« 俳句を楽しもう! 「春の雪」・「春雪」 | メイン | 「早春」・「春浅し」 »

2019年3月31日 (日)

「春の水」・「春水」の俳句

    

Img_3025

Img_2718_2

 Img_2701

写真は兵庫県立有馬富士公園福島大池です。あちこちに鴨が泳ぎ、亀が十数匹も杭の上などで甲羅を干していました。

   

・有馬富士映し豊や春の水   (薫風士)

   

      

歳時記(俳誌のサロン)から「春の水」の俳句を抜粋・掲載させて頂きます。

詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。

  

春の水1

平野郷環濠巡る春の水 (井上輝男)

 

春の水2

比叡より奔り下りて春の水 (上野昌子)

  

春の水3

堰越ゆる小枝逆巻く春の水 (山田六甲)

 

春水

春水を蹴つて翔ぶもの泳ぐもの (稲畑廣太郎)

  

「575筆まか勢」の「春の水」には、「せせらぎのさかのぼるかに春の水(西山泊雲)」など、無数の例句があります。ここをクリックしてご覧下さい。

   

「春の水」の俳句といえば、高浜虚子の「一つ根に離れ浮く葉や春の水」が浮かびます。この句を「自然の摂理を詠んだ比喩」と解釈して「俳句の創作的解釈というブログを2年前に書きましたが、「俳諧」から生まれた「俳句」と「川柳」にも当てはまります。

  

さらに、高浜虚子の曾孫に当たる稲畑廣太郎(「ホトトギス」の主宰)と坊城俊樹(「花鳥」の主宰)の両氏の句風にも当てはまるように思います。両氏のブログ「主宰奔走や「花鳥・近詠をご覧下さい。 

  

(青色の文字をクリックすると関連のリンク記事をご覧になれます。)

   

コメント

コメントを投稿