« 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (3) | メイン | 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (6) »

2019年5月28日 (火)

芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (5)

Basho’s Haiku in English   (6/300)

  

・岩躑躅染る泪やほととぎ朱 (6)

  iwatsutsuji somuru namidaya hototogisu

  

 (A) Translation by John White & Kemmyo Taira Sato

  rock azaleas

  so it seems, have been dyed red

  by the cuckoos’ tears

  

(B) Translation by L.P. Lovee

the rock azalea

  seems to be dyed with the tears of

  a cuckoo

 

(C) Translation by L.P. Lovee

  the tears 

  dyed with the rock azaleas_

  a cuckoo

         

ほととぎす」には「杜鵑」「時鳥」「子規」など色々の当て字があります。一般的に「ほととぎす」の詩歌は「鳴き声」に焦点を当てますが、芭蕉は「ほととぎ朱」と書き、色に焦点を当て新鮮味を出したものでしょう。ちなみに、「血の涙」という言葉もありますが、評伝・正岡子規(柴田宵曲著)によると、正岡子規は俳号「子規」の元になった五言絶句で「杜鵑が血を吐いて鳴く」という趣旨のことを詠んでいます。

なお、実態的解釈はともかくとして、文法的には(C) のごとき翻訳も可能です。

  

 

コメント

「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かり、俳句に嵌りますよ。

「(秋彼岸の俳句)夏井先生の添削を添削する(特集)」

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/post-f4d8.html
をご一読下さい。
 
(薫風士)

「英語で分かる芭蕉の俳句」
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/basho300/archives/300-02.html
をご覧下さい。

芭蕉の俳句300句の英訳を国際俳句交流協会のHPに投稿しています。

(薫風士)

「芭蕉俳句300句の英訳チャレンジ」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/haiku-in-english/
をご覧下さい。

木下 聰

(B)の「seems to be」は「to be」を省略して、
単に「seems」とするか、
すべて削除すると簡潔でもっと俳句らしくなるでしょう。

コメントを投稿