芭蕉の辞世句「枯野」の ドナルド・キーン訳の推敲

  

芭蕉の辞世句「枯野」のドナルド・キーン訳が「芭蕉終焉の地 <御堂筋>」にありました。

  

・旅に病で夢は枯野をかけ廻る

Stricken on a journey,
My dreams go wandering round
Withered fields.

  

キーンさんの英訳はさすが巧ですが、「旅に病んで」と「上五」を「字余り」で表現した芭蕉の思いを反映するには、「stricken」を「ill in bed」に修正し、次のように英訳すると良いと思います。

 

ill in bed on a journey,

my dreams wander around

withered fields

  

芭蕉は「平生すなわち辞世なり」と言っています。この俳句は、前詞に「病中吟」とあり、「辞世句」というよりも旅の途中で病気になり、「偶々この俳句が生前最後の句になった」と言えるのではないでしょうか。「笈日記」参照

     

ちなみに、歳時記「枯野」の例句はここをクリック(タップ)して、ご覧になれます

薫風士も及ばずながら、新型コロナ・オミクロン株感染急拡大の中、ささやかな俳句ブログ「俳句HAIKU」を「芭蕉と同じ思い」で書いているつもりです。

   
20210309

5561

(写真はタップ・拡大できます。)   

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。   

ここをタップ(クリック)すると、最新の全ての記事が掲示されます。記事のタイトルをタップしてご覧下さい。

    

コメント(2)