俳句談義(14): 俳句の片言性と二面性(改訂版)

     

先日、「ゴルフコンペに参加しないか」と川柳仲間に問い合わせたところ、返信メールに次のような文言があった。

      

「ところで東京新聞で『平和の俳句』募集中。

投句したところ記者が選ぶ特集記事の中に選句された。下記  

    『焼け跡に金魚一匹生き残る』

今まで6-7千句の投句があったようです。金子兜太が選をして毎日1句記載される。記載されなかった句の中から、何人かの記者が数十句を選び編集して毎月1回特集している。」

     

「たいしたものではありません。ご放念ください。」とあったが、このブログで取り上げさせて頂くことにした。

   

<青色文字をクリックして解説記事・詳細をご覧下さい。

      

「焼け跡」まで読んだ一瞬、阪神淡路大震災のことかと思った。だが、「金魚夏の季語である。この句は、1945年7月4日未明に高知市が被災した大空襲のことを詠んだ句らしい。

友人の家は全焼し、屋外の水槽に金魚が一匹生きていた。そのことを思いだして詠んだとのことである。

高知の大空襲では120機のB-29が高知市上空に飛来し、死者401人、罹災家屋約12,000戸だった。大空襲といえば、1945年3月10日の東京大空襲であるが、罹災者が100万人を超え、死者は10万人を超えている。

坊城俊樹の空飛ぶ俳句教室」を見ると、三橋敏雄は昭和20年に「いっせいに柱の燃ゆる都かな」という句を作り、昭和57年に「戦争と畳の上の団扇かな」という句を作っている。

前の句では、三橋敏雄は大空襲の悲惨さを感じないかのように淡々と詠んでいる。だが、非情・冷淡なのではなく、大空襲の悲惨さは周知のことであり、「悲惨さ」の感情でなく「悲惨な事実」のみを詠むことを良しとしたのだろう。

後の句では、「戦争」と「畳の上の団扇」を並べ詠むことによって、「戦争のない幸せ」を表現したものと思う。

「団扇」は「日常的な平穏さ」を連想させる。「畳の上」は「畳の上で死ぬ」という言葉通りの「平穏な死」と「戦争による無惨な死」の対比を連想させる。

前の句は、無季俳句である。大空襲は自然現象・季節と無関係な人災であるから無季俳句にするのも当然だろう。

現代の俳人101」(金子兜太編)によると、三橋敏雄は「あやまちはくりかえします秋の暮」という句も作っている。文字通りの句意は明瞭だが、作者は何を言おうとしたのだろうか?

「歴史は繰り返す」とか「得てして同じような過ちを繰り返す」という人間の業をブラックユーモアにした警句だろうか?

戦争は一片の俳句や川柳でブラックユーモアにするにはあまりにも重いが、考える契機にしたいと思う。     

        

「戦後70年『平和の俳句』」というインターネット・サイトのトップに「蒸され濠(ごう)水一口に息絶えし」という俳句と句評が掲載されていた。

   

また、「埼玉新聞」のサイトに、「九条守れの俳句掲載拒否 俳人・金子兜太さん『文化的に貧しい』」という見出で、次のような記事があった(抜粋)。詳細はここをクリックしてご覧下さい。)

さいたま市大宮区の三橋公民館が発行する公民館だよりに、俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の掲載を拒否した問題について、熊谷市在住の現代俳句を代表する俳人金子兜太さん(94)に聞いた。金子さんは「この社会に生きている人間を詠んだ当たり前の俳句を、お役人が拡大解釈した実に野暮(やぼ)で文化的に貧しい話」と語った。句は公民館だよりに掲載するため、公民館で活動しているサークルが選んだ。市側は「世論を二分されているテーマが詠まれている」などとして、掲載を拒否した。

   

この句は兜太さんが言うように「作者はデモには好意を持ったが、熱く共感したわけではない」のかもしれない。

「梅雨もうっとうしいが、デモも不愉快だ」と解釈出来ないこともない。

公民館だより」が上記の句を掲載しなかった背景・経緯の詳細は知らない。だが、「この句一句のみを掲載することの要請」が拒否されたということなら公民館関係者の配慮も理解できる。しかし、「複数の俳句を載せる場合にこの句の掲載のみ」が拒否されたのなら問題にすべきことかもしれない。

いずれにせよ、俳句は片言の域を出ず、読者の好き好きの解釈が出来るので、一句だけ載せることは読者の誤解を招くことにもなりかねないから一定の配慮が必要である。

だから、一般に新聞などで俳句の欄を設ける場合には選者を複数にするとか、交代にするとかの配慮をしている。

   

ちなみに、問題の対象になった句は「平和の俳句」として選者が毎日一句だけ選んでいる一つのようである。

この特集に関連して、東京新聞」のWEBサイトに「戦前の空気に抗って」というタイトルの金子兜太・いとうせいこう両氏の対談記事があった。     

    

俳句本来の話題に戻る。河東碧梧桐が亡くなったとき高浜虚子が詠んだ弔句「たとふれば独楽のはぢける如くなり」は有名な句であるが、片言といえないこともなく、虚子と碧梧桐の関係を知らなければ、文字通りの意味は分かるが、その背景にある句意は全く分からない。

竹馬の友とか「刎頸の友とかいう言葉があるが、虚子や碧梧桐のことを知って初めて「名句だな」と納得できる。

坊城俊樹さんの「高浜虚子の100句を読むを読むと、この句の背景などもよくわかる。    

     

赤い椿白い椿と落ちにけりという河東碧梧桐の有名な句がある。椿が好きだった虚子の命日は「椿寿忌」といわれ、この句は「門人達が虚子から去っていくことを比喩的に詠んだものでないか?」と、ふと思ったが、それは穿ち過ぎで全く関係がないことがわかった。

     

    

この句について、清水哲男氏は増殖する歳時記」において、次のように述べている(抜粋)。

「碧梧桐初期の代表作。教科書にも出てくる。が、厄介な句だ。碧梧桐の師匠だった正岡子規は、この句の椿を既に根元に落ちている状態だと見た。しかし、そうではなくて、映画のスローモーションのように、二つの椿が落ちつつある過程を詠んだと見る専門家も多い。

・・・(省略)・・・

あるいは、時代への川柳的な諷刺句かもしれぬ。後に自由律に転じた碧梧桐のことだから、そういうことも十分に考えられる。(以下省略)」

     

      

夜半亭のブログに碧梧桐の句「愕然として昼寝覚めたる一人かな」と虚子の句「昼寝する我と逆さに蝿叩」とを対比して、次のように面白いことを言っている(抜粋)。

      

「掲出の虚子の句、『昼寝する我と逆さに蝿叩』と何とも人を食ったような句であるが、この『蠅叩』を、碧梧桐に置き換えて見ると面白い。『昼寝をしようと決め込んだら、蠅叩きが逆さ向きで気にかかる。それは丁度反対の方に行こうとする碧梧桐のようで、昼寝どころでなくなった。俳句は少々休んで小説の方と思ったが、碧梧桐流の俳句のやり方には我慢できないので、その向きを変えようと、その蠅叩の向きを変えて、碧梧桐一派の蠅共も叩きつぶしてやる』というように詠めなくもない。

むろん、この句はそんなことは意図はしていないが、こと俳句に関しては、「新傾向俳句の革新派」碧梧桐に対して「伝統俳句守旧派」虚子という図式化にすると、何とも面白い詠みもあるのではないかということである。」

   

上記の俳句からでも分かるように、高浜虚子と河東碧梧桐と両俳人の人柄と句風の違いが面白い。     

     

「虚子は自分が日本文学報国会俳句部会長として戦争を賛美することなく花鳥諷詠の文学を堅持し、時代の流れに掉さすことも流されることもなく、文芸家・俳人としての良心貫いたのだと思う。」と俳句談義(5)」に書いたが、虚子は俳句の片言性を認識していたからこそ戦争俳句を良しとしなかったに違いない。俳句談義(4)で述べたように、俳句には滑稽句ともシリアスな句とも解釈できる二面性のあるものが多い。

俳句は句材について考えるきっかけを作ることは出来ても、何か思想的な内容を表現するには片言過ぎる。イデオロギーや政治的な主張など内容の深いものは散文で明確に表現するのが望ましい。

       

次回は「昭和の日」(4月29日)に因んだ俳句談義を書きたい。  

          

コメント(9)