コロナ禍や酒無き昼餉梅雨の灘

 

コロナ禍の緊急事態宣言下では蔵元の酒のサービスも無いことをうっかり忘れて、梅雨晴れに偶々所用で灘五郷に来た序に本場の酒を飲みながらランチを食べようと神戸酒心館を訪ね、駄句を口遊みました。

コロナ禍の憂さ晴らしに拙句と写真が聊かでもお役に立てば幸いです。ご笑覧下さい。

  

梅雨晴間自粛と知らず酒蔵へ

  

・酒蔵で冷酒も飲めず黙食す

   

・酒蔵の卓の青葉や酒は無く

   

・酒蔵の昼餉の窓や七変化

  

・冷酒無くノンアルコール笊蕎麦に

  

・ざるそばとノンアルコール梅雨の膳

   

笊蕎麦にノンアルコールを飲んだのは初めてでしたが、意外に美味しくて満足しました。

酒のサービスが無いせいか、筆者の食事中に男ばかりの客は無く、女性客が何組か来ました。

「緊急事態宣言」が解除されても、政府は飲食店への規制は続ける方針のようですが、昨年「俳句HAIKU」の「大寒の俳句(コロナ禍の緊急事態宣言・国際同盟に思うこと」で述べた対策を是非講じて、良心的に運営している飲食店では日本酒などを楽しめるようにしてほしいものです。

(青色文字をタップして、関連のリンク記事をご一読下さい。) 

    

Dsc_4964

Dsc_4961

Dsc_4958

Dsc_4960

Dsc_4959

コメント(3)