俳句の鑑賞 《年忘れ・忘年会》

              

年忘(としわすれ)は「忘年会」を意味する言葉です。

「カラー図説日本大歳時記」によると、「年忘れ」は室町時代から使われているようです

日本大歳時記には芭蕉の俳句「人に家を買はせて我は年忘れ」が冒頭にあり、一茶の俳句「独り身や上野歩行(あるい)とし忘れ」など多数の例句が記載されています。

一茶の俳句で「とし」と「ひらがな」を用いたのは、「年」と「歳」の二つのニュアンスを出すためでしょうか。

芭蕉の俳句やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」の「けしき」と同じような表現手法でしょう。蝉の俳句を鑑賞しよう」参照。)

   

「年忘れ」の俳句に富安風生の面白い俳句があります。

   

・老いはいや死ぬこともいや年忘れ

   

この俳句は風生70歳の時に作った句です。

「年忘れ」には「自分が何歳か歳を忘れたい」というニュアンスも含ませた俳句でしょう。

   

風生は1979年(昭和54年)222日に93歳で亡くなっていますが、222日は高浜虚子の生誕の日です。

風生は虚子に師事しており、虚子は次の俳句を作っています。

   

・風生と死の話して涼しさよ

    

運命の赤い糸」で結ばれているという言葉がありますが、虚子と風生の間に何か不思議な縁を感じます。

   

575筆まか勢」を見ると、「年忘れ」「忘年会」の俳句が無数にあります。

目についた例句をランダムに下記します。

    

・せつかれて年忘れする機嫌かな

           (松尾芭蕉)

年忘橙剥いて酒酌まん

           (正岡子規)

年忘れ老は淋しく笑まひをり 

           (高浜虚子)

年忘れ最も老を忘れけり 

           (富安風生)

・どろどろに酔うてしまひぬ年忘

           (日野草城

・とんとんと上る階段年忘れ

           (星野立子

・にぎやかに河豚食うて年忘れけり

         森澄雄

・客あれば客あるで又年忘れ

           (高濱年尾

・深大寺蕎麦にあづかる年忘

          (上田五千石

・義埋もまた楽しみもまた年忘

           (稲畑汀子

・厨にも味見の客や年忘

           (坊城中子 

   

俳句鑑賞・その八 高浜虚子」には「年忘れ老は淋しく笑まひけり」とあります。

「笑まふ」は「にこにこ笑う」という意味です。

「をり」は現在微笑んでいる状態を詠んだものであり、「けり」は過去のことを思いだして詠んだことになります。

文学者掃苔録」というサイトには風生の次の俳句などが掲載されています。

(そう)(たい)」とは広辞苑によると、「墓参り、特に盂蘭盆の墓参」のことで秋の季語です。

・死を怖れざりしはむかし老の春

・わが老をわがいとほしむ菊の前

・老木の芽をいそげるをあはれみぬ

    

忘年会や新年会などの話題になると、句友の栄治さんが作った俳句「先輩はいつも先輩花見酒」を思いだしますが、拙句を下記に掲載します。

   

・席順に気苦労したる忘年会

・相棒は愛犬チュヌよ年忘れ

セクハラパワハラ憂ひ年忘れ

・句に興じブログに興じ煤籠り

  

ところで、「適量に注文し、乾杯後30分間とお開き前10分間は料理を楽しみ、食べ残しを減らす」という趣旨の「3010運動」が5年前に長野県松本市で始まり、全国各地に広まっているようです。

     

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

 

コメント(13)