« 「早春」・「春浅し」 | メイン | 平成最後の「花鳥同人俳句会」に参加して »

2019年4月26日 (金)

俳句雑感(4): 高浜虚子と坪内稔典(俳句は詠み人・読み人次第)

       

高浜虚子が終戦に際して詠んだ俳句について坪内稔典氏は誤解しているのではないか?「蝉や蓑虫は虚子と同一視されて迷惑かもしれない。人間のおこした戦争などには関知せず、自分らは勝手に鳴いてるんだ、と文句を言うだろう。」と稔典氏は述べているが、高浜虚子は稔典氏が批判している俳句秋蝉も泣き蓑虫も泣くのみぞ」「人間と蝉」を同一視していないし、まして「虚子と蝉」を同一視なんぞしていない。自分の俳句で言葉遊びをするのは自由だが、他人の俳句を誤解して遊ぶのは困りものである。

俳句は片言とは言え、俳句の先生がこのような俳句の誤った解釈をして、虚子俳句に対する偏見・誤解を広めているようではさぞかし虚子も天国で嘆いているでしょう。 (丹波新聞「俳句に詠み込む参照。  

虚子俳句の正しい解釈については、「蝉の俳句を鑑賞しようをご覧下さい。

    

(青色の文字をクリックするとリンクした解説記事をご覧になれます。)

コメント

「まんぽ俳句会」(SNSも活用)を始めました。
ご投稿をお待ちしています。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。
(薫風士)

俳句雑感(7) 金子兜太の「炎天」の俳句について
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/08/post-afab.html
をご覧下さい。

芭蕉の俳句300句の英訳を始めました。
「芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ 」
Basho’s Haiku in English
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/haiku-in-english/
をご覧下さい。

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

新元号は初めて万葉集を出典にして「令和」と決定されました。
世界平和への思いを込めて「令和」の俳句をブログにしました。
「新元号祝ひ『花見』の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。

コメントを投稿