« 芭蕉300句の英訳チャレンジ:「雲雀」(20/300) | メイン | 俳句と写真:「紫陽花」「七変化」「あじさゐ」 »

2019年6月27日 (木)

芭蕉300句の英訳チャレンジ:「青柳」(12/300)

   

 ・青柳の泥にしだるる潮干かな

   (aoyagino doronishidaruru shiohikana)

 

       (A)

        the green willow trees

        are dripping into the mud

now the tide is out

 

      (B)

       the ebb tide_

       green branches of the willow

       drooping to the mud

               

     (C)

      the green willow branches

      drooping to the mud_

      the ebb tide

           

A)はホワイト氏訳ですが、5-7-5音節に拘り、原句の句意が正確に翻訳されていません。(B)と(C)は L.P. Loveeの素直な英訳ですが、「潮干」と「青柳」のどちらを先に芭蕉が認識したかの違いを語順で表しています。音節は3-6-56-5-3ですが、いずれも(A)よりも俳句らしい簡潔なリズムになっていると思います。

なお、今後は「575 The haiku of Basho」掲載のホワイト氏の翻訳を「575訳」と略称します。

  

  

  

コメント

コメントを投稿