« 吟行は楽しい! 俳句アルバム(若狭・小浜の旅) | メイン | Lovee's HAIKU »

2016年7月23日 (土)

「梅雨」の俳句に思うこと


     

気象庁によると関東地方はまだ梅雨明けしないが、718日に九州から東海地方が一斉に梅雨明けし、NHK-NEWS-WEBによると722日に北陸地方も梅雨明けした。

インターネット歳時記を見ると、季語が「梅雨」の俳句は3000句ほどあり、「走り梅雨」は300句余り、「梅雨に入る梅雨入」は400句余り、「梅雨明」は約400句、「梅雨晴間」は500句余りある。

 (青色の文字をクリックすると俳句の詳細や解説がご覧になれます)

  

増殖する俳句歳時記の「梅雨」には面白い俳句や句評がある。

・学成らずもんじゃ焼いてる梅雨の路地(小沢信男

走り梅雨ホテルの朝餉玉子焼(馬渕結子

「・・・もしかすると、句の玉子焼は目玉焼なのかもしれないと思った。だとすれば、気休めにはそのほうがより効果的なような気がする。「目玉焼きは太陽である」というタイトルのエッセイが、草森紳一にあったのを思い出した。」

これは掲句「走り梅雨」に対する清水哲男氏の句評の末尾(抜粋)である。

この俳句を作者が詠んだ背景は分からないが、「梅雨模様の天気に、ホテルの朝食も相変わらず平凡な卵焼きで冴えない。」という気持ちを詠んだのかも知れない。

   

ところで、さいたま市大宮区の三橋公民館が発行する公民館だよりの関係者が「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という俳句の掲載を拒否した問題について俳句の片言性と二面性」(俳句談義14触れた。

問題の掲句は、平和憲法を維持したいという思いで梅雨空にも拘わらずデモをしている人々を見た作者が感動して作ったとのことだが、この句は「梅雨はうっとうしいが、デモも気に入らない」と不愉快な思いを詠んだ俳句であると解釈出来ないこともない。その場合、伝統俳句の作者なら切字「や」を使って、「梅雨空や『九条守れ』の女性デモ」と詠むのだろうか?

日本の伝統的な侘び・寂の文化を好む俳人は俳句に政治や時事問題を持ち込むことを良しとしない。しかし、子供や孫のことを思うと、俳句の世界だけに浸る隠遁余生に甘んずる気にならない。

芭蕉の言葉に「不易流行」があり、高浜虚子の言葉に「古壷新酒」がある。

駄句・月並みと言われても、現代の世相・政治問題・国際問題も取り上げて、伝統俳句を尊重しつつ自分なりの俳句を作り続けたいと思っている。

・梅雨空や明日は豪雨か真夏日

黒南風南西諸島波高し

・梅雨晴間ミサイル落ちし日本海

・梅雨暑しテロ騒動の次々と

   

与党・政府は外国の「ポチ」となることなく平和外交を促進し、平和憲法を堅持して国民を守る努力をしてほしい。それにしても、中国や北朝鮮、ISなどの指導者には、平和を願う日本が軍事力増強に走らざるを得なくなるような挑発的行為を直ちに止めてほしいものである。

11月の米国大統領選挙は民主党ヒラリー・クリントンと共和党ドナルド・トランプの対決になる。もしも後者が勝利すると戦後70間の日本国民の努力が吹き飛んでしまうことになるかも知れない。米国市民が良識を発揮することを祈るばかりである。

     

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33890767

「梅雨」の俳句に思うことを参照しているブログ:

コメント

日本の政治家のみならず、アメリカのトランプ大統領はじめ世界の政治指導者にも、日本国憲法の前文を冒頭から下記の最後まで、是非読み返してほしいものです。特に、最後の「日本国民は」を「わが国民は」と読み替えて、自国の政治姿勢を反省してほしいと思っています。

「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
 
この薫風士(L.P. Lovee)の思いを皆さんでシャエアして発信して頂ければ有難いです。

世界平和への思いを込めて「令和」の俳句をブログにしました。
「新元号祝ひ『花見』の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。

「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」
国際俳句交流協会ホームページ掲載記事です。
高浜虚子の俳句の面白さが注記や英訳でよくわかります。
下記のURLアドレスをクリックして是非ご覧下さい。
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/

コメントを投稿