俳句の鑑賞 「柿」

  

Click here to enjoy J-E Bilingual HAIKU in English.

See "Enjoy bilingual haiku of Kyoshi Takahama" in HIA HP.

         

「柿」の俳句といえば正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」が有名です。ウイキペディアによると正岡子規は「柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな」という俳句も作っています。正岡子規は柿が大好きだったようです。

   

熟柿落つ愛犬目指し駆け出しぬ

・愛犬の深めし絆柿たわわ

    

チュヌの主人がありのままに詠んだ俳句です。

  

俳誌のサロンの歳時記から柿の俳句を気の向くままに抜粋させて頂きます。

 

(青色文字「柿」をクリックすると歳時記の詳細がご覧になれます。)

   

1)

よくひびく子猫の鈴や柿日和 (内田雅子)

  

2)

三千の俳句を閲(けみ)し柿二つ  (正岡子規

 

3)

よろよろと棹がのぼりて柿挟む 高浜虚子

  

4)

大和路や軒場に吊す柿すだれ (井上輝男)

 

5)

故郷へ向かふ車窓や柿の秋 (篠藤江)

   

6)

境内を駆け回る子等柿日和 (谷野由紀子)

   

7)

柿を捥ぐ吾を烏の見てをりぬ (塩田博久)

 

8)

柿日和ゴルフに和む古稀と喜寿 (河本利一)

 

9)

里ふりて柿の木もたぬ家もなし (松尾芭蕉

         

10

斑鳩の三塔見えて柿日和 (山村修)

 

11

柿たわわ獲る人もなき山の里 (西田史郎)

 

12

白壁に柿の実映ゆる二月堂 (吉田宏之)

 

13

落日に染まる一村柿の秋 (宮平静子)

  

 

コメント(5)