天皇誕生日の俳句に思うこと

     

今日は2022年2月23日「天皇誕生日」です。

ここをクリック(タップ)して、宮内庁のHPをご覧下さい

    

  

(以下の記事は2018年に書いたものです。)

   

Cimg5701_2

・同じ日に生まれ天皇誕生日 

            (伊藤ふみ)

   

柚子一つ浮かべ長湯や誕生日 

            (薫風士)

   

平成最後の天皇誕生日には一般参賀には8万2800人余りが訪れたとのことです。

陛下の記者会見のテレビニュースやWEBニュースによると、「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)」とのご発言があり、陛下の思いと平和のありがたさに思いをはせて、つい感慨にふけって長湯をしてしまい、駄句を口ずさみました。

記者会見からも、陛下が「象徴天皇」に重きを置かれていることがうかがわれ、八月の俳句に思うこと」に述べた思いを新たにしました

(青色文字をクリックすると関連の記事がご覧になれます)

トップの欄・「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事をご覧になれます。

     

コメント(3)