Translation by John White & Kemmyo Taira Sato

  in a field of rape

  with flower viewing faces

  a flock of sparrows

 

(B) Translation by L.P. Lovee

  a plot of rape field,

  with a look of flower viewing

  one of the sparrows

  

日本語には単数・複数の区別が無く、俳句を詠んだ背景が分からない場合は英訳に苦労します。(A)では「群れ雀の全てが花見顔をしている」と解釈していますが、雀は地面にいるときは何かを啄ばんでいるのが普通ですから、「群れ雀の一羽が恰も花見をしているように見えた面白さを俳句にしたもの」と解釈して英訳しました。しかし、一羽だけ雀が居る様子を詠んだものと解釈すると、「one of the sparrows」は「a sparrow」に替えることになりますが、この方が俳句らしい翻訳になります。日本の畠は欧米に比べて規模が小さいので「a plot of」を補足して翻訳しました。蛇足ですが、上記の「rape」は、「強姦」ではなく、「アブラナ」です。