« (まんぽ俳句) 今朝の庭クマゼミも来て賑々し | メイン | »

2019年8月20日 (火)

俳句雑感(7) 金子兜太の「炎天」の俳句について

     

炎天下」の甲子園における高校野球全国大会NHK・TVで観戦しながら、「炎天」の俳句を作ろうとして、ふと金子兜太の次の有名な俳句のことを思い浮かべました。

  

水脈の果炎天の墓碑を置きて去る

  

この俳句は5・8・5の破調です。

一般的に、俳句の「中七」の字余りは良しとされません。

しかし、この俳句を、例えば、「水脈の果炎天の墓碑置きて去り」とか、「炎天の墓碑置き去りし水脈の果」、「戦友の墓碑炎天の水脈の果」などと、5・7・5の定型に収めると破調のインパクトが無くなり、作者の痛恨の思いを表現しきれない気がします。

 

このように、俳句の内容によっては破調にする方が効果がありますが、安易に破調にすると散文の断片に過ぎない片言になります。破調にするにはそれなりの必然性がなければなりません。一般的な作句では定型を守るのが無難で良いと思います。

 

ちなみに、金子兜太の長崎の被爆を詠んだ有名な現代俳句湾曲し火傷し爆心地のマラソン」は、歳時記「炎天」の一茶の俳句にある言葉を借りて言えば、日本語の俳句の概念からは「とっぱづれ」しています。

この俳句は、破調の最たるものであるばかりでなく、現在盛んになっているマラソンの印象が強く、被爆者が黒焦げになって即死したり、悶え死んだり、逃げ惑ったりした悲惨な状況を想起させる名句として納得するにはやや抵抗を感じます。この俳句は、「軽み」を特徴とする俳句の分際で被爆や被災など悲惨な状況・重い題材そのものを詠むには無理があること・俳句の限界の証になるでしょう。

  

貴方の印象は如何でしょうか?

 

ところで、8月19日は「俳句の日」です。俳句愛好家が増えることを願っています。

     

コメント

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。

「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html
をご一読下さい。
 
(薫風士)

俳句は始めたら面白さに嵌りますよ!

「プレバト俳句 夏井先生の添削を添削する」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/post-f4d8.html
をご覧下さい。

(薫風士)

面白くて考えさせるコロナ川柳
「コロナ禍に外堀埋める法改正」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/05/post-84d9.html
をご覧下さい。

(薫風士)

最近、昔の出来事と現代の出来事を交錯させながら進行する分かりにくいドラマがある。
上記の金子兜太の俳句もそのようなドラマと同じようなパターンであり、
『水脈の果』と『去る』」や「湾曲し」と「マラソン」など、
過去と現在が一つの俳句に同時に詠みこまれている。
しかし、この手法は真似るべきでないでしょう。

コメントを投稿