プレバト 夏井先生の添削を添削する (添削記事特集編)

     

P.S. 2022.10.15

2122

(写真)

4ch.TVの一画面

      

梅沢富美男さんや春風亭昇吉さんの俳句《お題「大谷翔平」》と、キスマイ横尾さんの俳句《お題「檸檬」》について、推敲しました。 

プレバト金秋戦2022』の俳句を考えるをご覧下さい。

           
9
22日のプレバトを見ると、「プレバト俳句 47都道府県 ふるさと王争奪戦」とかいう新企画の「写真俳句」番組でしたが、夏井先生の査定や添削も納得できる興味深い番組でした。

    

「俳句HAIKU」の写真俳句は、プレバトのように写真と俳句とをセットしたポスター用ではなく、「読者が写真を自然に見立てて疑似吟行をする参考になること」を意図して写真と俳句をそれぞれ別に掲載しています。

誤解されないように、念のためにこのP.S.を追加しました。   

          

(P.S. 2022.6.25)

 東国原英夫永世名人や梅沢富美男永世名人等の俳句を推敲しています。 

 青色文字(タイトル)をクリック(タップ)して、その記事をご覧下さい。

元の記事に戻るには、戻る印「←」をタップして操作して下さい。

   

プレバト俳句の推敲《「帰省」と「青葉木菟」》              

プレバト俳句 梅沢富美男氏の『木の葉髪』の推敲を考える

プレバト『春の俳句タイトル戦』について、『学問のすすめ』

俳句の推敲・添削 (冬麗戦2021「春隣」)

      

Dsc_2459_2

(写真)4ch.TV画面の一部分   

  

WEBでプレバトを検索すると、夏井いつき先生を持ち上げる記事ばかりなので、熱さましの記事を書いてバランスをとることも必要だろうと思いながらプレバト俳句を視聴していましたが、プレバト梅沢富美男永世名人の俳句「秋彼岸」の夏井先生の添削が実務派薫風士の目にもイマイチという感じがしましたので、僭越ながら次の通り再添削を提案しました。

「エンタメ番組の俳句に素人が向きになるとは、馬鹿な奴だな」と、冷笑されるかも知れないと思っていましたが、幸い共感のコメントを頂いています。

   

(永世名人の原句)

・口立ての カセットの声 秋彼岸

  

(夏井先生の添削)

・カセットに 父の口立て 秋彼岸

  

「口立て」とは、広辞苑によると、「定まった脚本が無く、俳優同士の簡単な申し合わせで、台詞その他その場の思いつきで演ずる芝居」のことです。 広辞苑によると、「秋彼岸」は、「秋の彼岸会」、「秋分の前後1週間」のことです。  

夏井先生は「秋彼岸」と言えば、「死んだ父のことだとわかるだろう」と断定しています。しかし、永世名人の解説を聞いている視聴者は、この夏井先生の添削に納得するでしょうが、視聴者でない一般の読者は、「秋彼岸に父がカセットに口立てを吹き込んだ」ことを詠んだものと解釈する可能性があります。   

次のように語順を変えると、「亡父の口立てがカセットにある」ことが明瞭になり、誤解の余地がなくなるでしょう。

  

(薫風士の添削)

・カセットに 口立ての父 秋彼岸   

「カセットに父が居る」ことはあり得ないので、詩心のある読者なら文字通りの解釈はせず、「父とは亡父の声の比喩である」と理解するでしょう。

     

プレバト俳句の夏井いつき先生の添削について、この他に次の通り記事を書いています。

      

俳句鑑賞: 「風花」(コロナ禍の思い)

 梅沢富美男永世名人の眼鏡の俳句の添削について考えました。

   

俳句の鑑賞  <老鶯・夏鶯・残鶯・乱鶯>

 助詞「の」を「へ」に変えて自他の区別をすることを考えました。

   

お手本のリズム音痴や熱帯夜

 「字余り」・「破調」の是非を考えよう!  

   

プレバト 博多華丸氏の「梅雨の初運転」の俳句を考える

 添削は、文法を軽視せず、「作者の思い」を再現してほしい。

   

プレバト「炎帝戦」・「ポイントカード」の俳句を考える

 「作者の思い」に焦点を当てて文法を軽視せず添削してほしい。 

   

プレバト Kis-My-Ft2 さんの『遠雷』の俳句を考える

    俳句の背景の真実を考慮して添削してほしい。

  

添削は「作者の思い」を大切に!(プレバト視聴者の感想)

 お題が「百円ショップ」の梅沢富男永世名人の俳句の添削に ついて

   

俳句の添削  <作者の「思い」を生かしてほしい>

 助詞「や」と「は」の違い。夏井先生が「ボツ」に査定した梅沢富美男永世名人の俳句「おひねり・夏芝居」添削の是非

  

プレバトの俳句「鏡」「も」と「を」 

 言葉や作者の思いを大切に添削してほしい。金子恵美さんの俳句の添削について思ったこと。

  

プレバト俳句の「運動会・秋声」について一言 

 夏井先生の添削とフルポン村上さんの反応について俳句の推敲を考えました。

    

この一連の記事がプレバト俳句の視聴者・夏井先生のファンや俳句HAIKUの読者などの参考になれば嬉しいです。

   

(P.S.)「平和の俳句」啓蒙月間の提言について

8月19日は「俳句の日」だそうです。
正岡子規の命日は9月19日ですから、8月19日からの1か月を「俳句月間」として俳句・教育関係者により俳句を通じて子供たちに日本文化の啓蒙活動をして頂いたら如何でしょうか?

 
俳句の教育はもう既に実践されているのかも知れませんが、コロナ禍の自粛生活で子供たちがwebのつまらないゲームに夢中になっているのは親泣かせです。

  
俳句は個性を発揮する芸術の一つです。好き好きです。

プレバトのような一方的な査定やランク付けはしない教育をしてほしいものです。
大人のための俳句の面白さの啓蒙の一助になれば幸いですが、8月15日の終戦記念日の俳句を特集しました。

  
俳句ブログ:終戦記念日 <「戦争と平和」特集>をご高覧下さい。

           (薫風士)

  

記事のタイトル(青色)をクリック(タップ)して詳細をご一読下さい。

  

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップの欄・「俳句HAIKU」、または、ここをタップ(クリック)すると、最新の全ての記事が掲示されます。記事のタイトルをタップしてご覧下さい。

 

コメント(40)