« 俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動) | メイン | 野球の俳句を作って楽しもう! »

2018年8月12日 (日)

盆休み孫と一日を「ひとはく」で

   

夏休みで遊びに来た孫を連れて久しぶりに「ひとはく」(兵庫県立「人と自然の博物館」)に行きました。

阪神・淡路大震災を引き起こした活断層である「野島断層」の展示板の見方がよくわからなかったので係の方に質問したら丁寧に説明してくれました。

お昼の時間には「山の日 ひとはくサロンコンサート」で兵庫県立北摂三田高等学校吹奏楽部が「学園天国」などを演奏し、子供たちも楽しんでいました。

 

掲題の俳句はチュヌの主人がブログの見出し用に作った即興句です。

歳時記(俳誌のサロン)の「盆休み」の俳句から、親しみやすい2句を下記に引用させていただきます。

歳時記の俳句の詳細はここをクリックしてご覧下さい。

・盆休み身二つとなり帰り来る (福間慶子)

・旧姓で呼ばるる一と日盆休 (武田巨子)

  

(写真はクリックすると拡大します。『薄紅葉』の俳句と『ひとはく』ホロンピアの写真」もここをクリックしてご覧下さい。

  

Img_1224_2

Img_1206

Img_1211

Img_1192

Img_1193

Img_1198

Img_1200

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34139565

盆休み孫と一日を「ひとはく」でを参照しているブログ:

コメント

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html

「令和」への期待を込めて書いた「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

コメントを投稿