« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

季語・季題が「初夢」の俳句を集めました。

        

インターネットの歳時記には初夢の俳句は381句あります。

下記の俳句は各ページの冒頭句です。

詳細は青色文字(タイトルなど)をクリックしてご覧下さい。

初夢1」 

・初夢に古郷を見て涙哉 (一茶

初夢2

・初夢に海鵜きたりて泣きじやくる  (高島茂

初夢3

初夢の淫らと云ふほどには非ず  (竹内睦夫

    

子規の俳句データベース」で「初夢」を検索すると、

・うれしさにはつ夢いふてしまひけり

・雜煮くふてよき初夢を忘れけり

など、11句あります。

    

Biglobeの「初夢」のサイトには次の俳句

・初夢や金も拾はず死にもせず  夏目漱石

・初夢の唯空白を存したり  高浜虚子 

     
インターネットを検索していると、2015年9月23日の「産経ニュース」に「ローマ法王が訪米 オバマ夫妻出迎え」という記事があり、

9月24日の「朝日新聞Degital」には「難民や気候変動の課題共有 ローマ法王とオバマ大統領」という記事がありました。

    

そこで、初夢の拙句を作りました。

・法王のオバマ訪問夢始め

・初夢や夢の中にも夢想して

オバマ大統領ローマ法王をはじめとして、世界の有力な政治指導者や宗教指導者が一堂に会して、宗教や人種の違い・覇権争いなどから生ずる戦争を防止する根本的な解決を協議して呉れないか!?!」と夢想しています。

  

2016年7月には参議院選挙があり、平和な良い年になることを祈ります

お暇があれば、「政治談議」もご覧下さい。

     

   

2015年12月26日 (土)

"Ultimate LOVE" by L.P. Lovee

            

Sn3u1043_2

Let's practice ultimate "LOVE"!
To practice "LOVE" is to find the essence of love to enjoy your life.     

(This is a message from the master of Chunu.)        

日本語の全文はここをクリックしてご覧下さいこの英語版は抄訳です。)    

In this blog, the letters constituting the word "LOVE" represent the following 24 words for making your life happy.   

   

   

(The picture shows lovely Chunu.)

    

L stands for: Love, Learn, Liberty, Legality, Laugh, and Life.

O stands for: Optimism, Originality, Objective, Obligation, Opportunity, and Organization.

V stands for: Vitality, Vision, Venture, Value, Volunteer, and Viewpoint.

E stands for: Effort, Enjoy, Ethic, Equity, Endurance, and Everyone.

 

Love

Generally, love exists between parent and child, man and woman, husband and wife, etc. Love is expected to exist not only between people, but also between you and whatever you may believe in as God. However, here in "Ultimate LOVE", "God" is supposed to be the system for the existence of nature in the great space itself. It is desirable for world peace that, instead of such God as is conventionally assumed, you respect and believe in such God as defined herein.

It is a sincere wish of Chunu's master that your love for yourself lead to a love for others, your town, your nation, the whole world, and finally to the Ultimate Love toward the God who presides the earth on which you were born to live your life.

        

Learn

You can learn from anyone and anything as a good or bad model. There are many things to learn from your parents, friends, teachers, books, newspapers, TV, Internet, etc. The fault of another would be a good teacher. It is also important to learn from your own failure or success.

   

Liberty

The freedom of thought, speech, religion, etc. is guaranteed to all by the constitution as fundamental human rights. However, if you abuse the freedom, you might lose it. It is important to give consideration to the balance between right and duty or equity between an individual (yourself) and the whole (society or nation).

   

Legality

You may freely do anything as you like, provided that the act is right under laws and equity. Since laws are established for maintaining social order and protecting people, it would be unnecessary to give special consideration to legality in your ordinary life as far as you act according to your conscience. However, it is advisable to confirm whether it is lawful when you intend to do anything special.

 

Laugh

Laugh and get fat. Fortune comes in by a merry gate.

It would be alright to cry whenever you cannot but do so. However, if you do not forget to keep a smile even under hardship, someday a good fortune would smile on you.

    

Life

Everyone should be entitled to enjoy one's life. Therefore, everyone should have respect for such right of others.

     

・Organization and Each one

To enjoy a happy life, everyone should think and act,considering an appropriate balance between oneself and an organization to which one belongs. Somehow, you will be affected by your organization. Therefore,it may be advisable for you to propose to your boss or senior member whatever you think right, even if you might face difficulties. 

     

・Viewpoint

In such case, it is important for you to take various viewpoints into account: for the sake of yourself, your family, your company, your city, your nation, and the whole world, in terms of past, present and future. 

           

・Optimism

Joy and sorrow are today and tomorrow. There would be peaks and valleys in your life. Be optimistic. You would succeed somehow someday if you steadily make efforts. Do your best and leave the rest to Heaven. It is advisable to practice so-called plus-thinking or positive thinking.

    

・Originality

Since no one is the same with you in the world, bring out the best in yourself. At the present age, diversities are to be appreciated. It would be an ideal if what are done by various individuals bring out a kind of positive harmony as the whole.

   

・Objective

It is important to objectively evaluate your object as to how it can be attained. The higher your target, the more steadily your advancement should be made step by step. Rome was not built in a day. Don’t expect to quickly achieve a high objective.

   

・Obligation

It’s quite natural to help each other. The society is maintained according to the principle of give-and-take. It is essential to concede the right of others as well as to assert your own right, considering the balance of mutual relations.

   

・Opportunity

Now or never. Everything has its time. It is important to act in a manner suitable to TPO (time, place, and occasion).

    

・Vitality

Without willingness and vitality, you cannot achieve any objective. It is essential to maintain mental and physical health to accomplish what you want to do. Overdone is worse than undone. Once in a while, you might have to exhaust yourself to complete what you are doing beyond your usual power. In daily life, however, you had better refrain from overworking.

     

・Vision

According to Yukio Ozaki, who was looked up as "the champion of constitutional government", the stage of your life will always exist in the future. It is advisable that your act be done in consideration of world peace as well as your own happiness, always in perspective of the past, present, and future.

(As to Yukio Ozaki, click the following URL: http://www.ozakiyukio.jp/en.html)

     

・Venture

It is important to think carefully before taking your action. However, it is also important to venture to do what you might consider as too difficult. Your success will depend on your fortune as well as your ability and efforts. It would be advisable to act resolutely after thinking of both the best case where everything goes well and the worst case where the fortune is against you.

      

・Value

People have their respective sense of values, which may be different from each other. It is advisable to establish your objective according to your desire after paying due respect to the wishes of your parents.

    

・Volunteer

Whenever you voluntarily carry out what you want to do, any hardship would become a pleasant one rather than unbearable one. It should be appreciated that there are many young people who are engaged in volunteer activities. It would be great if what you have volunteered to your own benefit results in benefitting others.

    

Effort

Your genius would not come into full bloom without your efforts. By any chance your gifted talent might be less than that of others, but you can develop it into full bloom by efforts. Make effort to develop your gift, since God only knows the extent of your talent.

     

・Enjoy

If you try various ways for doing anything, an effort will become a pleasure rather than a difficulty. The pleasure will enable you to continue to make efforts. You can enjoy results of your efforts sooner or later.

   

・Ethic

In the present-day society which relies on highly advanced and specialized technologies, it is essential that all people, particularly specialists and leaders, conduct themselves with ethics. It is regrettable that there are not a few people who ruin not only themselves but also the welfare of other people by unethical conduct.

    

・Equity

Fortune waits on honest toil and earnest endeavor. To make the best use of your talent and effort, it is desirable to consider your aim in terms of equity. Your fair behavior will make youself bright and happy. The happy feeling will surely bring you good fortune.

       

・Endurance

In the rich modern society, there are too many goods and attractions that interest young. It would be difficult for children and teens to endure without making use of them.

For example, the development of IT and SNS has brought demerits as well as merits. One of the demerits is that children and teens tend to excessively engage in communications and social games through SNS.

Thus, it is also important to teach them endurance. Consider the following proverbs: “What is learned in the cradle is carried to the grave."; “Out of temper, out of money.”

     

2015年12月22日 (火)

季語・季題が新年の俳句特集

               

季語・季題新年の俳句について、先ずインターネットの歳時記から著名な俳人の句など目についたものを幾つか下記に引用します。

(注)青色文字(タイトルなど)をクリックすると俳句や解説などがご覧になれます。   

季語が「正月」の俳句は歳時記に351句もあり、各ページの冒頭句は下記の通りです。

正月1」大雪となりて今日よりお正月(前田普羅

正月2」正月の子供に成て見たき哉(小林一茶

正月3」枯木に鴉が、お正月もすみました(種田山頭火

        

季語が「初空」の句は下記を含めて291句あります。

初空1」 

初空の藍と茜と満たしあふ    (山口青邨

みづいろのやがてくれなゐ初み空 (鷹羽狩行

初空に残る朝月上京す  (稲畑汀子

初空2

初御空鴉東へ鳩西へ  (稲畑廣太郎

初空3

いづくともなき合掌や初御空   (中村汀女

真青なる初空仰ぎ初心  (大橋敦子

      

高浜虚子の人柄に興味を抱き、「初空や大悪人虚子の頭上に」の新解釈を試み、「虚子の句『初空や』の新解釈:大悪人は誰か?」を書きました。俳句談義(3)」をご覧下さい。

(ちなみに、「きごさい歳時記」では季語が5,000個もあり、「50音検索」や「ことば検索」など出来るが、「初空」に虚子のこの句はない。)

        

俳誌のサロン」歳時記の「季語別俳句集1月」には1月の季語が数十もあり、「新年」に該当する無数の俳句を見ることが出来ます。下記はその例示です。

「元旦」の句は、「元旦や天に轟け大般若」(伊万里梅城)など、223句あり、

「大旦」の句は、「一湾に日のゆきわたり大旦」(鷹羽狩行)など、154句あります。

「初明かり」の句は、「ちちははも夫も仏や初明り」(上野章子)など、312句あり、

「年玉」の句は、「年玉を妻に包まうかと思ふ」(後藤比奈夫)など、122句あります。

    

高浜虚子の俳句「明日死ぬる命めでたし小豆粥」が作られた背景を知りたいのですが、ご存知の方あれば教えて下さい。

ウラハイ=裏「週刊俳句」に下記の記述がありました。

「掲出句には、一休宗純(立川談志師匠にそっくり)の「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」という風狂はない。どちらかというと子規の『病牀六尺』二十一の、
余は今まで禅宗のいわゆる悟りといふ事を誤解して居た。悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思つて居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合でも平気で生きて居る事であつた。

に連なる諷詠である。」

    

webM旅」「デスクトップトラベル 子規の旅」を見ると、

「初日呑むと夢みて発句栄ゆべく」など、正岡子規の俳句を無数に見ることが出来ます。

子規の俳句データベース(新年)」の冒頭にはユーモラスな句、

ほのほのや鼾忽ち絶えて春があり、次のページには、

紀元二千五百五十五年なりという句があります  

1940昭和15年)は皇紀2600年にあたり、紀元二千六百年頌歌(東京音楽学校作詞・作曲)1938年(昭和13年)に発表されました。

その歌詞を幻冬舎新書「日本の軍歌から抜粋すると、

1番には、「紀元は二千六百年ああ一億の胸は鳴る」

2番には、「歓喜あふるる・・・はるかに仰ぐ大御言」

3番には、「ああ報国の血は勇む」

4番には、「世紀の文化・・・あゝ燦爛のこの國威」 
5番には、「正義凛たる旗の下 明朗アジヤうち建てん 力と意氣を示せ」

など、国威発揚の美辞麗句のオンパレードです。この歌が発表された翌年には太平洋戦争に突入しました。戦争末期には「一億玉砕」の本土決戦を軍部が主張し、広島・長崎の原爆投下でようやくポツダム宣言受諾の決定がなされたのです。

戦後70年の節目の年である2015年は紀元(皇紀)2675年にあたります。無数の犠牲者の筆舌しがたい犠牲の礎によってもたらされたともいうべき平和を堅持したいものです。   

俳句談議」や「政治談議」「究極のLOVEを実践しよう!」など、徒然に「チュヌの便り」もご覧下さい

      

 

2015年12月11日 (金)

「去年今年」の俳句を集めました。

        

・去年今年平和を祈り南無阿弥陀仏

       

「去年今年」(「こぞことし」新年の季語)の俳句はインターネットの歳時記に718句ある。   

次に各ページの冒頭句など幾つか抜粋する。

去年今年1

・我をのせ廻る舞台や去年今年上野泰

去年今年2

・去年今年闇にかなづる深山川飯田蛇笏 

去年今年3

去年今年貫く棒の如きもの高浜虚子

去年今年4

・いつの間に一と眠りして去年今年(瀧春一)

 去年今年5

・だんだんと人と離りて去年今年(志解井司) 

去年今年6

・去年今年老父母のなきやすらぎに(竹内弘子)

去年今年7」の冒頭句は「去年今年6」の冒頭句と同じなのは編集ミスだろう。

たまたま、このページの最後を見ると稲畑汀子さんの次の俳句が目にとまった

・今日のこと今日を余して去年今年

・若者に元気を貰ふ去年今年

また、去年今年2」の最後に次の俳句があった。

・棒も又折れゆくものや去年今年」(稲畑廣太郎

・去年今年祈りの中にある時間 (稲畑汀子)

   

ごきげんよう!「NHK俳句に学ぶ」むかご66さん(選者:高野ムツオさん)に、ゲスト:大島映二さん(将棋棋士)の次の俳句があった。

空港に 世界の時刻 去年今年

   

NHKHPの「俳句王国バックナンバー」に金子兜太主宰の5選句の一つに次の俳句があった。

・去年今年貫く棒を見失ふ

          

中日新聞の記事に次の俳句があるのがインターネットで検索されたが、会員でないので詳細は不明である。

・去年今年貫く平和砕けけり (2015/3/30 紙面から)

石崎●彦(75) 水戸市 (※●は「土」の下に「口」)

     

季語「去年今年」を使った俳句には様々なものがあるので面白い。チュヌの主人も即興の句を作りました。このブログの冒頭の俳句は高浜虚子の俳句「明け易や花鳥諷詠南無阿弥陀仏」と「去年今年貫く棒の如きもの」を捩ったものです。

・青春の思ひ貫き去年今年

・老ひしとも新たな夢を去年今年

・加速する刻に逆らひ去年今年

   

天国の高浜虚子は月並み俳句の羅列に苦笑しているでしょうが、一途に平和を願っている老のなせることとて許してくれるでしょう。

    

ウイキペディアによると、「南無阿弥陀仏」の意味は次の通りである。

  • 南無」はナモー(namo)の音写語で「礼拝、おじぎ、あいさつ」を意味するナマス(: namas)の連声による変化形。「礼拝」から転じて帰依(śaraṇāgamana)を表明する意味に用いられ、「わたくしは帰依します」と解釈される。
  • 阿弥陀」は、その二つの仏名である「アミターバ(無量の光明, amitābha)」と「アミターユス(無量の寿命, amitāyus)」の「はかることのできない(無量)」というアミタ(amita-)のみを音写したもの。

すなわち「南無阿弥陀仏」とは「わたくしは(はかりしれない光明、はかりしれない寿命の)阿弥陀仏に帰依いたします」という意味となる。

     

2015年12月 9日 (水)

「師走」の俳句を集めました

            

光陰矢の如し」今年も12月、「師走極月である。

フランスに限らず、テロ対策欧米慌しい動きを見せている。

無事に年が暮れることを祈りつつ、平和の俳句を広めたいという思いで、忙中閑ありではないが、このブログを書いている。       

インターネットの歳時記を見ると、「師走」の俳句は501句ある。

(青色文字のタイトルや下線部をクリックすると俳句や解説記事がご覧になれます。)

師走1」の冒頭には几董の「水仙にたまる師走の埃かな」、

師走2」の冒頭には森川暁水の「仕事場に泊り込みたる師走かな」、

師走3」の冒頭には高浜虚子の「女を見連れの男を見て師走」、

師走4」の冒頭には素堂の「市に入りてしばし心を師走かな 」がある。

   

上記の虚子の俳句は、

「師走の特性を街にとらえて、実にユニーク。ユニークにして、かつ平凡なる詠み振り。でも、作ってみろと言われたら、たいていの人は作れまい。少なくとも私には、逆立ちしても無理である。最大の讃め言葉としては、「偉大なる凡句」とでも言うしかないような気がする」と、清水哲男氏が「増殖する歳時記」において尤もな批評をしているように、501句の中では俳諧味に溢れた特筆すべき句である。

        

「12月」を季題にした俳句は歳時記に898句ある。

歳時記の「12月1」には金子蛙次郎の「十二月電車後ろへ下がりけり」以下200句あるが、「12月8日」を詠んだ句が多い。しかし、太平洋戦争を想起させる俳句が殆ど無いのは、戦争を知らぬ世代の句が多くなったということだろうか。

12月2」には、「十二月あのひと刺しに汽車で行く」(穴井太)という物騒な俳句が冒頭にあるが、何を詠んだ句だろうか? 今は暇がないので、この句の詠まれた背景や句評は後日詮索することにしたい。

12月3」には194句あり、冒頭の俳句「十二月どうするどうする甘納豆」(坪内稔典)は俳句談議で取り上げた。

12月4」には117句あり、12月8日を詠んだ俳句は17句ある。その一部を次に抜粋する。

十二月八日起立する肢が見ゆ   (高島茂)

十二月八日と気づく朝かな  (稲畑汀子)

十二月八日戦争を知らぬ子と  (小林のり人)

十二月八日の海を見てゐたり  (石田きよし)

十二月八日の夜の長湯かな  (青山丈)

十二月八日の兄弟喧嘩かな  (土井田晩聖)

   

歳時記の「12月5」には116句あり、12月8日を詠んだ句は

十二月八日を言ひて疎まるる(森田尚宏)、

十二月八日うつすらと覚えてゐる(竹内弘子)

など、18句である。

            

「増殖する俳句歳時記」において、加藤楸邨の「鰤にみとれて十二月八日朝了る」について清水哲男氏が次のような句評(抜粋)をしている。

「・・・朝市だろうか。見事な鰤に『みとれて』いるうちに、例年のこの日であれば忸怩たる思いがわいてくるものを、そのようなこともなく過ぎてしまったと言うのである。平和のありがたさ。・・・(以下省略)」

   

ちなみに、キーワードを「平和の俳句12月」でGoogleの検索をすると、中日新聞の「平和の俳句一覧」がトップにあったが、川柳のような句が多い。

    

俳誌のサロン」というサイトがあることを知った。このサイトには「歳時記」も掲載されているので、上記の「師走」や「12月」などに限らず、「数へ日」「年の暮」「年惜しむ」「年用意」など季語別に無数の俳句を見ることが出来る。また、色々な俳誌の「触り」の部分などを見ることが出来る。俳句愛好者には便利なサイトである

   

正岡子規の「師走」の俳句を検索したところ、「WebM旅」というサイト「子規俳句 季語・季題検索 冬 時候 師走」に、「いそがしく時計の動く師走哉」など沢山の句がリストされている。

           

芭蕉俳句全集(季題別)」には次の句がある

かくれけり師走の海のかいつぶり

節季候の来れば風雅も師走哉

旅寝よし宿は師走の夕月夜

雪と雪今宵師走の名月か

      

芭蕉俳諧の世界・元禄文化もよいが、現代に生きる者としては現代の俳句を作り、平成文化・平和をエンジョイしたいものである。

平和を維持するための思いを綴った「政治談議」なども、お暇があれば、ご覧下さい。