« 菅首相の忘年会問題の是非とコロナ拡散防止対策緊急提言 | メイン | ウイルスの根絶祈る初御空 (コロナ俳句川柳特集2021年元旦) »

2020年12月30日 (水)

プレバト 博多華丸氏の「梅雨の初運転」の俳句を考える

     
Dsc_3437

 (写真:TV4ch「プレバト」の一画面)

    

  

12月24日MBS放映の「プレバト300回記念スペッシャル 夏井先生の劇的添削アワード」における博多華丸さんの俳句についてふと考えました。

夏井先生の添削句の「初めての」が文法的に何を修飾しているのか、腑に落ちなかったからです。

文法を無視して感覚的に俳句を捉える俳人が多いようですが、夏井先生は国語の先生だったそうですから、「エンタメ俳句」と言えども、文法も大切にしてほしいものです。

     

(華丸さんの原句)

・初運転梅雨の花道晴れ舞台

  

(夏井先生の添削句)

・初めてのハンドル握る梅雨の朝

   

「初めての」は何を修飾しているのでしょうか?

「ハンドル」ですか? 「梅雨」ですか? 「朝」ですか?

「握る」は動詞ですから、「初めて」と副詞にしなければ修飾出来ません。

「梅雨の朝初めて握るハンドルよ」とすれば文法的にはOKですが、何のハンドルか不明瞭です。

夏井先生の添削後の俳句は、初めて車の運転をする作者のワクワク感を表現していないので、読者は作者のワクワク感よりも不安感を想像するのではないでしょうか?

 

俳句は好き好きですが、次のように添削しては如何でしょうか?

  

梅雨に入る初運転や胸躍る

  

・初運転梅雨の道とて晴れ舞台

  

マイカーの運転デビュー梅雨の雨

      

エンタメ番組の俳句添削でも文法を大切にしてほしいものです。

大幅に添削して番組を面白くしているのでしょうが、国語の先生だったのだから、文法も大切にして、作者の思いを生かすように添削してほしいものです

 

プレバト視聴者に薫風士の添削も参考になると幸いですが、

貴方ならどの様に添削しますか?

 

プレバト視聴者や華丸さんなどのコメントが頂ければ望外の喜びです。

 

  

コメント

ドキさん

ご指摘の通りですが、この記事を最後まで読んでくれましたか?
夏井先生の添削に納得されましたか?

(薫風士)

はじめまして。
この句で、「はじめての」が修飾しているのは「ハンドル」ですね。

菅首相は、「GoToトラベル」の年末年始の全国的一時的停止に関連して、「私も素人。専門家の提言に基づいて決めている」と説明したとのことですが、
「学術会議」のメンバー選定については、素人でなく、科学的ないし専門的知識・能力があるということでしょうか?

「まやかしの仕方」は安倍政権から引き継がないで、「透明性」と「言葉の重み」を尊重して、「国民の鏡」に相応しい首相を目指して、政治に対する国民の信頼を回復して下さい。

コメントを投稿