TOKYO 2020 俳句・川柳クイズ:メダリストは誰か? (ひまわり編)

    

(P.S 2022.8.31)

ひまわり」は最近ウクライナの国花とみなされています

  

(2021.7.31)

日本の金メダル獲得数は、柔道の9個を含め、史上最多の27個です。

「ひまわり編」の掲句は柔道を詠んだものが大半ですが、クイズ感覚で読み、メダリストなどを当てて下さい。青色文字をクリック(タップ)して、リンク記事で正解をご覧になれると思いますが、後日サイトの記事が更新・変更・削除されている場合もあります。

新型コロナウイルスの7月31日の新規感染者数は東京都は4千人を超え、全国では 12,341人となりましたが、その後もデルタ株の感染拡大が続き、8月8日の五輪閉会式も無観客で実施されました。

現役世代のワクチン接種を促進しないと、オリパラも楽しめない新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大・医療崩壊になる恐れがあります。コロナ禍自粛の俳句が退屈しのぎ・気分転換・慰みになれば幸いです。  

    

・向日葵の花束TOKYO五輪かな 

兄妹や手に向日葵と金メダル

・向日葵や大和撫子ソフト金

向日葵と悔し涙のメダル手に

向日葵と金メダル手に笑む二冠

向日葵や死闘を制し金メダル

向日葵や寝技の冴えて金メダル

ワタガシの手に向日葵と銅メダル

向日葵や攻めの釣り手の金メダル

・向日葵やエペ四剣士金メダル

向日葵やエースの出番なきメダル

    

掲句のリズムを整えるために、「兄妹」は「けいまい」・「きょうだい」と読み、「四剣士」は「よんけんし」と読んで下さい。

ここの青色文字をクリックして、高浜虚子の俳句15句芭蕉の俳句10句の「季語」を当てるクイズをお楽しみ下さい

 

コメント(5)