俳句の鑑賞: 夕立

    

「575筆まか勢」や「歳時記」(俳誌のサロン)から気の向くままに「夕立」(夏の季語「ゆうだち・ゆだち」)の俳句を抜粋・掲載させて頂きます。

青色文字をクリック(タップ)して、例句の詳細をご覧下さい。

  

575筆まか勢

・夕立が洗つていつた茄子をもぐ  

           (種田山頭火

  

・夕立にうたるる鯉のかしらかな  

            (正岡子規 

  

・夕立や蛙の面に三粒程   

            (正岡子規

  

・蜻蛉の高く飛びをり夕立晴  

            (星野立子

   

・睡蓮を打つ黄檗の驟雨かな   

            (細見綾子) 

  

夕立1

・乗る気なきバスに駆け込む大夕立 

             (谷泰子)

  

夕立2

・濡れたくて夕立の中帰りけり  

            (夏秋明子)

 

夕立3

・夕立にわだかまり解け一つ傘  

            (吉田多美)

 

夕立4

・言ひたきこと言ひてしまへば夕立晴 

           (伊東恵美子)

 

夕立5

・軒先の話夕立のやみてなほ  

           (大西八洲雄)

  

最後に薫風士のコロナ俳句をご笑覧下さい。

「夕立」は「5-7-5」のリズムを整えるために、「ゆうだち」・「ゆだち」など、語句の配列次第で読み替えて下さい。

青色文字をクリックすると関連のリンク記事をご覧になれます。

  

うたた寝に夕立の音の凄まじく

・コロナ禍の家居の庭へ大夕立

狭庭にも流れとなりて大夕立

コロナ鬱夕立に濡れてさっぱりと

・コロナ禍の上京断念大夕立

・夕立やコロナ四波をやり過ごし

  

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

コメント(7)