猫の日の俳句鑑賞《猫・恋猫・恋の猫》

   

Click here to see “HAIKU of Basho” in English.

   

20222

「猫」といえば、童謡の「猫ふんじゃった」や夏目漱石の「吾輩は猫である」を思い出します。

 

「恋猫」や「猫の恋」は「春の季語」ですが、「猫」は季語になりません。

春の季語」(朧月)とか、「冬の季語」(「炬燵」や「布団」etc.)とか、季語との取合せが必要です。

       

 ・猫の妻竃の崩れより通ひけり

猫の恋 やむとき閨の 朧月

         松尾芭蕉

      

芭蕉の掲句の「竈」は季語ではありませんが、「猫の妻」と合わせると、「富安風生」が最初に使ったと言われる「竈猫」(冬の季語)に通ずるものがあります。

故郷を偲びつつ幼年の思い出の猫を詠みましたが、住宅事情が著しく変化した現在、拙句に共感するのは昭和生まれの老人ばかりでしょうか。

    

尾曲りの毛を焦がし来し竈猫

猫潜り炬燵布団のざらつきぬ

・恋猫や口のをひけらかし   

                

(青色文字をタップすると例句やリンク記事をご覧になれます。) 

今日、2022年2月22日は何の日でしょうか? 「スーパー猫の日」です。

スーパーなどのタイムセールの宣伝ではありませんが、俳句の国際化・世界遺産登録への草の根運動の一助になればとの思いで、川柳擬きのダジャレ俳句を詠みました。

    

・恋猫の高き一声午後の2時

・恋猫やニャンニャン八つ22時

・22時スーパータイム猫の恋

・恋猫と聞き紛ひたる稚児の声

              

気の向くままに「歳時記」(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」から抜粋・掲載させて頂きます。青色文字をクリックして、例句の詳細や関連のリンク記事をご覧下さい。

  

恋猫も鈴を鳴らして神頼み

           (庄司久美子)

   

・引越しのに先客猫の恋

          (濱上こういち)

   

炬燵布団めくりて老いし猫誘ふ

           (青木朋子)

 

猫はもっぱら癒しのペットとして今や若者にも大人気です

  

恋猫の戻りて家族夕餉かな 

          (稲畑廣太郎)

  

テレビでも「猫」の番組が特集されていますが、NHK番組はここをクリック(タップ)して、ご覧下さい

   

2月22日は、愛猫家のみならず、俳句愛好家にとっても記念すべき日です。

『2.22』 と 『2.26』 は何の日か? <虚子と碧梧桐>をご覧下さい。

ブログ用の拙句コロナ禍の慰み憂さ晴らしに些かでもお役に立てば幸いです。

    

トップの欄・「俳句HAIKU」、または、ここをタップすると、最新の全ての記事をご覧になれます

     

コメント(1)