楽しい吟行の俳句アルバム(岡山城と後楽園ほか)

                   

Cimg0423

2012年10月に俳句仲間と岡山(宇野港イギリス庭園岡山城後楽園)に渋川一泊の吟行旅行をしたことがある。その時には見落としたり知らなかったことなどが昨年(2015年)9月に大学クラス会岡山城後楽園を見学し、岡山出身のクラスメイト秋田氏の名案内で良く分かり、後楽園岡山城などに対する認識を新たにした。

6月10日は「時の記念日」でNHKもどこかの時計草を紹介していたが、ここをクリックすると時計草などの素晴らしい写真が沢山あるブログ「自然風の自然風だより」(Excite.ブログ)がご覧になれます   

青色文字をクリックすると関連の解説記事などがご覧になれます。 

先日、大阪市立大学付属植物園吟行時計草を見た時にふと岡山でのクラス会のことや俳句仲間との岡山吟行のことを思い出した。特徴のある花なので俳句仲間と吟行旅行をした時に初めて見た時計草のことを思いだしたのである。

そこで、俳句仲間が作ってくれていた吟行俳句アルバム玉野市岡山市後楽園)を取り出して写真にしてブログ「チュヌの便り」に載せることにした。このブログも俳句に興味を持っている人々との新たな交流のきっかけになれば望外の喜びである。      

アルバム(写真)はクリックすると拡大され、仲間の俳句など詳細がご覧になれます。

ちなみに、チュヌの主人(俳号:さとし)の次の俳句が仲間の句会で最高点を獲得しました。夕食後、月見に出かけたが、中学生が海蛍をとって賑やかにしていたので我々も海蛍を捕まえようと夢中になったことを詠んだ句です。

・海蛍月見心を奪ひけり

   

Cimg1350

Cimg1351

Cimg1352

Cimg1354

Cimg1355

Cimg1356

Cimg1357








   

    

Cimg1367

Cimg1368

Cimg1375

Cimg1376

コメント(11)