« ゆるキャラもマスクで迎ふ秋の城(俳句と写真) | メイン | コロナ禍や時雨忌待たず初時雨 »

2020年10月31日 (土)

伊賀上野吟行の俳句と写真 (特集)

  

Dsc_2842

「GoToトラベル」を利用して10月20~21日に伊賀上野の観光スポットを9年ぶりに再訪し、吟行した俳句と写真を特集しました。

お楽しみ頂ければ幸いです。  

青色文字のタイトル句をクリックするとその記事の俳句や写真、解説などの詳細がご覧になれます。

 

高浜虚子は

秋風や眼中のもの皆俳句

と詠んでいます。

  

薫風士の俳句(40句)とその風景の写真(37枚)をお楽しみ頂ければ幸いですが、俳句は好き好きです。

あなたも貴方の作句をお楽しみ下さい。ご投稿を歓迎します。

    

子の描く俳聖殿や天高し (上野公園・俳句と写真)

(俳聖殿見物の俳句5句と写真6枚)

  

俳聖の偉蹟を尋ね秋の伊賀(俳句と写真)

(芭蕉翁記念館見学の俳句5句と写真3枚)

  

木漏れ日の蓑虫庵や小鳥来る (俳句と写真)

 (蓑虫庵観光の俳句9句と写真7枚)

  

芭蕉句碑めぐる水辺や秋高し(俳句と写真)

(くれは水辺公園芭蕉句碑巡りの俳句9句と写真10枚)

  

ゆるキャラもマスクで迎ふ秋の城(俳句と写真)

(伊賀上野城見物の俳句12句と写真10枚)

  

コメント

コメントを投稿