« お手本のリズム音痴や熱帯夜 | メイン | 五歳児の口癖「あきた」夏休み »

2020年8月23日 (日)

丹波路の森のひととき水遊び (俳句と写真)

  

Dsc_1856

Img_1357_2

Img_1374

Dsc_1888_2

コロナ禍の猛暑の中を墓参を兼ねて幼孫を連れて「森のひととき」や福知山城に行きました。

森のひととき」はキャンプ場で涼しい風が吹き、子供たちは遊具や渓流の水遊びを楽しんでいました。

(ワンちゃんも川遊びをしています。2年ほど前に撮った写真なので誰もマスクをしていません。クリック・拡大してご覧下さい。)

  

・愛犬も子等と一緒に水遊び

   

・渓流の蟹捕り親子睦まじく

   

・渓流に立てば堰落つ小さき蟹

 (渓流に入ったときに丁度小さな蟹が堰を這っていましたが流れ落ちました。)

  

・蟹潜む石に蛙は正座して

 (「蟹」は夏の季語、「蛙」は春の季語です。ありのままに詠んでいます。)

   

・天守への坂の炎暑やマスクして

  

・喘ぎ来し天守の狭間風涼し

      

福知山城はNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀に所縁のある城です。猛暑とコロナの影響で観光客が少なく、コロナの感染を心配することなく見物出来ましたが、真昼の極暑にマスクして天守に登るのは閉口しました。

   

20200820123

Dsc_1901

20200820

Dsc_1909

 

コメント

コメントを投稿