《きゅうり・胡瓜》(初物の俳句)

   

1481

手作りの庭に水遣りをしていて、胡瓜が一つ知らぬ間に大きくなっているのに気付きました。
トマトは脇芽を取って育成しますが、胡瓜は脇芽(?)に花が咲きその花の元の部分が胡瓜に成長するようです。
冒頭の写真をタップ拡大してご覧下さい。
 

・初なりの胡瓜葉陰に垂れ下がり
   
・手作りの庭を愛でつつ胡瓜捥ぐ
    
・初物の胡瓜を食みて思ふこと
   
・噛みしめる平和の味や胡瓜食む
    
・胡瓜愛で思ひ馳せるやウクライナ

 

  
このブログを書き終えてTVニュースを見ると、「近畿地方が梅雨入りした」と放映していました。
庭の様子を見に出ると、風が強く「梅雨寒」の感じがしました

 
今日は六甲高山植物園を仲間と吟行する予定でしたが、天気予報通り朝から雨が降り始めたので断念しました。

晴れ男山上恐る梅雨嵐
  
・吟行を諦め今日は梅雨籠

 


青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

 
トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

コメント(2)