俳句 《夏越・茅の輪》

    

1615

22630

1506

(写真)

鎌倉八幡宮の大茅の輪、

三輪神社の「水無月大祓式」、

「カラー図説 日本大歳時記」(「夏越」の解説ページ)

写真をタップ・拡大すると解説と例句をご覧になれます。 

   

 夏越」は「なごし」と読み、「水無月」は「みなづき」と読みます。

俳句が「夏越」や「茅の輪くぐり」に劣らず「癒し」になる人々もいます

   

「水無月大祓式」が地元の三輪神社で行われ、句作の参考にお参りして御祓を受けました。

   

・句材とて夏越の祈り真摯にす

・夏越にも世界平和を祈りけり

   

拙句を前座として、「歳時記」(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」の例句を抜粋・掲載させて頂きます。

例句の詳細は青色文字(季語)をクリック(タップ)して、ご覧下さい。

  

(歳時記)夏越

   

・悔いることやめて生きなむ夏越の日 

          (山田孝枝)

   

・夏越御飯ウイルス終息祈りけり 

          (深川敏子)

    

・看取りゐて夏越神楽の胸にしむ 

          (鳥居公子)  

   

(575筆まか勢)夏越

   

・ちやぽちやぽと腹で酒鳴る川祓

          (茨木和生

   

・よき齢を召されし禰宜や夏祓

         (深見けん二

   

・出水の賀茂に橋なし夏祓

           (蕪村 )

  

・御祓して浅き流れや石光る

         (河東碧梧桐

 

・月入れて全き円の大茅の輪

          (有馬朗人

     

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

   

コメント(3)