俳句の鑑賞 <「薫風」・「風薫る」>

Cimg2882_2_2

Cimg2983_2

Cimg3301_2_2

Cimg3007_2

・薫風や労りの声愛犬に

・風薫る手押し車に乗りし犬

・愛犬と見下ろす街や風薫る

   

掲句はチュヌの主人(薫風士)の前座的俳句です。

「チュヌ」はサモエド犬なので真白な長い毛がふさふさとしています。行き交う人は「これから暑くなって大変ですね」と声を掛けてくれます。

老犬を手押し車に乗せて買い物や散歩をしている老女を見かけます。

チュヌの主人はチュヌの散歩を元気にして、天寿を全うすることを願っています。

 

季語が「薫風」と「風薫る」の俳句をインターネット歳時記からランダムに下記に引用します。   

青色の文字をクリックすると俳句の詳細や解説などご覧になれます。

   

薫風1

薫風やともし立てかねついつくしま (与謝蕪村

・薫風を連れ虚子館の扉押す (山田弘子

薫風2

・薫風や遠くに牛と白い雲 (小島とよ子)

・薫風や軸に蕪村の翁像 (曷川克)

薫風3

・薫風や犬の鼻先よく動く (柴田久子)

・薫風に押し戻されてナイス・オン (鷹羽狩行

薫風4

・薫風の窓辺よろこぶ赤子かな (本杉千保子)

・薫風や子の号令の朝ごはん (太田佳代子)

薫風5

・薫風や仮設の村に一輪車 (松嶋一洋)

・薫風や母が支へて父の腕 (德田千鶴子)

 

風薫る1

・踏みならす橘橋や風かをる (正岡子規

・弾みたるボール追ふ犬風薫る (多田節子)

風薫る2

・歌ひつつ音符書く子や風かをる (大上武)

・島に建つ仮設住宅風薫る (元永高美)

風薫る3

・風薫る献血の旗ひるがへり (高木武人)

・風薫るみすゞの詩集読みたき日 (松山正江)

風薫る4

・モルダウの橋より橋へ風薫る (白川敏彦)

・風薫る曾良の菩提の正願寺 (小澤克己

風薫る5

百歳の余生すこやか風薫る (岡久枝)

・半世紀住み古りし街風薫る (大橋晄

   

コメント(4)