有馬・瑞宝寺公園 (紅葉の俳句と写真)

  

Img_1856_3

Img_1914_2

Img_1920_2_2

Img_1889_2

Img_1911_2

2018年11月9日、有馬温泉の瑞宝寺公園を吟行し、時雨上がりの明るい空の下に目を見張る美しい紅葉を満喫することが出来て非常にラッキーでした。

      

圧倒されるような美しさはとても満足に表現できません。   

写真と拙句を掲載しますが、有馬温泉瑞宝寺公園吟行地としてお勧めです。 

(写真はクリック/タップして拡大できます。)

  

青色文字(季語)をクリックすると、「歳時記」や「575筆まか勢」の例句などをご覧になれます。

           

・目を見張る紅葉彩る瑞宝寺

   

・晴れ男句作に興じ紅葉狩

   

・行く程に瀬音高まる紅葉径

   

・有馬路の癒しの森の紅葉かな

   

・一行の去りて瀬音や紅葉園

   

太閤の碁盤てふ石紅葉置く

  

・句帳手の俳人の背散る紅葉

   

紅葉径尺八の音の嫋嫋

   

白き杖暫し佇む紅葉狩

    

   

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

コメント(4)