(俳句)《蝉・空蝉・蝉時雨》

  

・白百合に空蝉二つ今朝の庭

   

2011

Dsc_1798

Dsc_1799

「百合」も「空蝉」も夏の季語です。

俳句に季語が二つある「季重なり」は一般にダメ句とされるのは何故でしょうか?

  

季語が二つあっても、句意を明瞭にすれば問題ないと思いませんか?

初心者は季語の使い分けがうまく出来なくて意味不明瞭な俳句を作る可能性があるので俳句結社の主宰などが注意を喚起しているに過ぎないのではないでしょうか?

  

松尾芭蕉高浜虚子の俳句を翻訳して国際俳句交流協会のホームページに投稿していますが、季語が二つある俳句は珍しくないので、情景をありのままに詠めば良いと、「まんぽ俳句」をエンジョイしています。

   

   

・早朝の丘を万歩や蝉時雨

  

・老鶯も時に声あげ蝉しぐれ

  

空蝉を数へつ漫歩幼子と

   

・伸ばす手に飛び去るのしっこかな

   

・木漏れ日の西に傾き法師蝉

   

Img_4710

法師蝉は秋の季語に分類されていますが、深田公園などでもう鳴き始めました。

      

Img_4714

Img_4702

Img_4728

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

      

コメント(6)