« コロナ禍や庭の初物冷酒愛で | メイン | プレバト「炎帝戦」・「ポイントカード」の俳句を考える »

2020年8月 8日 (土)

鎮魂の鐘殷殷と広島忌

  

(P.S. 2022.8.6)

今朝、被爆77年目の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が恒例の如く行われ、国連代表として参列したグテーレス事務総長の挨拶などをNHK-TVライブ放映で拝聴し、どなたの挨拶にも共感しましたが、何方も触れられなかった世界平和実現の基本問題を指摘したいと思います。

それは、「核廃絶」と同様に人々の意識が変わらない限り実現不可能な課題ですが、「既存の宗教を超越し、21世紀の科学に基づいた普遍的な宗教心を持つこと」です。

旧統一教会」・「世界平和家庭連合」と政治家の関係は卑近な例ですが、問題を矮小化せず、恒久的平和へ根本的解決をする地道な努力を世界に広げましょう

(青色文字をタップしてリンク記事をご覧下さい。)

    

梅東風や届け世界にこの思ひをご一読下さい。

      

(2020.8.8)  

Let's join in the campaign: "No more Hiroshima! No more Nagasaki!".   

8月6日は被爆から75回目の「広島忌」・「広島平和記念日」です。   

     

・コロナ禍の式典侘し原爆忌

  

No more の叫び繋ごう Hiroshima忌

      

(掲句は薫風士のタイトル俳句・即興句です。)

英語やローマ字を俳句に用いるのは一般には認められませんが、上記の俳句は平和首長会議の「No more Hiroshima!」を俳句に取り込みました。

クリックして被爆者の生の声をお聞き下さい。

869祈り繋ぐか原爆忌 815祈り繋がむ終戦日」は薫風士のブログのタイトル句ですが、クリックして是非内容をご一読下さい。皆さんの思いに通ずるものがあると思っています。

    

(写真)日本経済新聞電子版の記事の一部

Dsc_1805

20200806

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

       

コメント

「俳句《涼し》死の話」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/07/post-70ee.html

「言葉の力《俳句は癒し》」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/07/post-ea4b.html
   
をご覧下さい。 (薫風士)

8月6日は原爆忌です。
新型コロナウイルスとの戦いは続いていますが、戦争の無い「平和の祭典・五輪」をTVで観戦しながら、平和のありがたさを噛みしめ、クイズをお楽しみ頂ければ幸いです。

「TOKYO 2020 俳句クイズ: メダリストは誰か? (ひまわり編)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/07/tokyo-2020-02e9.html
を見て、メダリストを当てたり、
「東京2020喜怒哀楽俳句クイズ: 誰のことか? (百日紅・雲の峰編)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/2020-4558.html
を読んで、幾つ当るかお試しください。

(薫風士)

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。

「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html

「(秋彼岸の俳句)夏井先生の添削を添削する(特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/post-f4d8.html

をご一読下さい。

「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かりますよ。

(薫風士)

安倍総理大臣は長崎平和祈念式典の式辞でも、
「非核三原則を堅持しつつ、立場の異なる国々の橋渡しに努め、各国の対話や行動を粘り強く促すことによって、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしてまいります。」と述べています。
例のごとく巧みな美辞麗句の式辞に終わることなく、
「唯一の被爆国日本」の政府として、
是非とも「橋渡し」を実践・推進してほしいものです。
「乙女等の祈りの歌や長崎忌」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/08/post-db1c.html
をご一読下さい。
(薫風士)

コメントを投稿