俳句の鑑賞 《夏痩》

     

・夏痩の骨にとどまる命かな  

・夏痩せて大めし喰ふ男かな   

   

掲句は歳時記(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」にある正岡子規の俳句です。

例句の詳細はそれぞれ青色文字をクリック(タップ)してご鑑賞下さい。  

コロナ禍のお慰みになれば幸いですが、川柳擬きの拙句を5句掲載させて頂きます。

  

・コロナ禍の夏痩せざる家居かな

・コロナ禍や夏痩せ無縁うたた寝す

・夏痩せを凌ぐうたた寝「まん歩」して

・夏痩を知らぬ健啖胃無き吾

・胃無くとも夏痩無縁茶寿目指し

    

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

  

コメント(4)