« 「はやぶさ」のカプセル帰還冬麗 | メイン | 3密と無縁や庭の日向ぼこ (俳句と写真) »

2020年12月 9日 (水)

コロナ禍の通信句会漱石忌

   

12月9日は漱石忌です。季語が「漱石忌」の俳句はここをクリックして「575筆まか勢」をご覧下さい

コロナ感染拡大防止のために、大阪モデルの赤信号が点灯され、12月4日から15日まで、大阪府民の外出自粛が要請されています。

東京都は65歳以上の高齢者などの外出自粛を要請しています。

薫風士の関係している俳句会は吟行を中止したり、通信句会にしたりして、外出自粛の要請に応じています。

来年の初句会も新年会は断念して句会のみ開催の予定ですが、この状態が続けば、対面句会は断念せざるをえないでしょう。

  

去年今年コロナコロナに明け暮れて

 

・コロナ禍のファックス頼り初句会

 

俳句愛好者はアナログ派が多いので残念ながらオンライン俳句会の一般化は未だ無理なようです。

「俳句HAIKU」と入力して検索しない限り、SNSの検索でこの記事を「俳句HAIKU」のフォロワー以外が検索・閲覧できるようになるには日時を要しますので、早手回しに新年の俳句のブログ記事を書きました。

「俳句HAIKU」が読者のコロナ禍の慰みにいささかでもお役に立てれば幸いです。

 

コメント

岸田文雄総理大臣には喫緊の課題が一段落すれば、「俳句を通じて世界平和を」という俳句愛好家の思いにも耳を傾けてほしいものです。
「渡月橋」etc.の俳句 (橋梁通信掲載に因んで)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/11/post-9ffc.html
をご覧下さい。

(薫風士)

句集(私家版:150部限定)を発刊いたしました。

・ 現代俳句のマンネリズムに飽き飽きしている。新しい俳句が読みたい。
・ 若い人達の俳句はワケがわからない。意味の良くわかる俳句が読みたい。
・ 俳句から、知的興奮が得たいー

―と考えている方々に、是非お読み頂き度く、ご案内申し上げる次第です。

<掲載句の一例>

 御器かぶり駆け抜け明けの夢の間を  捕鯨員千々特飲の街に消え           
 五騎手競る水からくりの草競馬    河原沿ひ脳炎注射逃れ来て
 蟻地獄劇場傍観者は君だ       常夜燈点き韮花は電柱下
 捨て金魚おまへ死なせてなるか桶   聖母召す百合もて生れし蝶なれば
買ひ替へし捕蟲網にもすばやき死 酔へる父昆蟲採集セット蹴る     


■ タイトル:句集 太陽之塔(B6版100ページ。ページあたり俳句がびっしりです。                                             
                       掲載句トータル750句程度)
■ 著者:小熊 由

■ 全体の約70%が「連作俳句」です。数句から数十句の俳句を並べ、一連の
ストーリーを描き出すものなので、短編小説を読むような感覚でお娯しみ頂けます。
また、全句の98%が「五・七・五」定型に則った、フォーマルなものです。

■今では殆んど使われない季語も、積極的に取り入れております。一例)

 百合化して蝶となる、連作:瓜番、連作:水喧嘩、連作:日本脳炎、連作:豊年村、連作:牧閉ざす、連作:オープンカー、コレラ、アッパッパー、跳込台 等

■ 売価:1.500円(税込み・送料込み ー 代金は後払いです)

■ ご注文は、希望の冊数・住所・氏名を明記の上、下記アドレスまでー
      kaniyoko.69@gmail.com
            小熊 由 : 宛



・長き夜や俳句ブログに思い込め

(俳句と川柳) <衆院選> 第101代総理大臣への期待 (「吾亦紅」と「夜長」に思うこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/10/10-d078.html
をご覧下さい。 

(薫風士)

<提言>「平和の俳句」月間(「俳句の日」から「子規忌」)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/09/post-153d.html

「俳句と川柳の鑑賞 <吾亦紅と総裁選>」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/09/post-e881.html
をご覧下さい。 

(薫風士)

コロナ禍の花鳥諷詠梅雨晴れ間
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/06/post-ae0d.html

俳句の鑑賞:「蛙」「雨蛙」「青蛙」「牛蛙」「土蛙」「殿様蛙」「蟇」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/06/post-4470.html
をご覧下さい。

(薫風士)

トランプ米国大統領の「アメリカファースト」(実は「ミーファースト」)の政権がようやく終ることにりホットしていますが、次期大統領が余程しっかりした政治をしなければ、4年後が更に恐ろしいことになるでしょう。

・大寒やコロナ禍憂ふポピュリズム
 
(薫風士)

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、2月の節分から「コロナ俳句」をブログ「俳句HAIKU」に書いてきました。
コロナ感染拡大の第三波が大きく、遂に全国的に「Go Toトラベル」のキャンペーンが年末年始は中止されることになりました。

来年のコロナ禍の経済対策としては、
「Go Toトラベル」や「Go Toイート」を中止して、
「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策三ツ星店」など、適切な呼称でコロナ対策を奨励する方が良いでしょう。
認定基準を一般に公表し、店の客が自然にチェックしてくれるように工夫するとか、公式のチェック制度も作ると、ごまかす店も無くなり、真面目に営業している店が繁盛することになるでしょう。
この思いを皆さんがシェアして、政府や自治体の関係者を動かしてくれるとありがたいです。

ちなみに、「ミシュランの三つ星」を獲得したスペインの著名なレストランがコロナの影響で廃業に追い込まれたそうです。

(薫風士)

コメントを投稿