« 「究極のLOVE(Ultimate LOVE)を実践しよう!」子供たちを「英語嫌い・道徳嫌い」にしないために | メイン | 「東風・こち」を詠んだ俳句で考えたこと »

2016年2月 7日 (日)

「春隣」の俳句を集めました。

        

「春隣」を季語に用いた俳句はインターネットの歳時記に約900句もあります。

(青色の文字をクリックすると俳句の詳細や解説がご覧になれます。)

   

春隣1」には、

・開館へ向けて一気に春隣  稲畑汀子

が掲載されていますが、この句は虚子記念文学館の開設準備を詠んだものでしょう。

   

春隣2」の冒頭には、

・叱られて目をつぶる猫春隣

がありますが、久保田万太郎面白い句です。

   

一般に、「取り合わせの季語はどんな句にも使われている」という感じがします。「春隣」についても、感覚的に「春隣」という季語にマッチした俳句は少ないので、各ページから1句ずつピックアップします。

    

春隣1

・田畑にめりはり見えて春近し  久崎富美子

    

春隣2

・芽を一つほぐすあぢさゐ春隣  永見博子

 

春隣3

・髪切つてピアスを選ぶ春隣  宮坂恒子

    

春隣4

絵手紙に添へし一句や春隣  高橋秋子

    

春隣5

・旅誘ふちらしの増えて春隣  楯野正雄

     

春隣6

・春隣水車は光弾きゐて  大橋晄

     

春隣7

土佐堀のたゆたふ水も春隣  大橋晄

    

上記2句の掲載誌は「雨月」ですが、この俳誌のHPには

「主張 虚子唱道花鳥諷詠の道の主客合一をめざす」とあります。

       

ちなみに、「季語巡り ~俳句歳時記~には季語の解説とともに季節感のある次の句や凡茶の興味ある句などが掲載されています。

春近し雪にて拭ふ靴の泥 (沢木欣一

・車窓より瀬戸の島山春隣 (星野立子

      

なお、春隣7には、

・友情に国の壁なし春隣 (丸田信宏)

があります。

   

俳句談義18:政治家と俳句」に於いて述べたように、

「日本人は自然を愛し平和を愛する国民である」ことを俳句やブログで内外に発信し、日本の平和のみならず、国際親善世界平和のために少しでも役立てたい、とチュヌの主人は思っています。

        

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33732507

「春隣」の俳句を集めました。を参照しているブログ:

コメント

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。
「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html
をご一読下さい。
「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かりますよ。

(薫風士)

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
「まんぽ俳句会」(SNSも活用)を始めました。
ご投稿をお待ちしています。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

(薫風士)

「俳句と川柳: 根本的な違いは何か?」
俳句界のみユネスコ無形文化遺産登録の運動を推進しているのは片手落と思い、
ブログを書きました。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/12/2-0408.html
をご覧下さい。
川柳を俳句と一緒に世界遺産に登録すべく
川柳界と俳句界が協調して運動を推進して頂ければ嬉しいです。

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

4月8日は高浜虚子の忌日です。
虚子の俳句を100句英訳して、
・「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」
・「Enjoy bilingual haiku of Kyoshi Takahama!」
というタイトルで国際俳句交流協会のホームページに掲載して頂いています。

http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/
をクリックしてご覧下さい。

虚子俳句の一端の面白さを知り、
英語学習のご参考になれば幸いです。

国際俳句交流協会俳句大会における
チュヌの主人の入選句(稲畑汀子選特選)
「亀鳴くや声なき声を聞けよとて」
に因んだエッセーをご一読下さい。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/12/post-e4bd.html

「時ものを解決するや春を待つ」
これは高浜虚子の俳句です。
「時が解決する」ことは多くの人々が体験しているでしょう。
「時が解決する」には「解決しよう」とする自助努力も必要です。
「自助努力」とは「他への働き掛け・政治や社会への働き掛け」
を含む概念としてチュヌの主人は考えています。

チュヌの主人の即興句を披露します。
・春隣世界平和は遙かなり
・待春や砂漠の民に思ひ馳せ

コメントを投稿