« 俳句の鑑賞 <祭り> | メイン | 俳句の鑑賞 <「残暑」・「秋暑し」> »

2017年8月 9日 (水)

俳句の鑑賞 <極暑・酷暑・炎暑>

Cimg4028_2

   

Cimg3992_2

Cimg3996_2

Cimg4055_2

Cimg4064_2

昨日(8月6日)は原爆忌(広島)でした。下記の7句は、原爆犠牲者のご冥福と平和の祈りをささげてから炎天下の須磨海浜水族園に行き、チュヌの主人(薫風士)が詠んだ吟行句です。

水族館涼しい筈と思ひしに

スマスイ昼寝の魚スイと浮き

欠氷手に手に親子イルカショー

・満席の団扇はためくイルカショー

炎天下イルカ巧みにフラフープ

ドルフィンや客にあいさつ立ち泳ぎ

涼しさやイルカの飛ばす水しぶき

   

(青色の文字をクリックすると解説記事や俳句の詳細などがご覧になれます。)    

    

筆まか勢」から「極暑」の俳句を気の向くままに抜粋させて頂きます。

・ひそやかに栗育ちをる酷暑かな (阿部みどり女

・月青くかゝる極暑の夜の町 (高浜虚子

・極暑歩む胃に穴多き課長たち (櫂未知子

・海老寝して極暑の極を越えにけり (斎藤空華

・オリーヴ葉カレーに煮込み酷暑なる (細見綾子    

   

次に、「歳時記」から「炎暑」の俳句を抜粋します。

  

百選の棚田の匂ふ炎暑かな (朝妻力

・炎暑かな郵便局に客ひとり (戸田澄子)

・私も影も汗ふく炎暑かな (佐々木良玄)

鬼瓦炎暑無言の面構へ (荻龍雲)

ふるさと城が崩れてゐる炎暑 (岩岡中正

・正論の溶けてゆくさま炎暑かな (杉井真由美)

 

ところで、歳時記「炎暑」(2017年7月26日作成)の冒頭には

マイヨールの像と炎暑の掃除夫と (高島茂

が掲載されています。この俳句は定型(5-7-5)でなく変調です。

マイヨールの像」とは「フランスの彫刻家Aristide Maillol作った像」と「マイヨール本人の像」と、どちらでしょうか? 恐らく前者でしょうが、この俳句が詠まれた背景をご存知の方があれば教えて下さい。

次の手順でご投稿いただければ幸甚です。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。  

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人(木下聰)の任意の裁量で 適宜公開させて頂きます。予めご了承ください。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34075997

俳句の鑑賞 <極暑・酷暑・炎暑>を参照しているブログ:

コメント

「俳句の鑑賞<残暑・秋暑し>」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/08/post-f755.html
をご覧下さい。

チュヌの主人(薫風士)の俳句の英訳版は
Lovee's Hikuでご覧になれます。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/08/lovees-haiku-at-04cf.html
をご覧下さい。

「俳句の鑑賞 <」溽暑」・「蒸し暑し」>」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/07/post-6d66.html
をご覧下さい。

須磨海浜水族園の吟行句と写真のサイト
「吟行~須磨海浜水族園~」
http://junkwords.jugem.jp/?eid=528
をご覧下さい。
掲載された俳句は現代俳句の方々の吟行句のようで、
写真も沢山あり、「チュヌの便り」と違う楽しさがありますよ。

コメントを投稿