俳句《凍蝶(いてちょう)》(コロナ禍の熱い思い)

    

0528_2

俳句では「凍て蝶」を「凍蝶」と書くのが普通です。

歳時記(俳誌のサロン)」や「575筆まか勢」の「凍蝶」の例句は、それぞれ青色文字をタップしてご鑑賞下さい。

   

下記に「凍蝶」の拙句を掲載しますが、ここをタップ(クリック)して「冬の蝶」の例句や拙句もご覧下さい  

  

・凍蝶や順縁が良しコロナ禍も

・凍蝶や己が最後は陽に眠り

    

   

下記のタイトル(青色文字)をタップして、コロナ禍の薫風士の熱い思いをご一読下さい。   

   

俳句鑑賞: 風花(コロナ禍の思い)

  

雨上がり昼餉の窓辺黄蝶来

  

年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)

 

大晦日・大年の俳句(岸田内閣に望むこと)

  

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

   

コメント(2)