俳句の鑑賞 <春の雨・春雨>

             

P.S. 2022.3.12

ウクライナ紛争について、「已むに已まれぬ思い」を俳句に詠み、紛争解決案を提言しました。

青色文字をクリック(タップ)して、血に染むなドニエプルてふ春の川」や春一番この発言はおぞましき」に書いた思いをシェアして頂ければ望外の喜びです。

    

  

・春雨の衣桁に重し恋衣

「恋衣」とは、「恋を、常に身を離れない衣に見立てた語。恋という着物」です。(出典:広辞苑)

  

この俳句は「高浜虚子の100句を読む」(坊城俊樹著)の第1回に掲載された俳句です。

坊城俊樹氏は著書で次のように記述しています(抜粋)。

「・・・二十七歳のころのこの俳句は、謡曲の「恋重荷」(こいのおもに)をふまえて作られたとされる。この句は「めさまし草」という文芸雑誌に発表されたものなので、いわば能や戯曲を踏み台にした芸能俳句といえる。・・・(省略)・・・謡曲『恋重荷』は、世阿弥プロデュースによる恋に悶死する老人の亡霊の話である。そこにあらわれる恋の重荷とはかならずしも恋衣に限定されるものではないが、虚子はそれをつややかな春雨に濡れた恋の衣とした。そこが俳諧である。・・・」

  

上記の著書に掲出された俳句を英訳してブログ「チュヌの便り」に掲載しましたが、その記事を推敲・編集して「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」という記事を書いて国際俳句交流協会ホームページの「俳句・ハイクのご紹介」に掲載して頂いています。高浜虚子の俳句や俳句の英訳に興味がある方はここをクリックして是非ご覧下さい

   

「歳時記」(俳誌のsalon)から「春の雨」や「春雨」の俳句を気の向くままに下記のとおり抜粋掲載させて頂きます。 

 

春の雨1

・不精さやかき起されし春の雨

         松尾芭蕉

  

・浅草や雪になりたる春の雨  

            (平田倫子)  

  

春の雨2

粟島へはだし参りや春の雨  

            (与謝蕪村

  

・春の雨心安らぐ時があり  

            (南原正子) 

  

春の雨3

・膳先に雀なく也春の雨    

            (小林一茶

  

・春の雨知らせてくれし猫を拭く 

            (芝尚子) 

  

春の雨4

・ランナーの背を染めてゆく春の雨 

           (小林あけみ)

  

・点滴にショパンながるる春の雨 

            (野澤あき)

   

春雨1

・春雨に濡れて笑顔の石地蔵  

            (中山静枝)

  

・春雨ににじむ稜線東山   

            (伊庭玲子) 

  

春雨2

・春雨や病院前は仏壇屋   

            (大坪景章)

  

・春雨や傘傾げ合ふ先斗町  

            (大森道生)

      

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

 

コメント(9)