俳句の鑑賞「初笑い」・「笑初」

   

Img_2125写真は日本伝統俳句協会俳句カレンダー1月)です。

51句掲載されていますが「初笑い」の俳句はありません。

  

「歳時記」(俳誌のサロン)や「筆まか勢」より「初笑い」の俳句を気の向くままに抜粋させて頂きます。

(詳細は青色文字をクリックしてご覧下さい。)

 

歳時記

・初笑され初泣となりしこと (稲畑汀子

・句の主が判りてどつと初笑ひ (山田六甲)

・毒舌に返す毒舌初笑 (湯川雅)

・歯の生えぬ口開け無垢の初笑ひ (三浦澄江)

   

575筆まか勢

・みどり児の声とはならず笑初 (稲畑汀子)

・ちちははの顔を覚えて初笑ひ (松永西瓜)

・笑初わけもわからず皆笑ふ (井上兎径子)

・百日の孫が主役の初笑ひ (竹吉章太)

  

最後に拙句を掲載させて頂きます。  

平成の最後を惜しみ初笑ひ

本音をも冗談にして初笑ひ

帰れぬとメールの絵文字初笑ひ

・トランプに勝たされ幼初笑ひ

ババ抜きに笑ひこけたる初笑

・笑ひ初め幼べろ出し七並べえ

俳人もシルバー川柳初笑い

・初笑い笑う門には福来る

  

ところで、上記の「平成」の俳句は言わば「記録俳句」です。

本音」の俳句は、「冗談にして」を「冗談として」と助詞を変えると、俳句の良し悪しはともかくとして、句意(主・客)が異なります。

俳句における助詞の重要性の一例です。

「笑ひ初め」の句は幼孫がトランプの七並べをしたいと言って気を引くためか、「あかんべー」のように舌を出して言ったのが可笑しくて詠んだものです。

「初遊び幼べろ出し七並べえ」としたいのですが、季語に「初遊び」は無いようです。

「初笑」や「初仕事」が季語なら、「初遊び」も季語として認められても良いと思っていますが・・・。

貴方は「そだね」と思いませんか?

最後の句「初笑い笑う門には福来るは標語的俳句です。

上記の「初笑い」の俳句川柳ようになりましたが、笑いを呼ぶには俳句は川柳に敵いません

コメント(4)