« 俳句の添削  <作者の「思い」を生かしてほしい> | メイン | 添削は「作者の思い」を大切に!(プレバト視聴者の感想) »

2020年6月13日 (土)

風薫る寺苑に座してミニ句会 (俳句と写真)

    

新型コロナウイルス感染予防が要請されている折から、「街へのお出かけ」は自粛していましたが、「緊急事態宣言」が解除されたので久しぶりにマイカーで「近場」の「石峯寺」に吟行に行きました。石峯寺(しゃくぶじ)」は小さな寺ですが1,300年余りの由緒ある古刹です。

初夏の吟行・ミニ俳句会をエンジョイしました。

薫風士の俳句と写真を掲載させて頂きます。

  

  

・石峯寺へ長寿祈願や風薫る

  

疫消除祈る薬師や新樹光

   

睡蓮や如来の立つは亀の石

      

緑蔭のミニ巡礼や岩嶺山

  

・巨木の根苔むす洞に薬師像

  

・鐘楼に立てば眼下に代田映ゆ

  

・鐘の音に応ふ田蛙峡の寺

  

・鐘楼のさゆるる代田ささ濁り

   

緑陰三密の無きミニ句会

   

写真はクリック(タップ)すると拡大します。青色文字はクリックすると関連の俳句や記事をご覧になれます。  

     

Dsc_1194

Dsc_1197_2

Dsc_1211

Dsc_1224

Dsc_1206

Dsc_1185_2

Dsc_1231

Dsc_1228

11dsc_1232

Dsc_1189

Dsc_1223

Dsc_1233

コメント

コメントを投稿