「合歓の花」(俳句と写真) 

         

(2022.7.6)

2276_5

   

・合歓の花映ゆる慈雨後のにわたずみ

     

早朝に散歩していると、水溜りに合歓の花が映っていました。

この水溜には、水黽(あめんぼ)が居たこともあります

   

(2019.7.22)

Img_4597

Img_4606

Img_4603

「まんぽ」をしていて、老鶯が鳴く木を見上げて、合歓の花が咲いているのに気付きました。

   

  

「ネムノキ」は夜になると葉が合わさって閉じることから「夫婦円満」の象徴とされています。

この時季になると昼寝をしたくなる日がよくあります。

   

老鶯の音に仰ぎ見し合歓の花

  

・大木にひそと咲きたる合歓の花

  

合歓の花散りし石段薄模様

  

・振り返り園見下ろせば合歓の花

  

投票へ散歩の道や合歓の花

  

Dsc_5169

2276_2

  

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

   

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。

記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

  

コメント(6)