芭蕉の俳句「古池や」の英訳

 

5561

芭蕉の俳句:

古池や蛙飛び込む水の音

 

この俳句の英訳例が「Frog Poem」http://en.wikisource.org/wiki/Frog_Poem41件も掲載されていた。

  

冒頭にある英訳は、

The old pond;

A frog jumps in —

The sound of the water.    

(Robert Aitken)

である。

この英訳では、古池を目の前にして蛙が飛び込むのを見て、その水音に感動していることになる。

  

「俳句的生活」(中公新書・長谷川櫂著)によると、(一部分の抜粋)

「古池に蛙が飛び込む水の音が聞こえる」という一般的な解釈は切字「や」の働きを見落としている。この句は「どこからともなく聞こえて来る蛙が飛び込む水の音を聞いているうちに心の中に古池の面影が浮かび上がった」といっているのである。ここで切字の「や」は現実の世界で起きている「蛙飛び込む水の音」とは切り離された心の中に現実ならざる古池を浮かび上がらせる働きをしている。この心の中の古池こそが閑寂境にほかならない。」

 

この解釈に従えば、英訳は次のようなるでしょう。

A sound of a frog

jumping into water_

the old pond

 

国際俳句交流協会HPに「英語で分かる芭蕉の俳句」掲載中です。

http://www.haiku-hia.com/about_haiku/basho300/archives/300-02.html)をタップ(クリック)して、ご覧下さい。

俳句の原点である「芭蕉俳句」の面白さが分かるでしょう。

                   (L. P. Lovee)

    

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップの欄・「俳句HAIKU」、または、ここをタップ(クリック)すると、最新の全ての記事が掲示されます。記事のタイトルをタップしてご覧下さい。

  

コメント(2)